TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > 耐震診断・耐震補強 > 耐震診断は、どんな資格を持つ人がしているのですか?

最終更新日:2016/10/18

耐震診断は、どんな資格を持つ人がしているのですか?

耐震診断を行うのは、どういった資格や経験がある方なのでしょうか?

A. 耐震診断は、耐震診断士や建築士(1級・2級建築士・木造建築士)が行います。
耐震金物がしっかり設置されているのか、 劣化度合いはどうなのかなど、 地震に対して今現在のご自宅がどの様な状態にあるのか、 耐震性はどの位あるのかを調べるのが耐震診断です。

耐震診断は、耐震診断士や建築士(1級・2級建築士・木造建築士)が行います。

耐震診断後に修繕や建て直しが必要になった場合、 的確な判断が求められるため、建物についての専門的知識のある資格者が 行う事がお客様のためになるのではないでしょうか。

弊社では1級建築士である塩谷が耐震診断を行わせていただいております。
>>塩谷のプロフィールは、こちらでご覧ください!

目視で行う事が基本の一般診断を私たちは行っております。
見えない箇所に関しては、最低の数値を想定しての診断になりますので、 正確な結果を求められるのであれば、一部を解体する精密診断を行う必要があります。

しかし、耐震診断は3階建てで構造計算書が無い場合又は長屋にお住まいの方は、 正しく診断出来ないケースもありますのでご注意ください。

耐震診断の金額は様々ですが、 無料で行うと言いながら実際は金額がかかったりなど、 トラブルが起こることも珍しくないようなので、 良い業者を見極める必要もあります。

安心して診断をお任せできる業者を探すのであれば、 今までの実績や経験のある業者を尋ねたり、 耐震診断助成金制度を利用するのであれば、区役所を尋ね、 登録している業者の中から選別するのも一つの方法かもしれません。

★詳しくはこちらの「耐震診断」のページをご覧ください


カテゴリー:耐震診断・耐震補強

このエントリーをはてなブックマークに追加