TOP > リフォームお役立ち情報 > エココロ通信 > 人にやさしい住宅情報誌「エココロ通信」 2021年5月号

最終更新日:2021/04/30(2021/04/30公開)

人にやさしい住宅情報誌「エココロ通信」 2021年5月号

人にやさしい住宅情報誌 エココロ通信

リフォームと暮らしに役立つ情報をお届けするエココロ通信。
今月は、墨田区の戸建リフォーム事例と、お酢の効能についてご紹介します。
人気のスタッフコラムは「天然の防虫剤、植物の水やりチェッカー、献血しました、鳥獣戯画展、野毛山動物園」の5本です。

スタッフコラム

ちょっとだけ地球のために 衣替えの季節

塩谷 理枝

そろそろ衣替えの季節ですね。私は化学物質を避けたいと思い、毎年、どうしようと悩んだ末、防虫剤を入れずに冬服をしまっていました。しかし、それも今年でおしまいです!なぜなら主人のスーツが虫に食われてしまったからです!!小さな穴が2つ!ショックでした!

気を取り直して、化学的でない自然な防虫剤を探してみることにしました。まず発見したのが「防虫ブロック」なるものです。クスノキから採れる天然の防虫成分「樟脳(カンフル)」を利用した、人にも環境にも優しい天然の防虫剤です。昔の防虫剤は樟脳の独特の臭いが強く、私は苦手でしたが、この防虫ブロックは自然な心地よい香りで、衣類を守ってくれるそうです。効き目が弱くなったら、クスノキの精油を染み込ませると、繰り返し使えるのだとか。我が家のクローゼットにも、ぜひ試してみようと思っていましたが、難点は少しお高いということ...。

そんな矢先、ドラッグストアの店先で良さそうなものを発見!アース製薬さんの100%天然の防虫剤「natuvo(ナチューヴォ)」です。綺麗な草花のパッケージで、見るからに自然で優しい感じがします。ハーブにも防虫効果があり、古くから防虫剤として用いられてきました。しかし、ハーブのような天然成分は、人や自然に優しいけれど、防虫効果がそれほど強くないという問題がありました。そこでアース製薬さんは研究に研究を重ね、しっかりとした防虫効果が得られる、天然成分の最適な組み合わせを見つけ出したそうです。

実際に購入して使ってみると、ハーブの良い香りがけっこう強く感じられます。2,3日経つと香りも和らぎ、今はクローゼットを開けた瞬間にほんのり香る程度になりました。パッケージもすべて紙で作られていて、エコロジーなところも気に入りました。効果の検証はこれからですが、期待大です。ちなみに有効期間は約6ヶ月なので、取り換えるのを忘れないようにします。さて、主人のスーツに開いた穴はどうしましょうか...。

アース製薬 natuvo-ナチューヴォ- <https://www.earth.jp/natuvo/

インテリアのあれこれ♪ 植物の水やりチェッカー

コーディネーター 阿部 容子

私は植物を育てるのが好きで、家にもいろいろな観葉植物がありますが、鉢の大きさや土の種類によって、水をやるタイミングが違っています。今までは、土の表面の乾き具合や植物の葉の状態を見ながら、なんとなくお水をやっていました。

新しい観葉植物を買った時など、植物の状態を把握できないうちは、水やりのタイミングがとても難しく感じます。水をやりすぎたり、逆に乾燥させすぎたりして、枯らしてしまうこともありました。実際、植物を枯らしてしまう原因の8割が水やりの失敗だそうです。

そんな時、とても良いものを発見しました。「水やりチェッカー SUSTEE(サスティー)」です。水やりの適切なタイミングを、色で知らせてくれるという便利なグッズです。電池などは不要で、鉢にさすだけです。土の中の水分が不足し始めると、中芯が白に変化する設計になっているそうです。

私も実際に使ってみました。お水をあげて10分くらいすると、SUSTEEがブルーに変わります。そのまま1週間ほどすると、SUSTEEが白に変わっていました。色が変わるのでわかりやすくて、すごく便利!

