フリーダイヤル0120-292-575

リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 耐震補強

耐震補強で使う様々な設備や金物を紹介しています

このエントリーをはてなブックマークに追加

耐震補強


基礎の強度を補うために、比較的簡単に施工ができるのが、アラミド繊維、炭素繊維といった、シートのような補強材です。

続きは・・・ >

アンカーボルトとは、木造住宅において、基礎と建物本体をつなげるボルトのことです。

地震の際、建物が基礎から引き抜けてしまうのを防いでくれる、とても大切なものです。

続きは・・・ >

構造用合板とは、名前のとおり、構造上主要な部分に使われる合板の事で、 通常の合板とは異なります。

木造住宅の耐震補強をする際にも多く用いられ、私共の行う工事でも、毎回使用している建材です。

続きは・・・ >

今回は、地球にも人にも優しい荒壁パネルをご紹介したいと思います。

「荒壁」って、どんなものかご存じですか?

土壁は、仕上がるまでにたくさんの工程を経てできあがるものなのですが、 荒壁とは土壁を施工する際に一番最初に塗り始めるもののことを言います。

小舞竹と呼ばれる竹を格子状に編んだ下地に、土と藁スサなどを混ぜ合わせた荒壁を塗るのです。


続きは・・・ >

今回は、GDブレースという耐震金物をご紹介します。
GDブレースは、外付けタイプの筋交い金物です。

耐震補強を行う際、「ここは耐力壁にした方が良い」という箇所に、様々な事情によって壁を造れないという場合、 こちらの「GDブレース」を取り付けることで、耐力壁があるのと同じ効果を得られるというものです。

続きは・・・ >

カネソウ株式会社さんが開発した、優秀な性能を持つ金物「仕口ダンパー」です。

名前の通り、柱、梁の仕口部に取り付ける金物です。

仕口とは、柱と梁の交点を指す専門用語で、この部分の強さが軸組工法による木造建物の耐震性能を左右します。
しかし、仕口を金物などによってあまりに強固にしてしまうと、逆に柱と梁を傷めることになります。

ダンパーは、梁や柱を傷めることなく、地震による建物の揺れのエネルギーをしなやかに「吸収」してくれる、優秀な装置なのです。

続きは・・・ >

地震に対抗するため、無くてはならない耐震補強金物。

耐震補強金物は、完成すると壁に隠れて見えなくなってしまう箇所ですが、 住む人の命を守る家にするための、とても重要なパーツなんです。

続きは・・・ >

ガーディアンウォール工法は、外壁補強だけでなく室内側より天井や床を壊さないで補強工事ができる工法です。

続きは・・・ >

木造住宅の土台に使用する床下換気工法用「防振ゴム基礎パッキン」です。

続きは・・・ >

一般補強金物の3倍の耐震強度があります。

続きは・・・ >

自然素材のトップページへ

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら