TOP > リフォームお役立ち情報 > エココロ通信 > 人にやさしい住宅リフォーム情報誌「エココロ通信」 2018年1月号

人にやさしい住宅リフォーム情報誌「エココロ通信」 2018年1月号

人にやさしい住宅情報誌 エココロ通信

リフォームと暮らしに役立つ情報をお届けするエココロ通信。
今月は、江戸川区の戸建てリフォームに、お雑煮やおせちなど日本全国のお正月情報をご紹介します。 人気のスタッフコラムは「シャンシャン、玉ねぎ皮茶、高尾山、成人式、クリスマスマーケット」の5本です。

スタッフコラム

ちょっとだけ地球のために 子パンダのシャンシャン

塩谷 理枝

一般公開も始まった子パンダのシャンシャンがとっても可愛いですね。コロコロ、モコモコして本当にぬいぐるみみたいです。上野動物園に行ったら、私もあの可愛い姿が見られるのかと思っておりましたが・・・甘い考えでした。

シャンシャンの観覧は抽選になっていて、1日400組が観覧できるそうですが、見られるのはわずか1分ほどだとか。申し込みが殺到して、当選確率も大変に低いようです。残念ですが、映像で我慢することにしましょう。

さて、パンダが日本に初めてやってきたのは、昭和47年のことです。この年、日中国交正常化を記念して、ジャイアントパンダの"カンカン"と"ランラン"が中国から贈られました。パンダを一目見ようと、上野動物園には2キロもの列ができたと言います。私は当時小学生でしたが、今でもよく覚えています。熊なのに不思議な白黒の模様が愛くるしくて、たちまち物凄い人気者となりました。

あれから45年が経ち、日本国内で飼育されているパンダの数は、シャンシャンが生まれて9頭になったそうです。和歌山のアドベンチャーワールドにはパンダが5頭もいるんですよ。知ってましたか?兵庫県の神戸市立王子動物園に1頭、そして上野動物園にはシャンシャンとお父さんのリーリー、お母さんのシンシンと、3頭のパンダがいます。

パンダは繁殖が難しいとされていますが、和歌山のアドベンチャーワールドでは、これまで16頭のパンダが誕生し、14頭が無事に成長しているそうです。凄いですね。上野動物園で5年ぶりに生まれたシャンシャンがこれからも元気にすくすく育ってくれることを楽しみにしています。

写真:上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト http://www.ueno-panda.jp/

インテリアのあれこれ♪ 玉ねぎの皮茶

コーディネーター 千葉 容子

春にリフォームをさせていただいたS様が、ご自宅にご招待くださいました。丁寧に作られた薬膳料理をご馳走になり、どのお料理も本当においしかったです。作り方や効能など色々教わった中で、すぐに生活に取り入れられそうな「玉ねぎの皮茶」をご紹介します。

いつも捨ててしまっている、かさかさしたオレンジ色の玉ねぎの皮。この皮にたくさん栄養が含まれているってご存知でしたか?玉ねぎの皮には、ポリフェノールの一種のケルセチンが含まれていて、このケルセチンが良い効果をもたらしてくれるそうです。

ケルセチンは非常に強い抗酸化作用があり、老化やガンの原因となる活性酸素を除去すると言われています。玉ねぎの皮には白い部分の30倍のケルセチンが含まれていて、ケルセチンは胃腸の調子も整えるため、アレルギーの改善やダイエット、血管年齢を若返らせる効果もあるそうですよ。

作り方は簡単です。玉ねぎの皮(無農薬の玉ねぎがベスト)を水洗いした後、1週間ほど乾燥させます。天日で乾燥させた方がケルセチンが増えるのでおすすめです。乾燥させた玉ねぎの皮を、沸騰したお湯1リットルに3、4枚入れ、10分くらい煮出したら完成です。

