TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォームQ&A > マンションのQ&A > ホスクリーンは、マンションでも取り付けられますか?(港区・F様)

最終更新日:2018/01/26

ホスクリーンは、マンションでも取り付けられますか?(港区・F様)

港区のマンションに住んでいますが、ベランダが小さく、洗濯物を干すスペースが少ないのと、 大きな道路に面していることもあって、主に部屋干ししています。
室内に洗濯物を干すのには「ホスクリーン」というものが便利だと聞きました。
うちのマンションでも、ホスクリーンを取り付けできるのでしょうか?

A. マンションの下地によって、取り付けが可能な場合と難しい場合があります。

ホスクリーンの取り付けに関して相談をいただくことも多いですし、実際のリフォームでも多くのマンションに施工してきました。

ホスクリーンは写真のようなもので、天井の2ヶ所に取り付けます。ここへ物干し竿を通して洗濯物をかけたり、直接ピンチハンガーなどをかけることもできます。 洗濯機置場の近くに取り付けて、ホスクリーンにかけたピンチハンガーに洗い終わった洗濯物を吊るすのも便利です。

ホスクリーンの棒は簡単に取り外しできるので、使用しないときは外しておけます。
ホスクリーンがあれば雨の日でも室内に洗濯物が干せるので便利です。昼間にお留守にされる共働きのご家庭などでは、いつも部屋干しされているという方にとってもうれしいと思います。


マンションの天井への取り付けについては、濡れた洗濯物はけっこうな重さになりますので、その重さに耐えうる下地の箇所にホスクリーンを取り付ける必要があります。

天井に木の下地が通っている場合はそのまま取り付けが可能です。マンションでは軽量鉄骨の下地の場合があり、その場合は取り付けが難しくなります。また、躯体のコンクリートがそのまま天井になっている構造のマンションでも取り付けは難しくなります。

スケルトンリフォームなどの大規模リフォームを行う場合には、あらかじめホスクリーンを取り付けるように計画を立て、設置箇所に下地を造ることが可能です。


既存のマンションにホスクリーンだけを取り付けたいという場合は、実際に拝見しないと取り付けが可能かどうかお答えは難しいのが実情です。

新築のマンションを購入予定で、入居前にホスクリーンの取り付けをご希望される場合は、マンションを建設された業者さんに下地を確認し、施工のご相談をされることをおすすめします。構造もよく分かっていらっしゃるので、安心です。


カテゴリー:マンションのQ&A

このエントリーをはてなブックマークに追加