TOP > お客様の声 > お客様インタビュー・戸建て > 文京区・T様「いろいろ考えてくれて、気持ちが伝わってきたんです」


ご所有の築60年ほどになる木造のお住まいに、 お若いご夫妻が5年ほどのご予定で住まわれることになり、 入居前のリフォームと耐震補強を、弊社で施工させていただきました。

実際にお暮らしになり始めてから半年ほど経った頃、 インタビューにご協力いただきました。

芸術家肌のご夫妻は、DIYの腕前もプロ級!
築の長いお住まい独特のレトロな雰囲気を活かした とっても素敵で、味わいのあるインテリアに囲まれてお暮らしです。


インテリアコーディネーター
千葉容子

T様ご夫妻とエコリフォームの出会い

【奥様】

この家は、私の親戚が以前住んでいた建物で、3年ほど空家になっていたんです。そこで、もったいないから私達夫婦が住もうか、という話になったんですが、 そのままではちょっと住める状態ではなかったんです。

【ご主人様】

最初は自分達で何とかできればと思っていたのですが、 床も傾いていましたので、これは自分達の手には負えないだろうという事で、プロの方に頼もうということになりました。

【インテリアコーディネーター:千葉】

ありがとうございます。業者探しはどのようになさったのでしょうか?

【ご主人様】

私達の世代くらいになってしまうと、馴染みの大工さんとかはいないですから、 インターネットで業者さんを探すことにしたんです。

そして、何件か声をかけてお話をしたけれど、昔の家は手に負えないとか言われたり、 何百万もかかりますと言われたり...
そんな中で、「見せて下さい」と言ってくれたのはエコリフォームさんだけでした。

最終的に、私たちにリフォームを任せると決めてくださった理由は何だったのでしょうか?

【奥様】

すごく親切だったので!それにいろいろ考えてくれて、直してあげたい、という気持ちが伝わってきたんです。 だから藁にもすがるような思いでお願いしました。受けてくれてありがとうございました。

見積もりや計画もとても細かく、わかりやすく出していただきました。

【インテリアコーディネーター:千葉】

こちらこそありがとうございました。お出ししたお見積もりは、 伺ったご予算より少し高くなってしまいましたが、それは問題無かったでしょうか?

【奥様】

それは全然OKでした。信頼できましたから。

T様邸で行わせていただいた耐震補強の工事についてお聞かせください

ご夫妻はこのお住まいにずっと住む予定ではなく、近い将来建て替えをするまでの住まいにする というおつもりでいらっしゃいましたので、内装のリフォームのみをお考えでした。

しかし、60年を数えるお住まいの為、基礎や梁が大きく不足していました。 そこでやはり、地震に備えた耐震工事を行うこととなりました。

こちらのお住まいは、ゆくゆくは建て替えをされるご予定のため、スケルトンリフォームはできません。
そこで、お二人が最も長い時間を過ごされる居間を「シェルター」として重点的に補強し、 何かあってもこの部屋にいれば大丈夫というスペースとする補強方法を取ることになりました。

※シェルターとした居間から外へ出ることもできる間取りなので、すぐに避難をすることもできます。

【インテリアコーディネーター:千葉】

建物の抱える問題点が、当初お考えになっていたよりも大きかった事が後から明らかになり、 建築士の塩谷よりご説明させていただいた場面がありました。
その時の正直なお気持ちをお聞かせ下さい。

【奥様】

うーん、ショックかな?正直、断られるかと思ったんです。最悪の場合は「もう無理です」って。でも、そうはならなかったので、 費用も多少プラスになりましたが仕方ないかなーと。

【ご主人様】

ビックリしてもうダメかと思いましたけど、何とかします、と言ってくれたのでお任せしようと思いました。

【インテリアコーディネーター:千葉】

ありがとうございます。(建築士の)塩谷も、お二人に安心して暮らしていただく為には、どうしたらいいか、すごく考えていました。 解体後、T様との打ち合わせの日で2日ほど間が開いたので、その間ずっと対策を練っていたようです。

【奥様】

それは私達にもすごくよくわかりました。

【インテリアコーディネーター:千葉】

工事中で一番印象に残っている事は何ですか?

