TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 床の素材 > 丈夫で長持ちの和紙畳

丈夫で長持ちの和紙畳

最終更新日:2019/04/03

「和紙畳」をご存知ですか?

普通の畳はイグサで作られていますが、和紙畳はこより状の和紙を丁寧に編み込んで作られます。

文房具などに使われる和紙をイメージすると、床材として使うには頼りないように思えますが、実はとっても丈夫な素材なのです。

丈夫な和紙畳

和紙畳は、イグサの畳よりも、摩擦に対する耐久性が高くなっています。 普通の畳のように、年数が経つとすり切れてしまうということもありません。

汚れにも強く、汚れてしまった時には水拭きすることもできます。和紙だからって、あなどれませんね。

さらに、その丈夫さを活かして、琉球畳のような畳縁(たたみべり)を使わない畳として使用することもできます。 マンションの和室では、畳縁なしにすると、インテリアと馴染みが良いですよ。

和紙畳のメリット・デメリット

経年した畳は、日焼けやささくれが気になるから、と畳を避ける方もいらっしゃいます。 その点、和紙畳は、普通の畳のように日焼けもささくれも発生しないのが、大きなメリットです。

また、和紙はイグサよりも、カビ・ダニが発生しにくいのも嬉しいところ。 カビやダニの発生が抑えられれば、アレルギーや喘息にも効果的と言われています。

デメリットとしては、イグサの香りがしないことが挙げられます。 和紙畳は和紙でできているため、天然のイグサ独特の、あのいい香りを味わうことはできません。

和紙畳の感想

実際に和紙畳を採用されたお客様からは、こんなコメントをいただきました。

「良い素材を紹介していただいてよかったです。全然和紙という感じではなくて、汚れた時もすぐ拭けるのでいいですよ。
紙は水に弱いイメージでしたが、和紙畳は全然そんなこともなく、気に入ってます。」

和紙畳は、イグサで作られた畳のような自然な質感がありながら、メンテナンスがしやすく、身体にも優しい優れものです。 一度試してみる価値あり!だと思います。

和紙畳を採用された事例

お子様のアレルギーも考慮して、和紙畳を選ばれた方のリフォーム事例をご紹介します。 ごろごろ寝転がっても、アレルギー症状が出ないということで喜ばれました。


カテゴリー:床の素材

このエントリーをはてなブックマークに追加