中央区A様邸 外装の下地工事

中央区A様邸・2019年12月着工

エコリフォームの西澤です。
中央区のスケルトンリフォームは柱や梁の補強が終わり、これからは新しく造作していく工事が主になります。

内装では、まずユニットバスが設置されました。
ユニットバスは一つ一つの部材が大きいので、内部の壁をたてる前に運び込んで設置されることがほとんどです。

▲最初に浴室周りの壁を作り、断熱材を入れ込んでおきます。
▲配管を接続してパネルを組み立て、ユニットバスの箱が置かれるような形で設置されます。
▲内部はもうほぼ完成されたお風呂です。

2階のお部屋では、新たな壁の下地と窓の設置工事をしていました。

▲レーザーを使って垂直や水平を測りながらの作業です。
▲新しい窓が設置されました。
▲外壁の下地は、地震に強いラスカットパネルです。

屋根は経年で傷みが目立ち、雨漏りが心配だったため新しく葺き替えることにしました。

▲トタンのサビや浮きがあり心配な屋根でした。
▲新しい下地を張ります。A様邸は長屋でお隣とつながっているので、特に慎重に工事を進めました。
▲防水シートを隙間なく張れば、屋根が完成する前に雨が降っても安心です。

A様邸は入り組んだ路地の長屋ということもあり、外装はとても狭いスペースでの工事になってしまいますが、経験豊富な職人さん達のおかげでつつがなく工事が進んでいます。

これからどんな仕上がりになっていくのか楽しみですね。
それでは、また工事が進みましたらご報告します。

タイトルとURLをコピーしました