TOP > リフォームお役立ち情報 > 住まいと暮らしのお役立ち > 住まいの豆知識 > インテリア性バツグンの防災グッズ

最終更新日:2021/09/27(2021/08/30公開)

インテリア性バツグンの防災グッズ

インテリア性バツグンの防災グッズ

9月1日は防災の日。
地震や台風、水害などに見舞われやすい日本では、
日頃からしっかりと準備しておくことが重要!

とは思うものの、「めんどくさい」「今じゃなくても」という気持ちも...。

そこで今回は、部屋に置いておくと気分が上がるような防災グッズをご紹介。さっそく準備してみようかな、と思ってもらえたら嬉しいです。

防災ボックス

いざという時に備えて家に常備しておきたい防災ボックス。中身は家族やライフスタイルに合わせて工夫してみましょう。

● 防災セット「bibo(ビーボ)」

セミオーダータイプの防災セットで、ボックスのデザインと中身を選べます。ボックスのデザインはコンテナ風やデニム風など4種類。堂々と部屋に置いておけます。

備蓄防災セットbibo

● 防災セット「MINIM+AID(ミニメイド)」

筒状のボックスの中に懐中電灯やラジオ、ポンチョ、ホイッスルなどがセットされています。モノトーンなので部屋の雰囲気を壊しません。

MINIMAID

● 防災セット「THE SECOND AID(ザ・セカンド・エイド)」

救急箱をイメージしたスタイリッシュなデザインのボックスの中に、災害時に役立つ本や食品、飲料水、トイレキットが入っています。

THE SECOND AID

● 防災セット「BOUSAI KIT」

シンプルなグレーのボックスに必要最低限の防災グッズをセット。そのまま食べられるごはんやクッキー、衛生用品などが厳選されています。

BOUSAI KIT

防災バッグ&リュック

避難所などに移動するときのため、家族1人に1個ずつ用意を。重すぎると移動するだけで疲れてしまうので、中身は厳選しましょう。

● 防災バッグ「RESCUEMAN(レスキューマン)」

火や水に強く、反射・蓄光素材を使用したシンプルなデザインのショルダーバッグ。中身が見える作りなので、入れたものを一目で確認できます。

RESCUEMAN

● 防災バッグ「OTE(On The Exit)」

マグネットで玄関ドアにくっつけておくことができるバッグ。厚みは約10センチなので邪魔になりません。必要最低限のアイテムを入れておきましょう。

MIYABI WORKS

● 防災リュック「ラピタプレミアム」

レッド、ブルー、グリーン、ブラックと4色のアクセントカラーを選べる白地のリュック。ゲリラ豪雨や台風でも安心して使える素材が使用されています。

株式会社LA・PITA

非常食

災害が起きてから支援物資が届くまでの間をしのげる量(最低3日分)を用意。時々食べてはその分を補充する「ローリングストック法」がおすすめです。

● 長期保存食「IZAMESHI(イザメシ)」

おしゃれなボックスの中に大人1人・3日分の防災食をセット。ビーフシチューやリゾット、スパイシーチキンカレーなど、カフェ気分を味わえるようなメニューです。

IZAMESHI

● 防災備蓄パン「ふんわりデリトーネ」

まるで焼きたてのようなふわふわ感に感動!オレンジ、イチゴ、ブルーベリーのジャムが練り込まれていて香りも豊かです。ギフトボックス入りでプレゼントにも。

ふんわりデリトーネ

● 備え梅

真っ赤な専用きんちゃくに包まれた大粒の梅干し。「医者殺し」ともいわれるほど健康効果が高い梅干しは、災害時、不安定になりがちな心と体の助けになります。

備え梅

ライト・その他のグッズ

しまいこんでおくと使いたいときに見つからないことも。おしゃれなデザインのものを選べば、普段からリビングなどに置いておけます。

● ソーラーランタン「CARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン)」

「世界の夜に太陽を」がコンセプトのランタン。昼間、太陽の光に当てておくだけで充電できます。色も選べて、使わないときは折りたたんでおけます。

CARRY THE SUN

● LEDネックライト

首からぶらさげて使う、カラフルなカラー展開のネックライト。玄関に置いておけば、夜間のウォーキングや自転車に乗るときにも役立ちます。

LEDネックライト

● LEDランタン

キャンプ用品の必需品、LEDライトも防災グッズとして活躍します。おしゃれなデザインのものが多いので、普段から部屋に置いておけますね。

● 強力マルチライト

パッと見はカメラかマグカップのような、個性的なデザインのライト。前方と足元を照らせるので、室内でも屋外でも活躍します。

強力マルチライト

● 手動式バッテリー「denqul(デンクル)」

災害時用のモバイルバッテリー。小物入れと一体化しているので、普段はスマホやメガネなどを入れておけば、探す手間なしです。

denqul

● +住宅用消火器

首からぶらさげて使う、カラフルなカラー展開のネックライト。玄関に置いておけば、夜間のウォーキングや自転車に乗るときにも役立ちます。

+maffs

● 手回し充電ラジオ

キャンプ用品の必需品、LEDライトも防災グッズとして活躍します。おしゃれなデザインのものが多いので、普段から部屋に置いておけますね。

FM-AM 2バンドレシーバー RF-TJ20

● 大容量バッテリー「パワーアークツー」

イマドキの調理家電を思わせるポップなデザインの、スマホを30回もワイヤレス充電できるバッテリー。背面のライトでSOS信号も発信できます。

PowerArQ

外出用グッズ

外出中、地震などに遭遇してガレキに挟まれたりしたら...。考えたくはないけれど、そんなときに役立つグッズです。

● ホイッスル「effe(エッフェ)」

閉じ込められて脱出できないときは、ホイッスルがあると安心。「effe(エッフェ)」は、アクセサリーやキーホルダーとして持ち歩けるデザインのホイッスルです。

effe

● パラコードブレスレット

見た目はカジュアルなブレスレットですが、いざという時にほどくと、約2メートルのサバイバルロープとして使えます。耐荷重は約250kgと非常に頑丈です。

つい「自分だけは大丈夫」と思いがちですが、ここ数年の災害を振り返ると、楽観視しすぎない方がよいかもしれません。

この機会に防災について考え、家族が生き延びるために必要なものをリストアップしてみましょう。

住まいと暮らしのお役立ちに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加