TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 施主支給のリフォーム > 玄関のドアを自分で購入し、リフォームできますか?(新宿区・F様)

最終更新日:2018/04/19

玄関のドアを自分で購入し、リフォームできますか?(新宿区・F様)

新宿区にある古い戸建て住宅に住んでいます。
玄関ドアが古くなって建て付けが悪くなり、交換したいと思います。

玄関のドアを自分で購入し、交換することはできますか?
予算が無いので、DIYリフォームできればありがたいのですが・・・。

A. 購入は不可能ではありませんが、DIYで設置されるのは難しいと思います。

玄関ドアの購入は不可能ではありませんが、注意が必要です。
また、ドアをDIYで設置するのは難しいと思いますので、専門の業者に依頼することをおすすめします。

 

◆玄関ドアの購入について

玄関ドアを購入する時は、注意が必要です。

玄関ドアのサイズを間違えたり、ドアの開きの左右を間違えて購入された場合は、設置することができません。
玄関ドアは、一般的に高価なものですから、大きな損害を被ることになります。

また、もとの玄関の形状により、設置が難しかったり、設置できなかったりする玄関ドアもあります。

以前、インターネットで購入した玄関ドアを施主支給するので設置してほしい、というご依頼をいただいたことがあります。
取り付けにうかがってみると、そのお客様の玄関には設置できないタイプの玄関ドアだとわかりました。

この時は返品することができたそうですが、返品にも手間がかかり、時間もロスしてしまいました。 中には返品不可の商品もあるので、注意したいところです。

ご自分で玄関ドアを購入して、工務店さんやリフォーム会社さんに施主支給の形で設置を依頼する場合は、事前によく相談してから購入された方がいいでしょう。

 

◆DIYでの玄関ドア設置をおすすめしない理由

DIYで玄関ドアを設置するのは、専門の知識や工具がないと難しいものです。 専門の業者さんに依頼されることをおすすめします。

玄関ドアは外部と接する部材です。万が一、施工不良により外から雨水などが入ると、建物自体の寿命を縮めてしまう恐れがあります。

また、元の玄関ドアと同じサイズの玄関ドアを購入したとしても、設置の際には、ドアまわりの他の箇所を傷つけてしまいます。
ドア枠や外壁、建物内側のクロス、玄関床のタイルなどの補修が必要になることもあります。

既存のドア枠をそのまま使用して、上から設置できるリフォーム用の玄関扉もありますが、こうした製品であってもDIYでの設置は難度が高いです。

 

◆玄関ドアの施工不良は何が問題・・・?

玄関ドアに施工不良があり、気がつかないうちに水が建物に入り込んでいた時が問題です。

木造住宅では、内部の構造部分に水が入ると、柱などが腐って腐朽菌が発生します。 この腐朽菌、シロアリの大好物なのです。

柱に腐朽菌が発生し、その柱がシロアリに食べられると、建物が傷んでしまいます。
建物の力は著しく低下して、最終的には地震や台風などに耐える力が無くなり、最悪の場合には倒壊してしまうことになります。

木造住宅以外の建物でも、水が侵入することは、建物の寿命を縮めることにつながります。
ちょっとした施工不良くらい・・・と思われるかもしれませんが、建物に水を入れないというのは、それほど重要なことなのです。

 

玄関と玄関ドアに関連する情報です。こちらもあわせてご覧ください。

●目的別リフォームプラン:玄関のリフォーム

玄関は家の顔です。玄関ドアを引き戸にしたり、玄関収納を整えたりと、様々な玄関のリフォームをご紹介します。

●マンションの玄関リフォーム

マンションは戸建て住宅とは異なり、ドアを自由に変えることはできないなど制約があります。それでも玄関扉の内側や床部分のリフォームは可能です。

●アドバイス:玄関ドアの防犯リフォーム

玄関ドアをリフォームするなら、防犯にも気をつけたいですね。防犯性の高い玄関ドアの選び方をアドバイスします。

●マンション玄関のタイル工事の様子

こちらはドアではなく、玄関床のタイル工事ですが、プロの職人さんに頼むとこんな丁寧な仕事をしてくれます。


カテゴリー:施主支給のリフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加