リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 窓・サッシ > インナーサッシ

結露防止、窓断熱に効果のあるインナーサッシのご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
インナーサッシ
冬が近づくにつれ、気になるのがお部屋の断熱と毎年悩まされる結露!
冬に窓の近くに行くとヒンヤリしますよね。

家の中で熱の出入りが最も多いのは窓なんです。 逆を言えば、窓の断熱の性能を上げれば、 家の断熱の性能がぐっとアップするのです。

今回ご紹介するのは、窓断熱に大変有効で、比較的簡便な工事で済む「インナーサッシ(二重窓)」です。

■ なぜ2重に窓を設置するといいの??

既存の窓の内側に新しく窓を設置することにより、 窓と窓の間に空気の層が出来ます。この空気の層が 室内の熱を外に伝えにくくし、断熱効果を発揮します。

この結果、結露の発生を抑えカビや菌の発生の予防にも つながります。

最近にお住まいで、よく使われるのはガラスを二枚合わせにすることで断熱効果を上げるエコガラスですが、このインナーサッシを取り付ける事で、エコガラスと同じ効果を得られる、という訳です

■ インナーサッシが樹脂製の理由

インナーサッシは樹脂でできています。

樹脂の熱伝導率はアルミに比べて、約1/1000!
外気の温度に左右されにくく、優れた断熱効果、防露効果を発揮するのです。

(※イメージ:トステム様ホームページより)


■ インナーサッシのメリット

工事が簡便で短期間で設置可能。
ガラス交換に比べ、サッシ(枠)の性能がアップするので効果が期待できる。
お部屋のスタイルによって様々なデザインや色を選べる。

和室は障子のデザインを選ばれると断熱性のがUPするだけでなく雰囲気も素敵ですね。 引き違い窓だけでなく、開き窓やテラスドアにも対応できる商品がございます。
(※イメージ:トステム様ホームページより)


ガラスを防音性能付のガラスにすれば、 断熱+防音効果もUP
マンションでも設置が可能。
※マンションでは窓サッシは共用部分なので交換できない場合があります。 そんな場合でもインナーサッシであれば設置が可能です。


■ インナーサッシのデメリット

窓を開ける時に2回開けなければならない。
既存の窓の前にもう一枚窓が設置される為、窓が手前に出てきてしまう。



寒さや、結露などが気になる冬を快適に過ごしたい方に、インナーサッシはおすすめです!
弊社ではトステム社製のインナーサッシ「インプラス」を多く採用させていただいております。

トステムさんのショールームで実際にご覧頂くこともできますよ!

Low-E複層シリーズ エコガラス
真空タイプ 二枚合わせのペアガラス
無垢の内窓MOKUサッシ インナーサッシ
古い窓のリフォームについて 窓の交換工事について

自然素材のトップページへ

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら