TOP > リフォームお役立ち情報 > エコリフォーム・ニュースレター > バラエティに富んだ3つのリフォーム事例をご紹介します。

最終更新日:2021/09/01(2021/09/01公開)

バラエティに富んだ3つのリフォーム事例をご紹介します。
住まいの知恵袋 増刊号 エコリフォームNOW
 

狭小住宅スケルトン、ホテル「木の家」、フレンチレストランと
バラエティ豊かな3つのリフォーム事例が好評でした。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!

 

階段のAfter←Beforeです。リフォーム前は昔の家によくある危険なタイプ!スペースは少し多めに必要ですが、ゆったりと架け替えました。これで安心して上り下りできますね。

築90年でも大丈夫!小さな長屋のスケルトンリフォーム
 

小さな玄関ですが、収納を開いてもまだ余裕がある感じ。これは、収納が壁に埋め込まれた形になっているからなんです。古めかしいガラスの玄関引き戸も、丈夫な引き戸に変わりました。セキュリティ面も安心です!

築90年でも大丈夫!小さな長屋のスケルトンリフォーム

階段下スペースを有効活用しているこのトイレ。小さな飾り棚もあってゆったりできます。奥の壁はアクセントクロスですが、どんな柄かわかりますか?そう、ムーミンなんです!可愛すぎないのがいいですね。

築90年でも大丈夫!小さな長屋のスケルトンリフォーム
 

住宅密集地なので、1階の窓からの採光はちょっと難しいのですが、それでも窓があると広がりが感じられますね。こじんまりと落ち着く空間になりました。

築90年でも大丈夫!小さな長屋のスケルトンリフォーム

江東区のスケルトンリフォーム、室内内装工事の様子です。壁と天井にボードが張られて、すっかりお部屋になりました。棚とクローゼットもできています。いよいよ完成間近となってきました。

江東区M様邸 外壁の下塗りと室内階段の作成
 

江東区のスケルトンリフォーム、室内内装工事の様子です。溝を彫りこんだ板を、壁に斜めに設置。これで何かわかりますね。そう、階段を造っているのです。続きはリンク先で。

江東区M様邸 外壁の下塗りと室内階段の作成

江東区森下のホテル、木の家(kinoie)の工事中の様子です。いい材料を使って建築されている様子がご覧いただけます。耐震性・断熱性もバッチリなので、ぜひ安心して快適にお過ごしくださいね。

国産材の「木の家」で等身大の和の暮らし
 

江東区森下のホテル、木の家(kinoie)のご紹介です。建築家による意匠設計らしいところをいくつか...。和室に設けたスリット窓も印象的。スッと細長い光が入ってくるんです。おしゃれです!

国産材の「木の家」で等身大の和の暮らし

江東区森下のホテル、木の家(kinoie)のご紹介です。間取りはこんな感じになっています。1階も2階も、リビングと和室が廊下でつながっている造りです。建築家に依頼して意匠設計を行いました。

国産材の「木の家」で等身大の和の暮らし
 

店舗リフォーム工事の様子をご紹介します。内装も住宅リフォームとはちょっと違うんです。壁際の天井に間接照明を埋め込み、角を丸く仕上げました。床はナラの無垢フローリングです。

下町にたたずむ本格フレンチレストラン
 

長谷川幸太郎シェフが下町にオープンしたフレンチレストラン「KOTARO Hasegawa DOWNTOWN CUISINE」の内装リフォームを手がけました。
実はオープン当初にスタッフ一同でお邪魔して、美味しいお料理を堪能してきたんです。見た目も美しい料理の写真も掲載していますので、チェックしてみてくださいね。


下町にたたずむ本格フレンチレストラン
 
このエントリーをはてなブックマークに追加