清澄の家・新築 無垢板張りの外壁

清澄の家新築・2019年3月着工

エコリフォームの西澤です。
清澄の家の新築工事はいよいよ大詰め。2,3階部分の外壁塗装が終わり、外部の足場が取れました。

1階の外壁は板張りになります。

▲暑い中、屋外での作業頑張ってもらいました。
▲白い外壁や木製の窓ともマッチしていい雰囲気です。
▲あたたかみのある木目が良いアクセントになっています。
▲雨などによる腐食を防ぐために上からガラス塗料を塗りました。
▲外壁も扉も、本物の木でできています。

今回外壁に使用したこの木材は「火バリ」という商品で、岐阜県産の無垢材で作られた準耐火仕様の外壁用建材です。不燃液などの薬剤を一切使用せず、木がゆっくり燃えるという特徴を利用して、800℃の熱に45分間耐えられるという認定を受けています。

清澄の家では国産材にこだわり、木材だけでなく各地の石も取り入れました。
キッチンとトイレの壁には栃木の大谷石、お風呂には青森の十和田石を使用しています。

▲キッチンの背面を大谷石張りにしました。
▲トイレは下部の壁を石張りに。
▲お風呂は一面に十和田石を張っています。

長梅雨でなかなか思うように工事が進まないこともありましたが、職人さん達のラストスパートのおかげで無事このお盆中に完成を迎えられそうです。

完成後の写真はまた後日ご紹介したいと思います。
それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました