HOW TO リフォーム > 東京23区のリフォーム助成金情報 > こんなにもらえる?! リフォーム耐震助成金│東京都台東区の木造住宅改修

東京都台東区の木造住宅。耐震助成金を使ってリフォームしませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
東京23区の耐震助成金情報
あなたのお家は大丈夫?

地震の多い日本国。
地域別に耐震改修などの助成金制度があるのをご存知ですか?

耐震改修などの助成制度データをまとめてみました。
データソース:台東区公式サイト
(2017年4月9日現在の情報です)
東京都台東区 木造住宅の耐震助成金情報
台東区/木造住宅耐震診断・耐震改修助成事業
耐震診断助成

① 対象となる建物
区内で昭和56年5月31日以前に建築された木造建築。

② 対象者の要件
区民であること。区民税の滞納が無いこと。

③ 補助支払い限度額
15万円

④ 補助率(上限)
1/1

⑤ 備考
予備調査及び本調査を含む

補強設計助成

① 対象となる建物
区の助成を受けて耐震診断を実施し、建築物の診断をして評点で1.0に満たない区内の木造住宅。
延べ床面積の2分の1以上が住宅であるもの。
2階建て以下であるもの。
建築基準法に違反する建築物として、現に是正指導を受けていないもの。

② 対象者の要件
区民であること。区民税の滞納が無いこと。
建築対象物の所有者または使用者。個人であること。

③ 補助支払い限度額
6万円

④ 補助率(上限)
1/2

⑤ 備考
改修工事設計案の作成及び改修工事費の概算見積書の作成を含む。
※ 密集住宅市街地整備促進事業の事業地区内で道路整備路線の建築物は、助成を受けられないことがあります。(谷中2・3・5丁目、根岸3・4・5丁目の一部)

耐震改修工事助成

① 対象となる建物

  • 区の助成を受けた耐震診断によって診断補強が必要な住宅
  • 延床面積の2分の1以上が住宅であるもの
  • 建築基準法その他関係法令に適合しているもの

② 対象者の要件
区民税の滞納が無い対象建築物の所有者または使用者で、個人であること

③ 補助支払い限度額
■ 重点地域
200万円
※補助率、又は利子補給率は、2/3

■ その他
150万円
※補助率、又は利子補給率は、1/2

④ 『重点地域』に該当する地域
■ 東京都「防災都市づくり推進計画」に定める整備地域
浅草3丁目から7丁目、今戸1・2丁目、清川1・2丁目、橋場1・2丁目、東浅草1・2丁目、日本堤1・2丁目、千束3丁目から4丁目、竜泉3丁目、三ノ輪1丁目、根岸2丁目1~15・19~23番街区、根岸5丁目23番街区から25番街区、上野桜木2丁目、谷中1丁目3~7番街区、谷中2丁目、谷中3丁目1~23番街区、谷中4~7丁目

■ 東京都「地震に関する地域危険度測定調査報告書(第7回)」で「建物倒壊危険度5」に指定された地域
上記以外で千束2丁目、台東3丁目、三ノ輪2丁目

※ 密集住宅市街地整備促進事業の事業地区内で道路整備路線の建築物は、助成を受けられないことがあります。(谷中2・3・5丁目、根岸3・4・5丁目の一部)

段階耐震改修工事助成(一段階目)

① 対象となる建物

  • 区の助成を受けて作成した補強設計に基づき、一段階目耐震改修工事を実施するための設計案があるもの
  • 延床面積の2分の1以上が住宅であるもの
  • 建築基準法に違反する建築物として、現に是正指導等を受けていないもの。

② 対象者の要件
区民税の滞納が無い対象建築物の所有者または使用者で、個人であること

③ 補助支払い限度額
50万円

④ 補助率(上限)
1/2

※ 密集住宅市街地整備促進事業の事業地区内で道路整備路線の建築物は、助成を受けられないことがあります。(谷中2・3・5丁目、根岸3・4・5丁目の一部)
※ 評点1.0を満たす補強設計内容を、2段階に分割する設計にかかる費用については申請者の負担となります。

段階耐震改修工事助成(二段階目)

① 対象となる建物

  • 区の助成を受けて一段階目耐震改修工事を実施しているもの
  • 区の助成を受けて作成した補強設計に基づき、二段階目耐震改修工事を実施するための設計案があるもの
  • 延床面積の2分の1以上が住宅であるもの
  • 建築基準法に違反する建築物として、現に是正指導等を受けていないもの。

