TOP > リフォームお役立ち情報 > エコリフォーム・ニュースレター > 長屋のリフォーム開始!杉並区でもリフォーム進行中です

最終更新日:2022/06/06(2022/06/06公開)

長屋のリフォーム開始!杉並区でもリフォーム進行中です

長屋のリフォーム開始!杉並区でもリフォーム進行中です

進行中の杉並区のリフォームに続いて、
長屋のリフォームが着工です。
完成したマンションのお部屋も合わせてご覧ください。

都内で新しく長屋のリフォームが始まりました!築42年となるこちらのお宅、お隣とつながっている長屋住宅です。リフォーム前から雨漏りやシロアリ被害が見られたとのこと。まずは解体してスケルトン状態にしていきます。

東京都M様邸 長屋リフォーム始まりました
 

長屋のスケルトンリフォームが始まりました。建築士塩谷がお清めをしてから、解体していきます。再利用するものもあるので、手作業で丁寧に解体を進めました。

東京都M様邸 長屋リフォーム始まりました

ただいま工事中の長屋のスケルトンリフォームです。ちょっと衝撃的な写真なんですが、2階部分がかなりシロアリにやられていました。2階が被害を受けているのは、外来種のアメリカカンザイシロアリのせいなんだそうで。また後日詳しく調査することとなりました。

東京都M様邸 長屋リフォーム始まりました
 

進行中の杉並区のリフォーム現場から。断熱材を入れて、ボードで閉じて、だいぶお部屋っぽくなってきました。3枚目は屋根裏スペースです。けっこう広々しているので、荷物をたっぷりしまえそうですね。

杉並区T様邸 ベランダを撤去しました

杉並区のリフォーム現場から。屋根は高圧洗浄の前に、錆びた板金と傷んだ下地を交換します。汚れの目立つ屋根が、このあと高圧洗浄できれいになりますよ~。リンク先をチェックしてみてください。

杉並区T様邸 キッチン・浴室の工事と外部洗浄 
 

東京23区の木造住宅を耐震リフォームすると助成金がもらえるかも!?港区では耐震改修工事で最大200万円もらえます。建築確認が昭和56年6月以降、平成12年5月31日以前までの新耐震基準の住宅も対象です。ぜひお住まいの耐震基準を確認してみてくださいね。

東京都港区のリフォーム耐震助成金

リフォーム後がイメージしやすいように、こんなスケッチを作成しました。2部屋を大きな1部屋にして、床は全面コルクタイルに。アイアンバーに布をかけて間仕切りできる仕様です。洗面や収納も暮らしやすく整えます。

アイアンバーの間仕切りで広々リビングに
 

マンションリフォーム完成の様子をご紹介します!リビングのAfter←Before、比べてみてください。和室と洋室の2部屋になっていたのが、1つの大きなお部屋になりました。ご夫婦お二人にはこちらの方が使いやすそうですね。

アイアンバーの間仕切りで広々リビングに

リフォーム前はエアコンの配管が露出していたそうです。後付けだったりすると仕方ないですが、ちょっと見た目的にカッコ悪いですよね。今回、スケルトンリフォームしたので、配管を壁の中に隠してスッキリしました!

アイアンバーの間仕切りで広々リビングに
 

押入れはお部屋の雰囲気に合わせて、クローゼットに変身!中は押入れタイプのままなので、これまでと同じように使えます。建具を3枚引き戸にしたり、枕棚を少し低くしたりして、使いやすさはこれまで以上になりました。

アイアンバーの間仕切りで広々リビングに
 

今回、一番人気だった港区のリフォーム耐震助成金の投稿だけご紹介しましたが、他の区もとっても人気だったんです。
なかなかわかりにくい助成制度について、東京23区それぞれ、シンプルにわかりやすくまとめています。 年度初めに更新したので、ぜひお住まいの区の情報をチェックしてみてくださいね。


東京23区のリフォーム助成金情報
 
このエントリーをはてなブックマークに追加