TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 耐震にかかる費用・助成金

リフォームQ&A 耐震にかかる費用・助成金

渋谷区で耐震助成金を利用する場合、区外の業者への依頼はOKですか?

区の耐震助成金を受けて改修工事をなさりたいとのことですが、渋谷区の耐震助成金をお受けになる場合、規定がございまして、耐震診断・設計・工事監理は渋谷区登録の建築士事務所でなければ行う事ができないそうです。

工事のみであれば区外の業者でも請け負うことが出来るとのことでしたが、 大変申し訳ございませんが、弊社では施工のみのご依頼はお請けしておりません。

続きはこちら

中古住宅の購入前の耐震診断と補強をするのに、助成金を受ける事は出来ますか?

まだご購入前されていない段階では、自治体の耐震助成を受けることはできません。
このお申し込みは、不動産の売買契約が済み、所有権がご質問者様に移ってからの作業となります。
助成金に関しては現在、ほとんどの自治体が昭和56年以前のお住まいに対して 耐震診断や耐震補強の助成を行っております。

続きはこちら

ローコストでできる耐震補強はありますか?

耐震の費用は、建物と現在の状態、耐震性が悪い建物か そうでないか、耐震性が悪い場合はどのくらいまで強くしたいかによって、 金額は様々なので、明確な回答をするのが難しいです。

今までの耐震で、部分的に工事したお宅で70万円でさせて頂いたお宅もありますし、 耐震工事のみで700万という建物もありました。

私共では、耐震補強もお客様のご予算に合わせてご提案させて頂いております。

続きはこちら

耐震補強で、評点1.0をクリアするための費用は?(江東区・N様)

かかる耐震補強の費用は、今現在の建物の評点により変わってきます。

現状の評点が0.2なのか、0.4なのか、 その数字から1.0に近づける、または、1.0をクリアさせるためには、 そのための必要な工事がどのくらいになるのか、によって金額が決まります。

続きはこちら

長屋の耐震補強と助成金について

耐震助成金の制度は、それぞれの区によって異なりますので その区にお問い合わせを頂いたほうが確実ですが、 長屋の場合は普通のお住まいとは違うケースが多々あります。

例えば、墨田区の例をあげますと 梁や柱がお隣と共有の場合は「長屋」と定義されて、 2軒合わせて1軒、とみなされます。

続きはこちら

木造住宅の耐震補強をしたいのですが、あまり費用がありません。

住宅は一つ一つ違っているものです。立地や敷地の形状が違うのはもちろん、使われている素材や工法、家の構造や間取りもそれぞれです。

その家の耐震補強をするべきポイントは、今の状態をしっかり把握しなければわかりません。 そこで、まずは耐震診断を行うことをオススメします。

続きはこちら

耐震リフォームをしたいのですが費用はどのくらいかかりますか?(文京区・M様)

弊社は木造住宅を専門に行っておりますので、 木造住宅の耐震リフォーム費用につきましては、よくお問合せをいただいております。

お住まいの建物の状態によって行う工事内容は変わってきますので、「これで決まり」というものが無い、というのがお答えになってしまいます。

続きはこちら


お困りごとは解決しましたか?

「まだリフォームについての疑問がある…」という方は、ぜひ私たちにメールでご質問ください。 一級建築士やインテリアコーディネーターがプロ視点でお答えします。

いただいたご質問は、リフォームQ&Aに掲載いたします。匿名でのご質問でも構いません。ぜひお気軽にご連絡ください。

メール:info@eco-reform.com


このエントリーをはてなブックマークに追加