TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 床の素材 > 無垢フローリング~カバザクラ

無垢フローリング~カバザクラ

最終更新日:2018/09/10

無垢フローリングには、ナラ、桜、メープルなど、色々な種類の木が使われます。

今回はその中でも一番人気の「樺桜(カバザクラ)」をご紹介します。

大人気!カバザクラ

カバザクラは、無垢材の中でも非常に人気のある素材です。

エコリフォームにリフォームをご依頼いただいたお客様の中にも、カバザクラの無垢フローリングをお選びになった方がたくさんいらっしゃいます。

カバザクラの温かい色合いや優しい木目は、お部屋の雰囲気を明るく 清潔感のあるものにしてくれます。 人がたくさん集まるリビングや子供部屋などに採り入れると、カバザクラの良さが引き立ちます。

カバザクラの特徴

カバザクラは見た目が美しいだけではなく、こんな優れた特徴もあります。

  • 非常に重くて堅く、耐久性に優れている
  • 肌触りがなめらか
  • 木目が美しく、程よい光沢がある
  • 反りなどの狂いが少ない

カバザクラは堅いため、磨耗しにくい性質を持っています。 学校、幼稚園、体育館、老人ホームなど、たくさんの人が集まる施設でも用いられています。

エコリフォームのショールームにも、カバザクラの無垢フローリングを使用しています。 ほのかな赤みを帯びた明るい色合いがとってもいい感じで、スタッフ一同気に入っています♪ 肌触りもいいので、思わず素足で歩いてしまうこともあるんです。

樺桜はもともとキズがつきにくい素材ですが、さらにウレタン塗装仕上げにすれば、汚れにも強く、水も染み込みにくくなります。 お掃除やメンテナンスが、手軽に行えるので、ペットとお住まいの方には、特にオススメです。

参考:猫ちゃんとお暮らしの事例

様々な無垢フローリング

様々な種類の木が、無垢フローリングとして加工されています。 使われる木の種類によって、特徴や色合いが異なり、使用に適した場所も違ってきます。 その一部をご紹介します。


カテゴリー:床の素材

このエントリーをはてなブックマークに追加