TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 間取り・居室の変更をしたい > 間取り変更はどこまで可能なのでしょうか?(江東区・O様)

間取り変更はどこまで可能なのでしょうか?(江東区・O様)

江東区の戸建ての家に住んでいます。

老朽化と家族構成の変化に伴い、大規模なリフォームを計画しており、間取りも大きく変えたいと考えています。 どこまで変えることができるものなのでしょうか?

A. 間取りをどこまで変更できるかは、建物の構造によって大きく変わります。

【RC造・鉄骨造】

RC造や鉄骨造の場合、室内の柱や壁で建物の構造を担っていることが少ないので、 部屋のレイアウトを替えることは、木造住宅に比べると容易に出来る場合が多いです。

【木造】

一方、木造住宅の軸組構造や2×4工法などの建物は、室内の柱や壁が構造体の一部となって いますので、間取りの変更には制限が出てくる場合が多くあります。

軸組工法の場合には、屋根や上階の荷重を受けている柱や、通し柱を安易に撤去することは、建物の強度を落としてしまいますので、撤去の際には、それに変わる強度を補わなければなりません。

既存の建物の構造を十分に把握したうえで、お客様のご要望に添った間取りに近づけていくことが必要です。それには、既存のものを活かしながらご要望をかなえる設計力が必要になるでしょう。


【2×4工法】

2×4工法に関しては、壁自体が構造体となっている場合が多く、間取りの変更は 建物の特性上難しいといえるでしょう。


間取り変更に伴い、水周りを移動する場合は・・・

住宅設備(キッチン、浴室、洗面、トイレ)の場所を移動する場合には 給排水の配管の経路、換気扇のダクトの経路なども検討しなくてはなりません。

キッチンや浴室を一階から2階へ移動する場合、配管も重要ですが、重いものが 上に行くわけですから、補強が必要となる場合もございます。

浴室を1階から2階に移動されたお客様の補強工事中の写真です。

» この事例の詳細はこちら

間取り変更をする際、気をつけなければならない点

間取り変更をする際には、構造を熟知した、施工業者や大工さんの意見を聞きながら、慎重にリフォームの計画をしていきましょう。

重要なことは、今の建物の状態より強度が落ちてしまうようなリフォーム工事ならば行わないことです。




◆ 大きく間取りを変更したリフォームの一例です

このエントリーをはてなブックマークに追加