中央区A様邸 基礎下地・玄関の補強

中央区A様邸・2019年12月着工

エコリフォームの西澤です。

昨年はそれぞれの現場で大きな事故もなく
無事に新たな年を迎えることができました。
今年も皆様が安心して快適に暮らせる住まいづくりをお手伝いしていきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年末からスタートした中央区A様邸の現場は解体が完了し、基礎や構造の補強が始まりました。

▲壁や床・階段などが撤去され、構造体が見える状況になりました。

床下はコンクリートを流し込んで強度のあるベタ基礎にするため、まずは基礎の下地作りから始めます。

▲地中の配管を整え、基礎となる場所に砕石を敷いて平らにならします。
▲地面から上がってくる湿気を防ぐための防湿シートを敷き、配筋作業を行います。

下屋になっている玄関は作り直し、新しい柱は耐震金物で補強しました。

▲ガラスの2枚引き戸の玄関でした。
▲玄関のガラス戸を取り外し、解体します。
▲後で流し込む基礎分を浮かせて新しい土台を設置します。
▲新しい間取りでは玄関は右側に移動。以前ガラス戸だった部分は建物を支える耐力壁になります。
▲柱や土台は金物でしっかりと固定しました。

A様邸のような築年数の経過した間口の狭いお宅では、玄関の開口部を小さくして、耐力壁を設けることで耐震性が向上します。

また、玄関の他にもこれから約半月ほどかけて慎重に構造の補強を進め、大正時代から続くこの建物を地震に強い家にしていきます。

それでは、工事に進捗がありましたらまたお伝えいたします。

タイトルとURLをコピーしました