TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 暑さ・寒さを解消したい > 古い木造の家です。冬寒くて困っています。リフォームで解決できますか?

古い木造の家です。冬寒くて困っています。リフォームで解決できますか?

建ってから既に40年近く経過している木造の古い家に住んでいます。
新しい家に比べると、とにかく冬の寒さがこたえます。特に、1階が寒く感じます。

こういった悩みはリフォームで解決可能でしょうか。

A. リフォームで気密性を高め、断熱を施すことで冬も暖かい家になります。
冬が寒い家は「気密」と「断熱」に問題があります

私たちも、リフォームの相談をいただき、ある程度、経年した戸建の住宅に伺うと、 お住まいの方のご要望として「寒さをどうにかしたい!」というお話しをたくさんいただきます。

そういった古いお家の寒さを軽減するには、暖房をどんなに充実させても解決はしません。

暖房器具を増やして部屋を暖めても、結局は、光熱費が上がるばかりということになってしまいます。

では、どうすれば良いの?ということになりますが、 答えは建物の「気密性」を高め、断熱を施すことでしょう。

冬が寒いという事は、その家の「気密」と「断熱」に問題があります。

つまり、暖房設備などによって室内の温度を上昇させても、それを保つ事が出来ないという事です。

ですから、「気密性」と「断熱性」を上げる事によって、 小さな暖房のエネルギーでも十分に暖かな空間が実現できるようになります。

気密性を上げるには・・・

家の気密性を上げるには、窓を気密性能の高い新しいサッシに替えるだけでも効果があります。

ガラスをペアガラスにすることで、格段に外気の影響を受けにくくなり、結露対策にも有効です。

隙間風などが入ってしまうお宅の場合には、内部から補修を施し、外気の侵入を防ぐことが可能になります。

日本家屋は窓が非常に多い建物です。ガラス面は外気の影響を非常に受けやすいので、窓の断熱は非常に重要です。

断熱性能を上げるには・・・

経年したお宅の場合、壁、床、天井の断熱材が不十分な場合がほとんどです。

まったく入っていないお宅も珍しいことではありません。また、入っていたとしても、断熱材が湿気を吸って下に落ちてしまっていたり、十分な量がなかったり、といったことがあります。

断熱材は、ここ数年で高性能なものが、出回るようになりました。 リフォームで断熱性能を上げるには、内部の壁を一旦剥がし、新しい高性能な断熱材を施工していきます。

特に、木造住宅の1階の床が寒いという場合、100%に近いくらい床に断熱が施されておらず、床下の冷たい空気が室内に入り込んでいます。

床も断熱をしっかり施工し、出来れば合板のフローリングは避けて、蓄熱をしてくれるような無垢のフローリングやコルクタイルにすると良いでしょう。

湿度も適度に保てる家にする

そしてもう一つ、湿度の問題も忘れてはいけません。

湿度によって体感温度は変わってきますので、同じ温度の部屋でも、乾燥した部屋と、適度に湿度のある部屋では、湿度のある部屋のほうが暖かく感じるのです。

気密や断熱をしっかりした上で、調湿をしてくれる素材を室内に施工することも、寒さ対策にとても有効です。

つまり、冬暖かい住まいにすることは充分可能です

多くの古い木造住宅は、性能という点においては、高い気密性、断熱性を持った現在の住宅と比べると、劣っているということは否定できませんが、(今の木造住宅は性能が上がっていますのでそんな事はありません。)それをリフォームによって住みやすく改善する事は、充分可能です。

適切な施工をして、温熱環境を司っている空気と上手く付き合える家にするというのがポイントです。

ただし、気密化された住宅は、室内の仕上げ材にも充分気をつけた方が良いと思います。 「シックハウス」という、別の問題が起きてしまうケースもありますので、要注意です。


◆ 木造住宅を断熱施工したリフォーム事例はこちらをご覧下さい。



お困りごとは解決しましたか?

「まだリフォームについての疑問がある…」という方は、ぜひ私たちにメールでご質問ください。 一級建築士やインテリアコーディネーターがプロ視点でお答えします。

いただいたご質問は、リフォームQ&Aに掲載いたします。匿名でのご質問でも構いません。ぜひお気軽にご連絡ください。

メール:info@eco-reform.com


このエントリーをはてなブックマークに追加