地震と建物を考える

「あぶないブロック塀」のチェックポイント

あなたの周りのブロック塀は安全ですか?あぶないブロック塀のチェックポイントや、ブロック塀の撤去・新設への補助金などについてご説明します。
北海道胆振東部地震

災害による停電にも万全の備えを

「停電に備えるためにはオール電化にしないほうがいい?」「停電の際に気を付けるポイントは?」など、住まいのプロが解説します。
北海道胆振東部地震

水道管にも「耐震化」を

築年数の古い住宅は建物だけでなく、床下の配管も耐震化が必要です。断水になってから慌てることのないように、しっかりメンテナンスしましょう。
北海道胆振東部地震

耐震工事で屋根を軽くする理由

耐震には屋根を軽くしたほうがよいと言われるのは何故か?ということについて、建物にかかる力の仕組みを含めて解説します。
地震と建物を考える

瓦屋根は地震に弱い?

地震被害というと、瓦が落ちてしまった屋根をニュース等でよく目にします。瓦屋根は本当に地震に弱いのか、一級建築士が解説します。
地震と建物を考える

自宅が被災したら、片付ける前に撮影を!

自治体からの罹災証明書をもらったり、地震保険を請求したりする場合は、被害の状況を正確に把握するため、片付ける前に写真を撮っておきましょう。被災した住宅で被害箇所の写真を撮るときに気を付けたいポイントについて説明します。
地震と建物を考える

住宅の「全壊」や「半壊」はどのように判断している?

被災住宅における「全壊」や「半壊」は一体どのように判定されているのか、耐震工事のプロが解説します。
お知らせ

地震と建物を考えるブログにリニューアルしました

これまで「建築士の日常」として、日々の想いを綴ってきた当ブログですが、地震と建物を考えるブログにリニューアルしました。 2011年の東日本大震災以来、熊本地震、大阪北部地震など、日本全国で大きな地震が続いています。 長年、木造建...
建築士の日常

建築基準法の改正について(木造が面白くなる?)

今年は大きな節目の年に成りそうです。 今回閣議決定された建築基準法の改正はいろいろと面白いです! 今回、改正の背景には、大きな木造住宅の火災による被害がありました。そうです、記憶に新しい糸魚川の大火災です。 そのほかにも既...
建築士の日常

なぜ新耐震住宅は倒れたか?

ショッキングな題名ですが、日経ホームビルダーの編集の本の題名です。 熊本地震では、数多くの住宅が被災されました。 復興までに20年は、掛かるといわれている熊本城や阿蘇神社も現在、一生懸命に皆さん頑張っていらっしゃいます。 ...