置き床工法施工中!詳しくご紹介します

文京区N様邸・2015年着工

 

こんにちは。エコリフォームの田中です。

本日は文京区で行われているスケルトンリフォームの模様をお伝えします。

耐震補強が終わり、防蟻処理を済ませて、今度は床を組んでいく作業に取り掛かります。通常でしたら、大引き→根太→ベニア板と組んでいきます。しかし今回は、出来るだけ空間を広くするために置き床工法を選択しました。補強した梁が天井に出てきてしまい、空間が狭く感じられることを懸念したためです。この方法はコンクリートの床下地の際によく用いられます。床下の高さが少なくで済むのでその分空間が大きく取れます。

P9080046

この置き床工法にすることで、玄関からの上がり框の段差を低くすることができます。既存の玄関は「よっこらせ」と思い切り足を上げて上らなければならないくらい玄関框がありました。それを、この置き床工法にすることによって、段差が低くなり玄関から楽に上がることができます。床を低くすると浸水の問題が懸念されますがこの辺りの土地はその心配がないため、框を低くすることにいたしました。

断熱材もしっかり施工して、床下からの冷気に備えます。

P9080051

もちろん、角には火打ち金物を使用して耐震補強を怠りません。

P9080050

こんな感じで張り詰めていきます。

P9080055

大工さんがせっせと作業を進めてくれています。

P9080068

手前に見えている線は、キッチンの水周り線です。白が給水、ピンクが給湯、灰色が排水管です。

P9090084

この日は電気屋さんの登場です。

P9100121

あらかじめ、お客様とお打合わせで電気配線図を決定して頂いております。その通りに電灯、コンセント、スイッチの位置に配線してくれます。

P9100122

サッシも付いて着々と工事が進んでおります。次回もお楽しみに~。

—————————————————————

【文京区のスケルトンリフォーム・これまでの様子】

★9/10 屋根の葺き替え工事

★9/4 防蟻処理の完成とユニットバスの設置

★8/28 耐震補強進行中

★8/15 お盆明け工事再開です

★8/1 工事が始まりました!

—————————————————————

 

リフォーム事例で詳しくご覧いただけます。

ご夫婦お二人で始める 安心快適な新生活
タイトルとURLをコピーしました