TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 耐震・断熱の素材 > フクフォームEco<断熱材>

フクフォームEco<断熱材>

築年数の長い木造住宅は、床から上がってくる冷気の影響を受けやすく、「冬がとにかく寒い!」という声がよく聞かれます。 そんなお住まいは、床の断熱をしっかりすることで、格段に快適になります。

床の断熱工事に使われる断熱材は、各社から様々なものがありますが、エコリフォームでよく採用するのが「フクフォームEco」です。

フクフォームEcoは株式会社フクビさんの床下断熱材。 リサイクルで作られたとってもエコな断熱材なのです。

床断熱とは?

冬の寒い時は部屋を温めますが、暖かい空気は上に上がっていく性質を持っています。 いくら暖房をしても床に近い部分の空気は冷たいままで、足元が寒くてたまらない、ということになります。

そこで、床断熱の出番です。

床のすぐ下に断熱材を施工することで、足元の冷気をシャットアウトし、部屋全体を暖かく保てるようになります。 暖房費も節約できて、省エネですよ。

床断熱には、断熱材を吹き付ける方式もありますが、主流なのはボード状の床下断熱材です。 中でもフクフォームEcoは、最も環境に配慮した床下断熱材と言われています。

フクフォームEcoの原料は?

  • 製紙の工程で出る産業古紙
  • 食品トレーなどを再生したプラスチック
  • トウモロコシから作られるコーンスターチ

フクフォームEcoの原料は、この3つのリサイクル素材です。 どれも、環境に優しくエコな素材ですね。

また、本来は廃棄されてしまう素材を有効活用することによって、ゴミの削減にも貢献しています。

フクフォームEcoの作り方は?

フクフォームEcoは、発泡系の断熱材です。 発泡系断熱材は、様々な種類のプラスチックを発泡剤で発泡させて作られます。

多くの発泡系断熱材では発泡剤としてガスが使われていますが、経年によってガスが空気と入れ替わり、断熱性が落ちてしまいます。

フクフォームEcoはエコな原料を使っているだけでなく、作り方もとってもエコ! ガスではなく、水蒸気を使った「水発泡」で作られているので、長期間に渡って高い断熱性を保つことができます。

化学物質も使われていないので、安心して使えます。

地球環境にも優しいフクフォームEco

フクフォームEcoは、原料と成形時のCO2排出量が、他の断熱材に比べて1/3程度です。 廃棄処理時と運送時のCO2排出量も非常に少なく、全体で見てもグラスウールのわずか1/4と、CO2削減に貢献している製品です。

また、原料を考えると当然ですが、燃やす時にも有毒ガスを発生することはありません。 省エネ基準にも対応しているフクフォームEcoは、環境配慮型の断熱材なのです。


カテゴリー:耐震・断熱の素材

このエントリーをはてなブックマークに追加