クロス工事です。

こんにちは。エコリフォームの田中です。
荒川区のリフォームの様子です。

クロス工事が始まりました。
ボードのすき間や、ビス穴を埋めるようにパテを塗りの作業を行います。

このパテの作業が仕上がりに大きく影響してくるので、とても大切な作業なんです。

クロスが貼られました。

トイレのクロスは、一面を少し濃い色をお選び頂き、アクセントにしました。
トイレのようなコンパクトな空間は、遊び心も取り入れやすいので、お勧めです!

また、収納の扉や、トイレのドア、間仕切りの引戸などは、シナ合板の建具で、建具屋さんが造作しました。
サイズもデザインもオリジナルです。

シナ合板の建具は、目が柔らかく、どんなインテリアにもマッチしやすいですよ。
時間が経つにつれて、味わい深くなっていくところも、特徴です。

道路に面した窓には、大工さんが木製の格子を造作しました。
大工さんが丁寧に等間隔で作っていきます。

簡単そうな作業なのですが、線がはっきりと出るデザインは少しの曲りも目立ってしまうので、とっても難しいんです。
大工さんが木には、柾目と板目があって、表に柾目が来るように並べていくときれいに仕上がるんだよと話してくれました。

雨風にさらされる部分なので、サーモウッドの檜材を使用しています。
サーモウッドとは「熱」と「水」だけを使用する高熱木材乾燥技術により、普通の木材を腐りにくくした高耐久エコ木材です。
さらに耐久性が上がるように、透明の外部塗料を塗っております

スタイリッシュな格子になりそうです。

それではまた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です