TOP > お客様の声 > お客様インタビュー・戸建て > 足立区・H様「建物の質で選んだ中古住宅を、耐震リフォームで安心に」

デザインリニューアル:2019年4月

建物の質で選んだ中古住宅を、耐震リフォームで安心に

足立区・H様

H様は築30年の中古住宅をご購入になり、ご入居を前にリフォームされました。

かなり綿密にリサーチした結果、大成功の中古住宅リフォームとなったというH様に、中古住宅購入からリフォームまでのお話をお伺いしました。

インタビュアー:千葉 容子(2011年12月)

リフォームデータ

  • 築年数:35年
  • 延べ床:75平米(1階+2階)
  • 構造:木造2階建て住宅
  • 内容:耐震・内装リフォーム、設備交換

中古住宅購入の決め手は・・・。

中古物件として販売されていたこちらの建物をご購入された決め手は何ですか?

決めるまでに5、6軒は見たのですが、ここがいいなと思ったのは、大工さんが自分で住むために建てた家だったからです。 そういう「建物の質」が一番の決め手でした。

この家を紹介してくれた不動産屋さんが地元の情報に強く、信頼できる方だったということも大きかったです。

とても良い状態の建物をご購入されたと思います。

あまりに状態が悪いとリフォーム費用が高くなるため、リフォームを断念される方もいらっしゃいます。

いろいろ考えた上で、ここは良いと思って購入しました。

自分は、最新の設備や内装より、構造がどうかというところを重視しました。間取りもゆったりしていて良かったです。

建物の質を重視して購入されたという建物。大工さんが自分の家として建てたものだそうです。

私の希望では、広い玄関というのもあったので、そこもいいなと思いました。

あと、天井が高いから空間が広く感じられて、ゆったりできるだろうと思いました。

最近の住宅、特に都内の住宅は、戸建てもマンションも玄関が狭いところが多いですからね。ベビーカーもゆったり置ける広い玄関はうらやましいです。

そういったところも、中古住宅だからこその良さですね。

開放感がある大きな玄関。リフォーム後は明るい印象に変わりました。

リフォームの一番の希望は・・・。

中古住宅を購入されていよいよリフォームとなったわけですが、何が一番のご希望だったのでしょうか?

地震に強い家にしたい、ということです。できれば家の骨格をしっかりしたい。そこが一番心配していたところだったんです。

だから、耐震補強が一番の希望で、間取りのリフォームはその次でいいかなと思いました。

長く安心して暮らすためには一番大事なところですね。

エコリフォームにお声がけいただいたきっかけは何ですか?

エコリフォームさんはインターネットで見つけました。

印象的だったのは、「耐震についても予算に応じて対応します」というようなことが書いてあったことです。

他の業者さんは、耐震をすると完全にスケルトンリフォームになってしまうところが多かったんですが、自分としては、プロに見てもらって要所要所に耐震補強を入れたいと思っていたんです。 エコリフォームさんは、そういった要望に柔軟に対応してくれそうな感じがしました。

可能な限り、お客様のご予算に近い価格で耐震補強を行って、不安を解消できるようにと計画しています。

例えば全体を補強することが難しい場合は、避難経路だけを確保するようなご提案をするケースもあります。

実際、持ってきてくれた見積もりは、自分たちにとって妥当だったと思います。

H様は、よくリサーチして状態の良い建物をご購入されていたので、スケルトンリフォームの必要が生じなかったのも、コストを抑えられた一因かと思います。 中古住宅リフォームの大成功例ですね。

リフォームの一番の希望は耐震補強だったそうです。

リフォーム工事中の対応は・・・。

実際にリフォーム工事が進む中で、私たちの対応はいかがでしたか?

充分でした。リフォーム工事の時は工事予定をプリントしてくれて、場所場所に貼っておいてくれたりして、すごくわかりやすかったですよ。 お話も丁寧で良かったです。

リフォームは初めてのことなので不安はありましたけど、よく対応してくださいました。

工事中の打ち合わせが夜になったこともありましたが、大変ではなかったですか?

それは無かったです。その都度、状況がわかったので良かったですよ。

工事中の様子はやはり興味があるし、「こんな感じなんだな」と社会科見学的な気持ちでもありました(笑)。

内装の壁紙を選ぶ時も、カタログの中から千葉さんのおすすめをチョイスしてくれていたので、選びやすかったです。

後からインテリアを自由に選んで合わせやすい、落ち着いた感じに仕上がったと思います。

工事中の様子です。H様も現場へこまめにお打ち合わせにお越しくださいました。

お住まいの住み心地は・・・。

リフォームが完成して数ヶ月経ちましたが、お住まいの住み心地はいかがですか?

良いですよ。僕が特に気に入っているのは和室です。

和室はいいですね。自分もゆっくりできますし、子供がハイハイしても大丈夫ですから安心です。

ご主人様お気に入りの和室は、リビングとつながりのあるゆったりした空間です。

エコリフォームさんに対面のキッチンを提案してもらって、良かったと思っています。

キッチンの背面に造ってもらった棚やカウンターも、とっても便利で、活用しています。

キッチンまわりをフルに活用してくださって、ご提案した私としてはとっても嬉しいです。

奥様がお喜びの対面キッチン。造作した背面収納も使い勝手がいいそうです。

キッチンのカウンターから和室が見えるのも助かっています。子供の様子が良く見えます。

今回、自然素材を多く採用しましたが、赤ちゃんを持つご両親としては、自然素材はおすすめですか?

良かったと思います。小さい時に発疹が出たり子もするけど、それが無いんです。

もともと築年数が長い家なので、建材に化学物質が使われていたことがあったとしても、既に飛んじゃってるでしょうし。 なおかつ、リフォームでも良い素材をたくさん使ってくれたので、トータルに効いているのではないかと思います。

対面キッチンは、赤ちゃんの様子に目を配りやすいのもポイント。

リフォームをお考えの方へ・・・。

これから中古住宅を購入してリフォームしようとお考えの方に、メッセージをお願いします。

うちは築30年が経過した家でしたが、築年数が長いという理由で敬遠しなくてもいいかなと思います。リフォーム次第で良くなりますから。

中古住宅を買う時は、地元の不動産屋さんのクチコミや情報を参考にしたらいいのではないでしょうか。 地域に根ざした信頼の置ける不動産屋さんの紹介がいいかなと思います。

今はついネットで探してしまいますが、やっぱり知り合いのツテや紹介って大事だと思います。自分はそれで上手くいきました。

大きな買い物ですし、良い建物を買いたいですからね。

最近はネットで探すのが主流になっていますが、地域に根ざした情報も大事ということですね。

どちらのアドバイスも、とても参考になるものだと思います。貴重なお話をいただき、ありがとうございました。

築年数の長い建物でも、リフォームで小さな赤ちゃんも安心できるお住まいに生まれ変わります。

ありがとうございました!

リフォーム事例はこちらから。

お若いご夫婦&赤ちゃんの暮らしにピッタリの軽快な空間

このエントリーをはてなブックマークに追加