玉ねぎの皮茶は、ルイボスティーのように赤みがかった琥珀色の綺麗なお茶です。玉ねぎのにおいや味はほとんどないので、そのままでも飲みやすいのですが、はちみつやショウガなどでアレンジすると、また味が変わって楽しいと思います。

今までゴミとして捨てていた玉ねぎの皮が、お茶になるなんてびっくりです。皆様も試してみてください。

遊ゆうコラム 高尾山に行ってきました

コーディネーター 梅田 裕子

休日の朝、天気が良いからどこかへ行こうという話になり、一回は登ってみたかった高尾山へ行くことになりました。

高尾山のふもとについたのが12時過ぎだったので、まずは腹ごしらえということで、お蕎麦を食べてからいざ出発。果たして山頂まで登れるのか、山頂までどのくらいの時間がかかるのかもわからないままでしたが、ふもとの地図でロープウェイやリフトがあることを知りました。

今回はそれらを使わずに、頑張って登ってみることにしましたが、登りはじめは急勾配だったので、早くも息切れ状態でした。 「山頂までは無理かもしれない」と諦めかけましたが、しばらく行くと勾配が緩くなったので、さくさく登れるようになりました。

途中、お寺にお参りしたり、一休みしてお団子を食べたりと、見どころもたくさんあったので、楽しみながら登ることができました。外国からの観光客の方々もたくさん登っていました。

頂上に到達すると、見晴らしの良い景色と澄んだ空気に包まれ、「なんとか頂上まで登れた!」という達成感で、とても気持ちが良かったです。下山はやっぱりロープウェイを使用しました。楽しいお散歩コースでした!

いつでもハシを 娘の成人式

経理担当 権守 久美子

今年、娘が成人式を迎えます。長男の時は、写真も撮らずにあっさりと済ませてしまいましたが、今度はそういうわけにいきません。

2年も前から次々と届き始めた呉服店のパンフレットを見ると、どの着物も可愛く華やかで、親としては少々高くても...と覚悟していたのですが、なんと娘は「せっかくだし、お母さんの成人式の時の着物でいいよ」と言ってくれたのです。とても嬉しく思いました。

とは言え、30年前の着物ですので、全くそのままでは昭和感が漂ってしまいます。呉服店で帯と小物を新しい物に替えて、現代に合うようにアレンジしてもらうことにしました。

そして先日、撮影を済ませてきました。髪飾りは、「着物に椿が描かれているから、髪飾りも椿にしたい」と娘が手作りした物です。着付けの方が褒めてくださり、それならばと、帯揚げも椿のように仕上げてくれました。

何ポーズもの写真を撮り、半日がかりの撮影でしたが、おめかしした娘はいつもよりちょっと大人びて見えました。娘と一緒にいられるのもあと少しなのかな...としみじみ思った母でした。

身になるはなし 楽しいクリスマスマーケット

Web担当 柴田 江身子

先日、横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケットに行ってきました。

クリスマスマーケットは、主にドイツなどでクリスマス前の1ヶ月くらいやっている縁日のようなもので、日本でも日比谷公園とか六本木ヒルズとかスカイツリーあたりでやっているようです。

それなのに、なぜわざわざはるばる横浜まで出かけていくかというと、そこにビールがあるからです!いや、他の会場でもビールは飲めるんですが、お気に入りのドイツビール、ハッカープショールは横浜でしか飲めないと聞いて行ってきました。

実に華やかでクリスマスムードたっぷりの会場で、カップルの皆さんが写真を撮りまくっているのを横目に、寒さに震えながらビールを飲むというのもなかなかオツなものです。しかし3杯飲んだら体が冷えてきたので、シュトーレンを買って家路につきました。

クリスマスマーケットでは、ホットワインやドイツのソーセージなども楽しめるし、クリスマス雑貨も売っています。寒い時期なのでビールはそんなにおすすめしませんが、来年のクリスマスにはぜひ出かけてみてくださいね。

<エココロ通信TOP

このエントリーをはてなブックマークに追加