TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 床の素材 > 無垢フローリング~クリ

無垢フローリング~クリ

最終更新日:2018/09/10

日本では古くから使われてきた無垢材「栗(クリ)」をご紹介します。英語ではチェスナットと呼ばれますね。

栗はもちろん、みなさまにもお馴染みの秋の味覚です。 実は食べて美味しく、木は無垢材として重宝されているクリなのです。

とっても強いんです!

クリは、非常に堅く耐久性があり、水に対しても強いため腐食しにくい木材です。 昔から日本では家の土台や大黒柱など、強度が必要な箇所の材料として使われてきました。 以前は線路の枕木としても使われていたことがあるそうです。

無垢フローリングの使用を考えている方の中には、キズを心配する方もいらっしゃいますが、クリは堅い材質のためキズもつきにくく、非常に長持ちする素材です。

美しさも兼ね備えています

クリは経年での色が美しく変化していきます。 「来年はどんな色になってるかな?」なんて、楽しみになっちゃいそうな無垢材です。

木目も美しいことから、人目に触れやすい無垢フローリングにはピッタリです。

ちなみに、「クリ」は「苦離」に通じ、苦しみから離れることのできる縁起のいい木と言われています。 名前にもとってもステキな意味があるのですね。

水回りにもオススメ

栗は、タンニンを多く含んでいることもあり、様々な建材の中で最も腐りにくいと言われています。 また、タンニンには防虫効果もあるため、シロアリなどの被害を避けることができます。

トイレや洗面所、お風呂など、「木材を使うのはちょっと...」と躊躇してしまうお部屋にも、暖かい木の温もりを取り入れてみてはいかがですか?

クリの無垢フローリングを採用された事例

リフォームで実際にクリの無垢フローリングを選ばれた方の事例です。

リビングをはじめとして、キッチンや洗面所、トイレなどの水回りにもクリを使用しています。ぜひご覧ください。

様々な無垢フローリング

様々な種類の木が、無垢フローリングとして加工されています。 使われる木の種類によって、特徴や色合いが異なり、使用に適した場所も違ってきます。 その一部をご紹介します。


カテゴリー:床の素材

このエントリーをはてなブックマークに追加