SUSTEEは鉢の大きさに合わせて、S・M・Lから選べます。1鉢に1本必要なので、私は、水やりのタイミングが難しい大きな鉢だけに使っています。まだ取り扱い店舗が少ないようですが、Amazonで購入することができます。Mサイズが500円前後で、中芯はリフィルになっています。色は、白とグリーンの2種類です。「植物をよく枯らしてしまう」という方は、ぜひ試してみてください。

SUSTEE サスティー <https://sustee.jp/

いつでもハシを 献血しました

経理担当 権守 久美子

先日、エコリフォームのお隣の富岡八幡宮に献血バスが来ていました。若い頃に何度か献血しましたが、子供を産んでから貧血になりやすくなり、2度ほどお断りされてしまいました。それ以来、20年以上足が遠のいていましたが、この機会に献血してみようと思いました。久しぶりの献血にちょっとドキドキです。

健康状態の質問に答え、血圧や体温を測って事前検査を受けました。今回は無事に献血できることになり、いよいよ採血です。冷え性のせいか、血流が悪くて採血に時間がかかるようで、手を一生懸命グーパーしたり、脚を動かしたりして、なんとか400mlの採血が終了しました。少し休憩して、ミニ救急セットとジュースとお菓子をもらって帰って来ました。

血液検査の確認や献血の予約ができるというので、日本赤十字社の会員サービス「ラブラッド」にも登録しました。少子高齢化や新型コロナウイルスの影響で、献血をする人が減っているそうです。私も少しでもお役に立てたらいいなと思っています。

ラブラッド <https://www.kenketsu.jp/

身になるはなし ギガアツイ鳥獣戯画展

Web担当 柴田 江身子

みんなご存知、国宝「鳥獣戯画」の展覧会が、東京国立博物館で絶賛開催中です。私も早速行ってきました...と言いたいところですが、今週末に行く予定なのでまだ行ってません。鳥獣戯画は、兎や蛙や猿が活躍する有名な甲巻、麒麟などが出てくる乙巻、主に人物が描かれている丙・丁巻の4巻があります。今回はなんとこの4巻すべてをまとめて見られちゃうという、史上初の空前絶後な鳥獣戯画展なのです。44メートル以上あるそうですよ。なが!2015年の鳥獣戯画展も行きましたが、この時は半分ずつの展示だったので、今回じっくり見てこようと思います。

実は私、昔から鳥獣戯画が好きで、学生の頃にレプリカを買っちゃったくらいです。久しぶりに広げてみましたが、細かい部分を眺めていると、何とも言えないおかしみがあって、ニヤニヤしてしまいます。博物館で本物を見るのが楽しみです。鳥獣戯画展は5月30日まで開催中です。予約制なので、普段よりもゆったり見られるのがうれしいところ。ぜひみなさんも足を運んでみてくださいね。

※4/25より東京都に発令された緊急事態宣言のため、4/30現在、臨時休館中です。再開時期など詳しくは公式サイトをご参照ください。

特別展 国宝鳥獣戯画のすべて <https://chojugiga2020.exhibit.jp/

遊ゆうコラム 野毛山動物園

コーディネーター 梅田 裕子

横浜にある野毛山動物園に行ってきました。横浜市民なら一度は行ったことがあるおなじみの動物園で、今年で70周年を迎えるというので、まあまあ歴史も長いです。桜木町の駅から徒歩で15分ほどと聞いてアクセス良好かと思いきや、繁華街から少し歩くと急に上り坂になります。動物園に着く頃には息が上がってしまいました。

娘もいろいろな動物を認識できるようになってきて、キリンやシマウマ、さる、ライオン、ペンギン、フクロウなどなどを見ながら、大興奮でした。ライオンの前に行くと、「おっきぃー」と言いながら、ジーっと動かずに観察していました。

野毛山動物園は入園料が無料ですが、侮れません。2歳の子供を連れて歩くには十分な広さがあり、見ごたえもありました。お昼はお弁当を持参して、ピクニック気分が味わえたのも楽しかったです。たくさん歩いて、家に着く頃には大人2人はダウンでしたが、娘は元気に「また行きたい」と言っていました。とても楽しかったようで、良かったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加