清澄の家・新築 制震テープの施工

清澄の家新築・2019年3月着工

エコリフォームの西澤です。

先日は躯体に制震ダンパーを取り付けた様子をご紹介しました。この装置だけでも十分に性能を発揮しますが、今回の現場では、さらに「制震テープ」を施工し、地震への備えを万全にします。

制震テープは、厚さ1mmの粘弾性のある素材が両面テープ状になっていて、これを柱・梁と面材の間に挟み込むように貼り付けます。高層ビルの制震装置にも用いられるこの素材は、柱と面材が別々に変形しようとする力を吸収して、ズレを防ぐ効果があります。
建物全体にバランスよくテープを施工することで力が分散され、その家がまるごとダンパーになるような性能を持つそうです。

▲これが制震テープ。普通の両面テープとあまり変わらない見た目です。
▲このように柱に貼り付けていきます。
▲ボードを張って釘を打つ場所にテープがあることで、揺れによる釘の抜けや破損を防ぐことができます。

この制震テープは新築だけでなく、リフォームの場合でも施工可能です。
これまでリフォームの現場でやってきた耐震補強は、地震の揺れに耐えられる強固な家づくりを目指していましたが、これからはこうした制震技術を取り入れた、地震の揺れを少なくする家の必要性も強く感じています。

制震テープについてはメーカーのHPに詳しい紹介がありますので、興味のある方はそちらをご参照ください。
>制震テープ® | アイディールブレーン株式会社

この清澄の家ではダンパーとテープの二つの制震技術を使い、単なる地震に強い家ではなく、「揺れない家」を目指します。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました