TOP > リフォームお役立ち情報 > お役立ちアドバイス > インテリアのアドバイス > 家の構造上、壊せない壁の上手なアレンジ方法

家の構造上、壊せない壁の上手なアレンジ方法

"2部屋に仕切られた壁を外して1部屋にしたい"とご要望されるお客様もたくさんいらっしゃいますが、建物の構造上、中には簡単に取り外せない壁もございます。

そんな耐震壁を活かした事例をご紹介させて頂きます。

"2部屋に仕切られた壁を外して1部屋にしたい"とご要望されるお客様もたくさんいらっしゃいますが、建物の構造上、中には簡単に取り外せない壁もございます。

そんな耐震壁を活かした事例をご紹介させて頂きます。


耐震壁を活かした施工事例のご紹介

こちらの間仕切り壁には撤去できない柱が中に入っていました。それでも、"なんとか部屋のつながりを持たせたい"とおっしゃるお客様の強いご要望を受け、このような本棚をご提案させて頂きました。


構造壁を活かした施工事例

構造上外せない柱はきちんと残し、壁部を一部くりぬいて棚を設置しています。
くりぬき部分を通してお部屋の向こうが見渡せるため、お部屋間のつながりを損なうこともありません。

元来こちらの柱(壁)の厚みは12cm程度でしたが、それをあえて30cm厚に増やし、A4サイズの本も楽に納められるサイズに致しましたので使い勝手も○(マル)。
お部屋のアクセントとしても効果的に機能しています。

リフォームには何かと制約がつきものですが、ちょっとしたアイディアでより素敵な空間造りができるのも魅力ですね。


◆ リフォームの事例もこちらからご覧下さい

キッチンを囲んだ住まい

こだわりの無垢の床

デザイン リフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加