TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 耐震補強 > コボット

コボット
左の写真にバツ字の棒が設置されているのがおわかりになるでしょうか。
このバツ字の棒とそれを四隅で支える特殊な金物のことを「コボット」と言います。

「コボット」とは、オールステンレスの耐震補強システム金物です。
国土交通省大臣認定を受けており、多くの自治体、公的機関、大学から認められた優れた耐震金物です。

耐力壁と同じ性能を発揮する「コボット」は、耐力を持たせたいけれど、壁で塞ぎたくない、といったようなケースの時に大活躍してくれます。

建物の強度面、お部屋の環境面、両方を満たしてくれるという点で、この耐震金物コボットは大変優れていると言えるでしょう。

>耐震補強の事例はこちら

■ コボットの仕組み

ステンレスの長所を生かしたしなやかな補強で、地震には心強い助っ人となる「コボット」。

厳密に言うと、左の写真の丸っこい金物が「コボット」の本体です。
本体と同じステンレス製専用パーツを組み合わせたシステムになっており様々な場所に対応することができます。

4つでセットになっており、四箇所取り付けをして、それをバツ字の棒で繋いて使用します。

角の部分が丸くなっているのは、接合部への力の集中を避け、分散させながら柔軟に受け止めるよう設計されているからです。

木造軸組工法の家の隅々をしっかり護ることはもちろん、ブレースの取付装置としても活躍し、強い壁面を構成します。

耐力壁と同等の性能を発揮することができるので、耐震補強工事では大いに活躍してくれます!

■ コボットは「しなやかさ」が強みです!

これまでの補強といえば、厚い鉄製金物を使って要所要所をガチガチに固めることでしたが、これでは、木造住宅本来のしなやかな強さが無視され、構造体としての全体的な剛性バランスが崩れてしまいます。

一方コボットは、あらゆる方向からの力に木と共にしなやかに耐え抜き、接合部へ力を集中させずに分散させながら柔軟に受け止めるよう設計されています。

全方向に粘って耐えて元に戻る腰の強さが特長です。

本体・付属の金物やボルト類のすべてがステンレス製で、強度や伸び、腐食しにくいなどのステンレスの長所を生かし、構造全体をバランスよく補強できます。

■ コボットの利用シーン

私たちエコリフォーム社では、間取りの変更を伴う耐震リフォームでこのコボットを度々利用いたします。

最近は、間仕切りを撤去してオープンな空間を望まれるお客様が増えてきました。
その際、住宅の構造上どうしても撤去できない壁(柱)が時々出てまいりますが、そんな時、オープンなイメージを損なわないで耐震補強を実現する方法として、このコボットの利用をご提案しております。

室内はもちろん、オールステンレスなので外部にも利用できます。

実際にコボットを利用したリフォーム事例をいくつかご紹介いたします。 取付後のオープンなイメージをご確認いただけることと思います。

>耐震リフォームについて詳しくはこちら


★長屋(テラスハウス)を耐震スケルトンリフォーム!

★築50年の家をリフォーム

★中古住宅をまるごとリフォーム!

★耐震補強とこだわり性能

★ご夫婦が安心して暮らせる空間
耐震リフォームについて詳しくはこちらへ
耐震補強の事例はこちら

耐震補強金物 仕口ダンパー
GDブレース コボット
荒壁パネル 防振ゴム
構造用合板 アンカーボルト
基礎に使うアラミド繊維・炭素繊維

耐震補強のポイント 耐震金物の役割について
壁の耐震補強/耐力壁について 基礎の耐震について
屋根の耐震について 耐震診断のご案内
耐震補強のご提案


このエントリーをはてなブックマークに追加