練馬区T様邸 室内の断熱とベランダの防水工事

練馬区T様邸・2020年11月着工

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

無事に新しい年を迎え、練馬区のスケルトンリフォーム工事も仕上げに向けてスタートしました。
今回は室内の断熱材施工の様子と、ベランダの防水工事の様子をお伝えします。

まずは床下の断熱材を入れ、床の下地を完成させた後、壁や天井に断熱材を施工していきました。

▲床の下地を組みました。
▲根太の間にフクフォームecoを敷き詰めました。
▲はめ込む場所に合わせてカットしながら、隙間なく詰めていきます。
▲壁と天井の下地を作っています。
▲壁と天井の断熱にはパーフェクトバリアを使いました。
▲天井にもしっかり敷き詰めます。

床、壁、天井にしっかり断熱材を入れたので、お引越し後は外気温に左右されることなく快適にお暮しいただけると思います。

そして外では、ベランダの防水工事を行いました。

▲ベランダは傷んでいた手摺りを撤去しました。
▲防水の塗装を行っています。
▲均一に塗料を塗って乾かします。
▲後日T様を現場にご案内し、工事中の様子を見ながらお打ち合わせしました。

T様も徐々に出来上がってくる我が家を楽しみにされているご様子です。
これからは仕上げの段階に入ってきますので、工事が進むにつれて実際の生活をイメージしやすくなってくるかと思います。
完成が楽しみですね。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました