TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 狭小住宅のリフォームをしたい > 狭小住宅のリフォームにおすすめのキッチンは?(新宿区・M様)

狭小住宅のリフォームにおすすめのキッチンは?(新宿区・M様)

我が家は、新宿区にある、いわゆる狭小住宅です。
キッチンも広くないので、あまり大きい物は設置できません。
でも、狭いながらも使いやすいものを選びたいと思っています。アドバイスをお願いします。

A. キッチンを選ぶときのポイントと、参考になる事例をご紹介します。
限られた土地の中に沢山の住宅が密集している都内では、 なかなかキッチンスペースを広く取れないというお宅が多くありますので、 ご質問者様のように狭小の場合、キッチンはどのようなものが 良いですか?とご質問を頂く事があります。

狭小住宅の場合、

・どの位、収納する雑貨や食器があるかどうか?
・キッチンに同時に立つ人は何人か
・どのくらいの頻度で使うの?


といったことを視野に入れ、ライフスタイルにあったキッチンを選ばれる 事が一番かと思います。


■ 収納

狭小住宅の場合、おすすめなのは、コンパクトで無駄なスペースが無く、 限られたスペースでも有効に収納を使えるキッチンがお勧めです。

キッチン周りはどうしても細々としたキッチン用品であふれてしまいます。 そのような雑貨類が、すっきりと収納できるキッチンだったら、限られたスペースであっても便利に使えますよね。

キッチンメーカーさんによって、様々なアイディア収納搭載のキッチンが出ていますので、それぞれの特徴を踏まえてご自身の使い方に合ったキッチンを選びましょう。

おすすめのキッチン収納のタイプをご紹介します。

★足元まで引き出し式の収納になっているもの
★コーナー部分の収納が引き出せるタイプのもの
★シンクの部分が収納になっているもの
★吊戸の下についている便利な収納


■ サイズ

狭小住宅の場合は、限られたスペースにキッチンを収めなければなりませんので、 キッチンのサイズの幅のバリエーションを広く展開しているメーカーさんのものを 選ぶ事が大切です。

例えば、私どもへ以前リフォームをご依頼くださったS様邸では、 限られたスペースにキッチンをすっきり収納するために、サイズのバリエーションが広い 「LIXILサンウェーブ」さんのキッチンをお選びになりました。

【S様邸のキッチン選びは・・・】

S様邸では、キッチンの幅だけではなく、奥行きもとても重要なポイントでした。

対面キッチンにされることになったのですが、キッチンと背面収納との間のスペースがあまり取れないため、 奥行き65cmのキッチンの後ろに、一般的な奥行き45cmの背面収納を設置してしまうと、 作業するためのスペースの隙間が狭くなってしまいそうでした。

S様は、お二人でキッチンに立つことが多いとのことでしたが、作業スペースの隙間が狭いと、お二人が入るにはかなり厳しい狭さになってしまうでしょう。

そこで、45cm以下のキッチン収納サイズまで揃えられているサンウェーブさんのシステムキッチンを採用され、奥行き30cmの背面収納を設置されました。

ただ、奥行き30cmのキッチン背面収納だと電子レンジなどの家電製品が置けないため、 作業に影響の無いところに奥行きのあるをカウンターを造作し、対応いたしました。


限られた広さなのに無駄なスペースができてしまったり、 逆に無理に入れ込んで作業スペースが狭くなってしまった、などといった事態になってしまっては、 せっかくの新しいキッチンでもがっかりです。 上で紹介したS様邸のように、限られたスペースである場合は、よくよく計画をしてからキッチンを選ぶ必要があります。

特に木造のお住まいの場合、構造上取り外せない壁や 柱があります。その中でキッチンと収納を 収めなければならないため、なおさら注意が必要です。


■ ぴったり収めるにはオーダーキッチンもおすすめ

もし、メーカーのキッチンを入れるのが難しい場合は、オーダーの造作キッチンにするという手もあります。
ミリ単位で造作できますので、限られたスペースにもピッタリはまりますし、 収納などもカスタマイズする事ができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加