壁の断熱材と構造用合板を施工しました。

荒川区S様邸・2016年着工

こんにちは。エコリフォームの田中です。

荒川区で行われております、スケルトンリフォームの続きをお伝えします。

床下の断熱材が施工され、床合板も整いましたので、次は壁の下地を施工していきます。
間仕切り壁が出来たら、続いては、電気屋さんの登場です。
間仕切り壁が閉じられる前に工事をしないといけないので、電気工事はタイミングが肝心なんです。
PB300050

そして設備一番乗りはユニットバスです。
限られたスペースのため、他の耐力壁などができてしまう前に設置します。
PB280004 (2)
PB280002

床が出来上がれば、続いて壁です。
こちらの住宅は、長屋のため、お隣との境界も補強を行うために
間柱を立てていきます。
PC050099

境界の新設された耐力壁にも断熱材を施工しています。
PC050104

壁に使用した断熱材はパーフェクトバリアです。
ポリエステル100%なので、有害物質を発しないという安全性があります。
しっかりと断熱材を入れることで、外気の影響を受けにくくするので、以前よりも暖かくお暮し頂けるようになります。
すき間なくきっちりと、下地に止めることが肝心なんです!
PC050108

その上から、地震に対する耐力を持たせる壁 構造用合板を施工していきます。
この構造用合板もただ施工すれば良いというわけではありません。
釘の種類や、ピッチなどが厳しく規定されています。
PC050110

建物を「面」で支えることにより、さらに強くなっていきます。
PC050003

それではまた。

 

リフォーム事例で詳しくご覧いただけます。

築95年の長屋を「もう一つの我が家」にリフォーム
タイトルとURLをコピーしました