地震と建物を考える

能登半島地震 被害調査から考える[2] ― 地震に強い家・地震に弱い家

前回の続きです。東京都市大の大橋教授が最後にお話しされていた、現在の「構造計算」の問題についてです。 我々建築士は分業しています。意匠設計と構造設計、また内装設計や店舗設計など様々な設計者がいます。また作る建物により木造、鉄骨、鉄筋コンクリ...
地震と建物を考える

能登半島地震 被害調査から考える[1] ― 地震に強い家・地震に弱い家

耐震ソフトの会社である株式会社インテグラルさんのセミナーに参加してきました。
制震

制震ダンパーを選ぶ際のポイント

制震ダンパーを選ぶ際のポイントを、数多くのメーカー製品を交えてご紹介したいと思います。
制震

制震ダンパーのメリット、デメリット

制震ダンパーにも良い点と改善しなければという点があります。それぞれメリット、デメリットという観点で考えてみたいと思います。
制震

これからの木造住宅の耐震のポイント

しっかりとした「耐震」で対策し、繰り返す「余震」に対しては「制震」を利用して対策します。
制震

制震リフォームの診断について

元旦に起きた「能登半島沖地震」や「熊本地震」でも何度も繰り返す大きな地震に注目されています。現在の建築基準法では、大地震動での倒壊の可能性は、評点1以上で「倒壊しない」とされています。この評点を、推し量るのが「耐震診断」です。
地震と建物を考える

だれでもできる耐震診断

2024年1月1日に起きた令和6年能登半島地震で被害にあわれた皆様にとって、まだまだ大変な避難生活と思われます。被災地から遠く離れた我々にでも、地震防災への今すぐにでもできることはないかと考えました。 我々は、東京の一部の方への耐震診断や耐...
能登半島地震

令和6年能登半島地震の被災者の方々へ心よりお見舞い申し上げます。

令和6年能登半島地震の被災者の方々へ心よりお見舞い申し上げます。
建築士の日常

今年もありがとうございました。

今年もあと少しで終わります。いろいろな方の住宅をリフォームさせていただくことができました。 今年はいろいろなご縁で東京を離れ、長崎県の上五島町へ行き、東京の秘境?奥多摩町へも行ってまいりました。 いつもこの時期になると締めの記事を書くのです...
建築士の日常

上五島へ行ってまいりました!

上五島にて木造のホテルを建築されたいとのご依頼があり、上五島へ行ってまいりました。