② 対象者の要件
区民税の滞納が無い対象建築物の所有者または使用者で、個人であること

③ 補助支払い限度額
■ 重点地域
200万円から一段階目耐震改修工事の助成金額を差し引いた金額以内
※補助率、又は利子補給率は、2/3

■ その他
150万円から一段階目耐震改修工事の助成金額を差し引いた金額以内
※補助率、又は利子補給率は、1/2

④ 『重点地域』に該当する地域
■ 東京都「防災都市づくり推進計画」に定める整備地域
浅草3丁目から7丁目、今戸1・2丁目、清川1・2丁目、橋場1・2丁目、東浅草1・2丁目、日本堤1・2丁目、千束3丁目から4丁目、竜泉3丁目、三ノ輪1丁目、根岸2丁目1~15・19~23番街区、根岸5丁目23番街区から25番街区、上野桜木2丁目、谷中1丁目3~7番街区、谷中2丁目、谷中3丁目1~23番街区、谷中4~7丁目

■ 東京都「地震に関する地域危険度測定調査報告書(第7回)」で「建物倒壊危険度5」に指定された地域
上記以外で千束2丁目、台東3丁目、三ノ輪2丁目

※ 密集住宅市街地整備促進事業の事業地区内で道路整備路線の建築物は、助成を受けられないことがあります。(谷中2・3・5丁目、根岸3・4・5丁目の一部)
※ 評点1.0を満たす補強設計内容を、2段階に分割する設計にかかる費用については申請者の負担となります。

老朽建築物等の除却工事助成

① 対象となる建物
昭和56年5月31日以前に建築された建築物で、耐震診断の結果、倒壊の危険性が高いと判断されたもの。
ただし、不動産販売又は不動産貸付、貸駐車場を業とする者が当該業のため除却する工事は除く。

② 対象者の要件
住民税を滞納していない者(法人の場合は法人都道府県民税)
対象建築物の所有者。個人又は中小企業であること。

③ 補助支払い限度額
50万円

④ 補助率(上限)
1/3

所管行政 お問い合わせ先

建築課 構造防災担当
03-5246-1335

台東区ってこんな所
台東区は下谷区と浅草区が合併してできました。区名は、上野の高台を意味する「台」と、上野の東にある下をイメージした「東」を合わせたものです。
東は隅田川、南は神田川と接しています。

上野、浅草界隈は非常に歴史があり、東京で最も古い市街地の一つ。
浅草寺は建立1400年の歴史を持っています。
東京都台東区
台東区は文化の発信地としても知られ、上野には美術館や博物館が数多くあります。
東京国立博物館などは国の重要文化財として、ル・コルビュジェの国立西洋美術館は世界遺産に登録されています。

23区で一番小さい台東区は、ほとんどが商業地ですが、木造住宅が建ち並ぶ住宅地も一部に残っています。
こうした「東京の下町」の雰囲気を残す地区からリフォーム依頼をいただくこともあります。
築年数の長い木造住宅は、耐震性に問題があることも多いので、まずは耐震診断をおすすめします。
また、古い建物は気密性が良くないため、冬の寒さを解消するリフォームをご希望される方もいらっしゃいます。
建築基準法の制限のため、建て替えを行うと今より小さな建物になってしまうという理由で、大規模なリフォームを選択される方も多く見られます。
台東区の耐震リフォームに関するご相談はエコリフォームへ



台東区の住所一覧

あ行

台東区 秋葉原  台東区 浅草  台東区 浅草橋
台東区 池之端  台東区 今戸  台東区 入谷
台東区 上野  台東区 上野公園  台東区 上野桜木

か行

台東区 雷門  台東区 北上野  台東区 清川
台東区 蔵前  台東区 小島  台東区 寿
台東区 駒形

さ行

台東区 下谷  台東区 千束

た行

台東区 台東  台東区 鳥越

な行

台東区 西浅草  台東区 日本堤  台東区 根岸

は行

台東区 橋場  台東区 花川戸  台東区 東浅草
台東区 東上野

ま行

台東区 松が谷  台東区 三筋  台東区 三ノ輪
台東区 元浅草

や行

台東区 谷中  台東区 柳橋

ら行

台東区 竜泉

フリーダイヤル0120-292-575

メール:info@eco-reform.com

営業時間 9:00~19:00(日曜・祝日定休)
お問い合わせフォーム 東京23区完全対応いたします

株式会社エコリフォーム 東京都江東区富岡1-22-29-2F/TEL 03-3641-4134/FAX 03-3641-4125

メディア掲載情報 フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
フジテレビ「みんなのニュース」耐震特集
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」
BSジャパン「暮らしの学校」
BSジャパン「暮らしの学校」
新聞・雑誌・書籍でも紹介されました
新聞・雑誌・書籍

東京23区別のリフォーム事例はこちら>>足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区
世田谷区台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区文京区港区目黒区

facebooktwitterInstagramHouzz
© 2004 EcoReform inc. マンションリフォームはこちら