TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 床の素材 > 無垢フローリング~ナラ

無垢フローリング~ナラ

最終更新日:2018/09/10

楢(ナラ)はオークとも呼ばれ、フローリング材としても人気の素材です。造作家具や内装にもよく使われていますね。

独特の木目が好き、という方も多いナラ材をご紹介します。

ナラ材の特徴

ナラ材には、下記のような特徴があります。

  • キズがつきにくい
  • 木目が細かく、はっきりしている
  • 濃淡がある
  • 耐久性が高い
  • 堅く重厚で、強度がある

ナラの木目には「虎斑(とらふ)」と呼ばれるものがあります。文字通り、木目が虎の皮の模様に似ていることから、この名前がついたそうです。 虎斑ファンの方もけっこういらっしゃるようですよ。

ナラは成長が遅いため、植林による資源更新が難しい木材の一つです。 限りある資源を、大切にしていきたいですね。

シーンを選ばない万能選手

ナラの無垢フローリングは、和風のお部屋、洋風のお部屋、どちらでも合う素材です。

お好みの場所にお使いいただけますが、私たちがオススメするのは、お客様をおもてなしする玄関や客間です。 堅い素材のため、多くの人が人が出入りしてもキズがつきにくく、細かくはっきりした木目は上品な雰囲気を醸し出してくれます。

また、お店やオフィスをお持ちの方は、応接室やショールームなどに使うのもオススメ。 ナラの持つ高級感と落ち着いた雰囲気で、お客様をお迎えできると思いますよ。

ワインとナラの関係?

お酒が好きな方はご存じかもしれませんが、ナラはワインやウィスキーの樽の材料としても使われています。

なぜ、ワインなどの樽にナラが用いられているのでしょうか? それには、2つの理由があると言われています。

  • 液漏れが起こりにくい

    ナラの木は「チロース」と呼ばれる繊維構造を持っています。チロースは木の導管を塞ぐ働きをするので、液体が漏れにくいのです。

  • 独特の香りや成分を持っている

    ナラの木だけが持っている独特の香りや、タンニン、ポリフェノールなどの成分が原酒に溶け込み、まろやかな味に仕上がります。

ナラは、おいしいお酒作りにも一役買っているんですね。

ナラの無垢フローリングを採用された事例

リフォームで実際にナラの無垢フローリングを選ばれた方の事例です。 ナラは堅いため、ペットと暮らしているお住まいにもオススメですよ。

様々な無垢フローリング

様々な種類の木が、無垢フローリングとして加工されています。 使われる木の種類によって、特徴や色合いが異なり、使用に適した場所も違ってきます。 その一部をご紹介します。


カテゴリー:床の素材

このエントリーをはてなブックマークに追加