TOP > リフォームお役立ち情報 > 住まいと暮らしのお役立ち > 暮らしを楽しむ > お酢のススメ

最終更新日:2021/09/06(2021/04/30公開)

お酢のススメ

お酢のススメ

どこの家庭にもあるけれど、使いこなせていない「お酢」。
なんとなく体によさそう...
というイメージを持っている方が多いのでは?

お酢は体にいいのはもちろん、料理をおいしくしてくれる名脇役。

もっと活用しないともったいない!ということで、今回はお酢の歴史や健康効果、選び方など、お酢の魅力をまとめてご紹介します。

お酢の歴史

とっても地味ながら、実は世界最古の調味料でした!
お酢は、蓄えていた果物が自然に発酵して誕生したと考えられ、人間がつくった調味料の中で世界最古のものといわれています。文献によると紀元前5000年頃のバビロニアに記録が残っていて、紀元前4000年頃にはワインやビールからお酢をつくり、それでピクルスを漬けていたということです。

中国では紀元前770年頃にお酢が漢方薬として重宝されていたといわれています。4~5世紀頃に中国から日本に伝わり、和泉の国(今の大阪府南部)でお酢が作られるようになりました。奈良時代には上流階級の間で高級調味料として用いられ、江戸時代にようやく庶民にも普及したそうです。

お酢の種類とおすすめ活用法

世界には4000種類ものお酢があるといわれています。日本と世界の代表的なお酢の種類をご紹介します。

● 米酢

米のみを原料に醸造してつくられたお酢。和食と相性がよく、合わせ酢や寿司酢、煮物の隠し味などにおすすめです。

● 穀物酢

麦や米、コーンなどをブレンドしてつくられます。米酢ほどのうまみがありませんが、クセが少ないのでいろいろな料理に合わせやすく、価格も手頃です。

● 黒酢

米や麦が原材料のお酢で、米酢や穀物酢よりアミノ酸が豊富。香りとコクが強くクセもあるので、合わせる料理を選びます。酢豚や油淋鶏などの中華料理にぴったりです。

● ワインビネガー

フランスやドイツなど、ヨーロッパのワインの名産地でつくられるお酢。ワインと同じく赤と白があり、赤はコクのあるどっしりした味で白はあっさりしています。ドレッシングやマリネ、煮込み料理の隠し味に。

● バルサミコ酢

北イタリアのモデナ地方に伝わるお酢で、ワインと甘みの強い白ブドウ果汁を煮詰め、木の樽で長期熟成させたもの。香りがよく甘みがあるので、肉・魚料理のソースやドレッシング、マリネなどに合います。

● りんご酢

りんごの果汁を発酵させてつくる、アメリカでポピュラーなお酢。りんごの甘い香りとさわやかな風味が特長で、ドレッシングに使ったり、水で薄めて蜂蜜を加えドリンクとして飲んだりしても美味です。

● モルトビネガー

大麦、小麦、トウモロコシを原料に、大麦の麦芽を使ってつくられます。ビール醸造の盛んなイギリスのお酢で、ビールに似た独特の味と香りが特長。イギリスの名物料理「フィッシュアンドチップス」にかけて食べられています。

● シェリービネガー

白ワインにブランデーを添加したスペインのシェリー酒からつくられるお酢。シェリー酒特有の芳醇な香りが楽しめ、ドレッシングやソースなどに使われています。

● 調味酢

お酢に砂糖や食塩、だしなどを加えたもの。酸味・甘み・旨みのバランスがとれているので、これだけで味付けがきまります。料理初心者やお酢の使い方に慣れてない方でも、気軽に取り入れられます。

お酢の健康効果

なんとなく...いえ、はっきりとお酢は健康によいのです!

● 美肌効果

お酢には過酸化脂質の上昇を抑える働きや、ビタミンCを壊してしまう酵素の働きを弱める働きがあるため、美肌につながります。腸内環境の改善も美肌のために役立ちます。

● ダイエット効果

お酢に含まれている酢酸には脂肪の蓄積を抑える効果があり、クエン酸は体内の脂肪をエネルギーに換えて消費し、アミノ酸は脂肪の燃焼を促す効果があるといわれています。運動する30分から1時間前にお酢を摂取するといいそうです。

● 疲労回復

お酢のすっぱい味のもとはクエン酸。クエン酸は摂取した食べ物を効率よくエネルギーに換えるために欠かせない成分です。お酢を摂ることで、疲労回復やスタミナアップ、自然治癒力を高めるなどの効果が期待できます。

● 高血圧抑制

毎日お酢を摂り続けることで、高血圧の人の血圧低下効果があることがわかってきました。また、お酢の主成分・酢酸には血中脂質が高い場合に低下させる働きもあるそうです。

● 腸内環境改善

酢酸には腸内の悪玉菌の増殖を抑えるなど、整腸効果も。また、お酢に含まれるグルコン酸は善玉菌のエサになります。これにより腸の血流がよくなり便秘が解消されるそうです。

飲むお酢のススメ

お酢を毎日摂るために簡単な方法はそのまま飲むこと。おすすめなのが、おいしい「飲むお酢」です。飲みやすくて続けやすいものをご紹介します。

● 黒酢フルーツ酢

お酢といえば!のミツカンから発売されている飲むお酢。CMでもおなじみですよね。りんご、ブルーベリー、ざくろ、ヨーグルトなどラインナップも豊富で日替わりで味を楽しめます。

● はちみつ黒酢ダイエット

国産玄米のみでつくった黒酢にりんご果汁を加えたもので、ストレートで飲めます。カルシウム、ビタミンC・E、食物繊維が一緒に摂れる点も◎です。

● 美酢(ミチョ)

保存料・着色料不使用で100%果実発酵のフルーツビネガー。炭酸や水、牛乳などで割って爽やかなジュース感覚でおいしく飲めます。すっぱいものが苦手な方でも飲みやすいと人気です。

● おいしい酢

みかん果汁を酢酸発酵・熟成させたみかん果実酢を使っていて、つんとこない爽やかな香りと優しい甘みが特長。水などで薄めてドリンクとしてはもちろん、酢の物やドレッシングなど料理にも使えます。

● アップルサイダービネガー

非加熱・無濾過の有機栽培りんごの栄養と酵素が、たっぷり詰まったお酢。蜂蜜・レモン・生姜を加えればアメリカで話題のデトックスドリンク「スウィッチェル」ができあがります。

とっても健康によいお酢ですが、原液で飲むのは胃に刺激が強すぎるので避けてください。また、お酢ドリンクを飲んだ後は、歯のエナメル質を守るためにうがいをしましょう。

毎日の生活にお酢を上手に取り入れて、春を元気に楽しんでください。

住まいと暮らしのお役立ちに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加