【奥様】

進捗状況を逐一報告してくれたこと!写真も撮ってメールで送ってくれて、それがすごく安心でした。

【ご主人様】

あとは塩谷さんも千葉さんもこまめに通ってくれたから、それも安心でしたよ。

実際に補強したお住まいでの生活、耐震面で不安はありませんでしょうか?

【ご主人様】

(3月に)地震があったけどその前に工事が終わっていて良かった!

【奥様】

終わってて良かったね!あの後も余震がよくあったけど、台所の所はカタカタ言っても、この部屋(シェルターにしたお部屋)にいると揺れないんです。こっちは大丈夫。小さい地震くらいだと、こっちは揺れません。夜も安心して眠れます。

【インテリアコーディネーター:千葉】

良かったです。工事前、こちらの柱を揺らしたら家全体が揺れましたが、 工事が終わった後に同じようにしてみたけど、今度は揺れませんでした。だから、かなり良い状態になったのだと思います。

お引越しされて半年、住み心地はいかがですか?

T様邸では、床の傾きを解消するにあたり、畳だった床を、幅広の無垢フローリングへ交換をされました。

天然の木の床は、経年したお住まいの雰囲気とぴったりで、お客様も「お気に入り!」とのお話をいただきました。

【インテリアコーディネーター:千葉】

無垢のフローリングにされた床はいかがですか?

【奥様】

快適です。こういう床って初めてなんです。前はビニールのフローリングでフローリングの柄がプリントされてるやつだったんですけど、ベタベタで。実家は合板フローリングなんですけど、手触りが全然違いますね。

【ご主人様】

僕も無垢の床がすごく気に入っています。木の感じが本当にいいですよ。この古い家にもしっくり合います。 この床材の雰囲気を生かした感じにしようと思って、部屋作りをしているんです。

【奥様】

住み心地については、やはり古いのでその弊害もありますけれど、それは承知の上なので満足しています。この雰囲気がすごく気に入っていますから。


レトロな雰囲気を活かしたお住まい。
机や、収納棚などもアンティークなもので揃えられ、本当に素敵です!


床は新しい無垢のフローリングですが、ご夫妻でオイル塗装をされ、周りの雰囲気としっくり馴染む色合いになっています。


壁は白い漆喰の塗り壁も、ご主人様と奥様がDIYされました。 「すごく大変でした!」とおっしゃられていましたが、とても綺麗な仕上がりです!
天井や新しい柱もご夫妻で塗装されました。深い色合いがとてもかっこいいです。


玄関には、雰囲気のある骨董品をおしゃれにディスプレイされていらっしゃいます。

これから、お家のリフォームをお考えの方へメッセージをお願いします

【インテリアコーディネーター:千葉】

経年したお住まいならではの雰囲気を活かした素敵なお住まいを実現されたお二人より、これからリフォームをお考えの方へ、是非アドバイスをお願いいたします!

【奥様】

そうですね、自分達で出来るところと、プロに頼む所は見極めた方がいいと思います。

【インテリアコーディネーター:千葉】

それはT様は大成功されましたね。確かに床や補強は経験が無いと難しいので、お任せいただいた方がいいかなと思います。DIYはいかがですか?

【ご主人様】

漆喰の塗り壁だけはね~、かなり大変でしたけど(笑)
でも、自分で何でもやれるのがDIYの要素なので、アイディアをひねりながらコツコツやるのが醍醐味かなと思います。 僕達も、ずっと続けてる感じですね。あれこれと考えては、こうしよう!みたいな。

【奥様】

先日は、洗濯機の所を隠そうかと思って、西部劇みたいなドアを買ったんですよ(笑)

【インテリアコーディネーター:千葉】

本当に、理想的なDIYというか、雑誌に出られるくらいのお住まいにされたと思います。素敵なお住まいを見せていただき、インタビューも、ありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加