TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 耐震・断熱の素材 > その他の耐震補強金物(筋交いプレート・ホールダウン金物・他)

その他の耐震補強金物(筋交いプレート・ホールダウン金物・他)

耐震補強金物は、地震に強い住宅を実現するためになくてはならないものです。 通常、建物の内部に設置するものなので、リフォームが完成すると見えなくなってしまう部材ですが、万が一の時に命を守ってくれる、とても重要なパーツです。

ここでは耐震補強金物の役割や、耐震補強に使われる金物をいくつかご紹介します。

木造住宅と耐震補強金物

日本の木造住宅の多くは「木造軸組構法」で建てられています。 柱や梁などの軸組と呼ばれる材料で造った骨組みで建物を支える工法で、在来工法とも呼ばれます。

木造住宅に使われる木材はしなやかで強い素材のため、そう簡単に折れることはありません。 しかし、木造軸組構法の建物は、短い木材をつないで造られるため、つなぎ目の部分が弱点となります。

地震や台風などで強い力がかかり、木材のつなぎ目がゆるむと、建物が倒壊する恐れがあります。 耐震補強金物は、木造住宅のこうした弱点を補い、地震に強い建物を実現します。

地震によって木造住宅の1階が倒壊するのも、木材のつなぎ目が原因です。動画で詳しくご紹介します。

耐震補強金物の歴史

耐震補強金物は、関東大震災をはじめとする大きな地震を教訓として、大きな犠牲のもとに開発されてきました。 現在では、様々なテストの結果を受けて、耐震補強金物の強度が認定されるようになりました。

また、耐震補強金物は、適正な位置に正しく施工することによって、効力を発揮します。 平成12年、建築基準法・建設省告示第1460号により、木造住宅用の接合金物を正しく施工することが義務付けられました。

耐震補強金物は、どの木材に設置するかによって効果が違ってくるため、木材の特性を理解した上で施工することが重要となっています。

様々な耐震補強金物

一口に耐震補強金物と言っても、各社から様々な製品が開発、販売されています。 いくつかの代表的な金物と、その役割をご紹介します。

筋交いプレート

筋交いは、柱と柱の間に斜めに入れる部材です。 筋交いを入れることで、地震の横揺れに抵抗する力が増し、建物の倒壊や変形を防ぎます。

しかし、大きな地震では、横揺れだけでなく縦揺れも発生して、この大事な筋交いが外れ、建物の倒壊につながる危険性があります。

そこで、柱と筋交いを固定する「筋交いプレート」の出番です。 筋交いプレートは主に鋼板で作られ、数本のボルトで柱と筋交いの両方にしっかりと固定されます。 筋交いが力を最大限に発揮できるようにサポートするのが、筋交いプレートなのです。

SANJIKU(三軸)金物

「SANJIKU金物」は、株式会社丸久さんが開発・販売している耐震補強金物です。 しなやかで粘り強い木材の優れた特性を活かす構造で、耐震性を大幅にアップします。

筋交いプレートと同様に筋交いを固定するだけでなく、柱と梁などの接合部を面で補強します。 3方向から固定するため、横揺れ、縦揺れに限らず、多方向からの力に強いのが特長です。

ホールダウン金物

ホールダウン金物は、柱と土台、柱と梁をしっかり固定する耐震補強金物です。

大きな地震の際、建物には横からの力が加わります。

筋交いがないなど、強度が不足している壁は、横からの力で柱が折れたりゆがんだりして、倒壊の危険があります。

筋交いが入っているしっかりした耐力壁は、折れやゆがみはありませんが、土台から柱が抜ける「引き抜き力」が発生します。 ホールダウン金物は、この引き抜き力によって、柱が抜けてしまうことがないように固定するのです。

ホールダウン金物は通常、柱の上と下に設置します。

現在では建設省告示1460号に基づく設置義務がありますが、スケルトンリフォームの対象となる古い木造住宅では、ホールダウン金物が設置されていないことも多くあります。

また、建物が完成すると見えなくなってしまう部分ということもあり、新しくてもホールダウン金物がきちんと施工されていない建物もあるようです。 耐震補強は信頼できる工務店などに依頼することをオススメします。

アンカーボルト

アンカーボルトは、木造住宅の基礎と建物本体をつなげるボルトです。

地震の際、横からの力で「引き抜き力」が発生しても、柱が基礎から抜けないようにするのがアンカーボルトの役目です。 建物と基礎がズレるのを避け、建物の倒壊を防ぎます。

アンカーボルトは、柱の下や、土台に隙間がある箇所などに、必要に応じて設置します。

アンカーボルトの直径や設置する位置、間隔が決められていて、適正な位置に正しく設置することで、威力を発揮します。

いくら強い基礎を造っても、しっかりした耐力壁の建物を造っても、基礎と建物が固定されていなければ意味がありません。 地震の心配をしないで安心して暮らすために、アンカーボルトはとても大切な役割を果たしています。

動画で知る耐震補強金物

耐震補強金物の役割や使い方を、一級建築士の塩谷敏雄が動画で解説します。

 

耐震補強金物の仕口ダンパー・コボット・GDブレースの3つについては、別のページで詳しくご紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。


カテゴリー:耐震・断熱の素材

このエントリーをはてなブックマークに追加