TOP > リフォームお役立ち情報 > 暮らしを楽しむ > 夏にぴったり!おいしい冷茶を作ってみよう。

最終更新日:2021/09/03(2021/08/17公開)

夏にぴったり!おいしい冷茶を作ってみよう。

夏にぴったり!おいしい冷茶を作ってみよう。

ペットボトルのお茶も手軽でいいですが、
自分で茶葉から入れたお茶は風味が格別。
今回は冷茶の作り方やアレンジアイデアをご紹介します。

イメージ
 

暑~い外から帰って冷た~い飲み物を飲むときの幸福感は、この季節ならではのものです。
ビールや炭酸飲料もいいですが、いつも飲んでいるお茶だって、夏らしく冷たくしてみると、意外なおいしさを新発見できますよ。
今回は夏におすすめの冷茶について、作り方やアレンジアイデアなどをご紹介します。


<煎茶を冷茶で楽しむ>

ペットボトルで飲む機会が多い冷たい煎茶ですが、自分で作ってみると香りや味わいがやっぱり違います。作り方によって味も変わってくるので、あれこれ試してみてください。


 水出し

水出しすると渋みや苦みが出にくくなり、甘みや旨みが引き出されやすくなるそうです。水1リットルに対して茶葉を10g入れ、3~6時間冷蔵庫に入れたら完成。抽出中にポットを振ったりスプーンで混ぜたりすると、渋みが出やすくなるので避けましょう。

 
イメージ

 氷出し

水出しよりさらにゆっくりと抽出できるので、よりまろやかな味わいになります。500~700mlのポットに対して茶葉を10g用意。ポットの底に茶葉を敷き詰め、容器が一杯になるまで氷を詰めて常温に3~4時間置けば完成です。

 

 熱湯氷出し

熱湯で抽出するのでキリッとした苦みと爽快感があります。朝、気持ちをシャキッとさせたいときなどに。ティーポットに茶葉を10g入れ、熱湯を100ml注いだらすぐに氷を約200g入れます。冷水を継ぎ足せば2煎目も楽しめます。


<あのお茶を冷茶で楽しむと?>


冷茶がおいしいのは煎茶だけではありません。お好みのお茶を冷たくして楽しみましょう。

イメージ
 
  • ウーロン茶...水出しにすると苦みが抑えられるので、爽やかで軽い飲み口になります。
  • 紅茶(アールグレイ)...ベルガモットの香りはそのままに、角がとれたやさしい味わいに。
  • ジャスミン茶...苦みや渋みが抑えられ、ジャスミンの華やかな香りが際立ちます。
  • 玉露...水出しや氷出しにすると特有の甘みや旨みが凝縮。最もおいしい飲み方といわれています。
  • 玄米茶...熱湯で抽出してから氷で急激に冷やすと、玄米の香ばしい香りが引き立ちます。

<冷茶のアレンジアイデア>


おもてなしのときなどに、冷茶をちょこっとアレンジしてみると、カフェっぽくおしゃれになります。

 ドライフルーツ冷茶

水出し緑茶を作るとき、適当な大きさにカットしたドライフルーツも一緒に。緑茶の清々しい香りとドライフルーツのほんのりした甘みがマッチします。


 桃ほうじ冷茶

水出しほうじ茶を作るとき、皮をむいて適当な大きさにカットした桃も一緒に。桃はあまり小さくしない方がおすすめです。桃の甘さとほうじ茶の香ばしさが意外と合います。

 
イメージ
イメージ
 

 ミント冷茶

熱湯氷出しで緑茶を作るとき、ミントの葉も一緒に。緑茶とミントは相性がよく清涼感抜群で、夏にぴったりです。


 緑茶氷冷酒

粉末緑茶を水に溶かし、製氷皿に入れて凍らせます。緑茶氷と日本酒、または焼酎をお好みの割合でグラスに入れるだけ。熱帯夜の晩酌にいかがですか。

 

水出し冷茶は放っておくだけなので手間いらず。
寝る前やお出かけ前などに冷蔵庫にセットして
おいしい冷茶を楽しみましょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加