TOP > お客様の声 > お客様インタビュー・マンション > マンション・S様「キッチンに立つのが楽しくなりました」

キッチンに立つのが楽しくなりました

台東区 S様

今回ご紹介するのは、台東区のマンションをリフォームされたS様です。ご家族全員お料理好きというS様こだわりのキッチンを中心に、リフォーム後の住まい心地について奥様にお話を伺ってきました。

インタビュアー 阿部 容子
(2018年9月)

ハウスデータ

築年数:37年/面積:約60m2/マンション
リフォーム内容:スケルトンリフォーム

事例紹介を見る

家族全員がこだわったキッチン

S様のお宅はキッチンが特等席ですね。ここに立つとすべて見渡せる。

そうですね。キッチンに立つのが楽しくなりました!それにすごく使いやすいです。

以前のキッチンの方が面積は大きかったですが、電子レンジがあって作業スペースはそれほど確保できていなかったのかもしれませんね。

そうなんです。はじめオーブンレンジはシステムキッチンの吊り戸棚に収まる仕様だったんですが、戸棚が壊れたらもうメーカーにはその仕様はなくなってしまっていて。仕方なくキッチンカウンターの上に置いたら、作業スペースがまな板分くらいしか残っていなかったんです。

リビングとダイニングの間にあった仕切りを取り、開放的になったLDK。

今はどうですか?

今はもう広々と作業できるようになって快適です!まな板もシンクの上に設置できるタイプなので便利ですよ~。特に息子が、キッチンが広いと言って喜んで使っています。

息子さんもご主人様もお料理されるんですものね。ご家族みんなお料理上手でいいですね~。

でも後片付けはしてくれるけど、お掃除は私がしています。
タカラスタンダードのホーローキッチンにしたから、放置した汚れも簡単にとれていいでしょと言っています。(笑)

皆様が快適に使って下さっていて嬉しいです。

ホーローのキッチンパネルは汚れが落ちやすいのでお手入れが簡単です。

このレイアウトは思いつきませんでした

キッチンのレイアウトもとっても使いやすいです。自分でもリフォームをしたいと思って間取りを色々考えたけれど、このレイアウトは思いつきませんでした。

以前は食器棚がダイニングにあったので、何度も行ったり来たりしなければいけなかったんですが、今はすぐに取り出せるのでかなり楽になりました。

食器を取りに行くのにわざわざキッチンとダイニングを行き来するのは大変ですものね。

リフォーム前のキッチン。ダイニング側にキッチンカウンターがあり、何度も行き来するのは面倒でした。

キッチンの動線は三角が一番動きが少なくて良いレイアウトと言われているのですが、間取りや条件によってはなかなか三角の動線にするのは難しいんです。
S様のお宅は、キッチン、冷蔵庫、食器棚が手を伸ばせる位置に設計できて良かったと思います。

振り向けば食器もレンジも冷蔵庫も揃っているのは楽ですね~。

食器棚も出し入れしやすくて便利です。大皿は縦に収納するようにして取り出しやすくなったので、今までしまい込んで使わなかったものも使うようになりました。息子が『こんなお皿あったっけ?』て聞くんですよ。

お皿も立てて置くとすぐ取り出せていいですね!れんげやスプーンはバスケットで区別されていてすぐに分かるし、すごく工夫して収納されていますね~!!

キッチンの背面にレンジ台、食器棚、冷蔵庫置場を設けました。

コンロの後ろに作ってもらったスパイスラックも本当に使いやすいです。今まで欲しいけど置く場所が無かったペッパーミルを買いました!

キッチンまわりでは奥行の浅い収納があると重宝するんですよ~。

そうですね!奥行が深いと奥のものはすぐ取れないから、結局使わなくなっちゃうんですよね。その点これは調味料を置くのにちょうどいい奥行で、調理中にサッと手に取れるのでお料理がはかどります。

S様の工夫で食器や調味料など、何がどこにあるか一目で分かります。

回遊式の間取りがとっても便利

キッチンから洗面室に入って廊下まで出られる回遊式の間取りがとっても便利。今まではキッチンに誰かが立っていると、後ろを『ちょっと失礼』と言って通らなければいけなかったのですが、くるくる回れるので、それも無くなりました。主人なんてどっちから行こうか、なんて迷ってますよ~!(笑)

家事動線はできればまとめたいと思っていました。以前はキッチンから洗面室に行くまでは廊下を通っていかなければならなったですが、キッチンから洗面室に直で入れた方が動線は短くなります。
マンションの条件によってできない場合がありますが、今回は回遊式の間取りをご提案出来て良かったです!

廊下に造った収納の使い勝手はどうですか?

以前はお水やお酒の置き場がなかったので、廊下に直に置いていたのですが、今回リフォームで廊下に収納が出来て、沢山入るのでお水も多めにストックするようになりました。

家事動線に行き止まりを作らず、スムーズに行き来できます。

コルクはファンが多いんです

床のコルクもすごく気に入ってます。特に主人は柔らかくていいと言っています。以前は合板のフローリングだったから、少し足触りがヒンヤリする感じでしたが、今は柔らかくて暖かくて足触りがとてもいいです。

コルクは本当に良い素材だと思います。これまでのお客様にもファンが多いんですよ~。
以前一部屋だけコルクにしたお客様から、何年か後に、寝室と子供部屋にも張ってほしいとご依頼を頂いた事があります。これから寒い季節になると、より良さを実感して頂けると思います。

S様邸は廊下も居室もすべての床にコルクを採用しました。

エコリフォームさんの人柄で決めました

お問い合わせを頂いて初めて事務所にお越し下さったのが、ちょうど今頃(1年前)でしたね~。

本当にエコリフォームさんでリフォームして良かったと思います。主人にはじめは、『そんなに早く決めちゃって大丈夫か~』なんていわれたのですが、エコリフォームさんの人柄で決めたので、『とりあえず会ってみてよ!』と言って会ったら、主人も『全然OK、大丈夫』と言ってくれたので!(笑)
今まで毎週のように会って打ち合わせしたので、打ち合わせがなくなってしまって寂しいです。近くに来た時は、お茶飲みに寄って下さいね。

もちろんです。近くに来た時はお邪魔させてください。これからもどうぞ宜しくお願いします。

棚とか収納とか増やしたくなったらまたお願いしますね!

もう結構棚多くつけた方かと~(苦笑)。

奥様が用意してくださったケーキセットはまるでカフェのよう。居心地が良いのでインタビューもつい長引いてしまいました...。

S様邸では、お部屋をすべて「本物の素材」にこだわってスケルトンリフォームさせていただきました。
今回話の中心になったキッチンの他にも、無垢材を使用した建具やオーダー家具、自然素材の壁紙など、安心で快適な暮らしのためのこだわりが満載です。
事例紹介ページでは、プランや工事中、完成の様子などを詳しくご紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。

事例紹介を見る

このエントリーをはてなブックマークに追加