中央区A様邸 完成しました!

中央区A様邸・2019年12月着工

昨年末に着工した中央区のスケルトンリフォーム、先日工事が無事に終わりまして、撮影とお引渡しを行ってきました。
今回はカメラマンさんにお願いした写真を中心に完成の様子をご紹介します!

A様邸は小さな路地に面した築90年以上にもなる長屋の一つで、建坪6.5坪という今まで手掛けた中で最もコンパクトなお宅です。
着工前の建物は大正から昭和初期の雰囲気がそのまま残り、時代を感じるお家でした。

▲着工前の玄関です。
▲そしてリフォーム後がこちら。限られた間口の中でも少しでも廊下の幅が取れるように収納や手すりの位置など工夫しました。
▲造作の下足入れは棚板の高さを自由に調節できます。
▲玄関からの扉を開けると、2階への階段と、リビングになります。
▲反対側から撮った写真。玄関の隣の位置にキッチンを配置しました。
▲こちらはほぼ同じアングルの着工前写真。同じ場所とは思えないですね!
▲シンプルなシステムキッチンを設置しました。
▲背面には造作のレンジ台と吊戸棚をつけました。レンジ台の下は玄関側からの収納になっています。
▲リビングの奥は洗面浴室とトイレの水回りスペース。階段下を利用してトイレと収納を配置しています。
▲階段下の収納は日用品などのストックに便利ですね。
▲トイレの床にはコルクタイルを使用しました。
▲トイレの反対側の壁には飾り棚を造作しました。奥の壁はよ~く見るとムーミン柄なんですよ。
▲以前は台所だった場所が浴室・洗面の水まわりになりました。
▲以前は無かったお風呂を新設。浴槽にもゆったり浸かれます。
▲階段はゆるやかに架け替え、手すりも取り付けました。
▲2階には造り付けデスクのワークスペースと個室を設けています。
▲ちょうど良い広さで、明るく居心地の良い場所です。
▲個室との間に設けた収納は、当初左側のみでしたが、右の階段吹き抜け側にも追加しました。
▲洋服用にはハンガーパイプのみ設置しました。
▲リフォーム前はこんなお部屋でした。
▲クローゼット扉の代わりにカーテンで仕切ることで圧迫感が少なくなります。

元々の建物はかなり年数が経っていたこともあり、交換できる柱はほぼすべて取り替え、建物の傾きも修正しました。

着工前も歴史を感じる味のある建物ではありましたが、今回のリフォームでは無垢フローリングや木製建具、自然素材の壁紙を使用して、また新しい木の魅力溢れるお部屋になりましたね!

新しいお宅でA様が快適にお暮しいただけますように。

タイトルとURLをコピーしました