TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 地震対策 > 昭和56年以前の木造住宅と以降の木造住宅の違いは?(墨田区・T様)

昭和56年以前の木造住宅と以降の木造住宅の違いは?(墨田区・T様)

墨田区にある昭和52年に建てられた家に住んでいます。
昭和56年以前に建てられた家は「旧耐震基準」と聞きました。
旧耐震基準の木造住宅と、新耐震基準の木造住宅はどこが違うのですか? 決定的な違いは何なのでしょうか?

A. 決定的な違いは、地震に対する考え方です。
昭和56年、建築基準法が大きく改正され、「新耐震」基準が出来ました。
これは、昭和53年(1978年)の宮城県沖地震をきっかけにして、 地震に対する考えが変わり、大改正されたものです。

新耐震基準の家と、それ以前の家では、基礎や筋交いが大きく違ってきております。
各自治体でも注意を促し、昭和56年以前の木造住宅に関しては、 耐震診断や耐震補強の助成を行っています。是非利用なさってください。


■そもそも、建築基準法って?

建物の強度を決めていくには、誰にでもわかる「モノサシ」が必要です。 そのモノサシと呼ばれるのが「建築基準法」です。
建築基準法は昭和25年に施工されました。
その後、大きな地震がある度に改善されています。いわば尊い犠牲のもとに、変化してきている基準なのです。


■建てられた年代を確認してみましょう

木造住宅の耐震性のレベルは、年代によって以下のように変わってきます。

【1】昭和25年以前の木造住宅
【2】昭和25年~昭和48年までの木造住宅
【3】昭和48年~昭和56年までの木造住宅
【4】昭和56年以前に建てられたが、それ以降に建築確認を出して増改築工事を行った
【5】昭和57年から平成12年の間に建てられた木造住宅
【6】平成12年以降の住宅
※阪神大震災の後、ということです。平成12年の耐震基準の改正につきましてはこちらを合わせてご覧ください!

数字が大きい程耐震的には有利です。


■では最近の住宅は大丈夫かと言うと?

平成12年以降の住宅であっても適正な 工事が行われていなければ昭和25年の住宅とさして変わりません。
いかにきちんと施工されているかが問題です。
心配のある方はやはり、耐震診断で状況を把握し、対策を行ってください。

耐震リフォームについて詳しくはこちらへ


カテゴリー:地震対策

このエントリーをはてなブックマークに追加