東京都江東区のリフォーム会社(株)エコリフォーム

東京江東区で56年・一級建築士事務所

東京都江東区富岡1-22-29-2F/営業時間 9:00~20:00(水曜定休)/TEL 03-3641-4134
地震に強くなる耐震補強のポイント
弊社では木造の家を主に手がけておりますので、 こちらで解説させていただくのは、木造住宅の耐震補強のポイントです。

鉄骨に比べて弱いのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが 的確な耐震リフォームを施していれば、木造住宅は優れた耐震性を保つことが出来ます。
古くからの木造住宅の瓦屋根は、メンテナンスのスパンも長くて済む優秀な素材ですが、重いため、建物の重量がかさみ、耐震的にはデメリットになります。

瓦を撤去して、金属製やスレート系の屋根に仕様を変更することで、建物の重量も軽くなり、耐震性能が高くなります。
屋根を軽くする工事は、木造住宅の耐震補強の中でも、 他の場所と絡まず、単体で行うことができ、住みながらでもできるので、 居住者の方の負担も少なく、効果的な対策です。

金属製のものは軽量で、建物に対して構造的な負担が少ない屋根材です。
長期間メンテナンスが必要ない素材として、ガルバリウム鋼板が 良く使われます。

スレート系は、本来は玄昌石を材料にした薄い板状の屋根材ですが、一般的には彩色スレートといわれるセメントと繊維を原料としてつくられており、軽量で施工も容易な為、広く使われています。
屋根 耐震
木造住宅の耐震補強においては、耐力壁の配置が、とても重要です。

耐力壁とは、地震や風などで横からの力が加わったときに、 抵抗する力を持つ壁のことです。
柱や梁だけでは、横からの力に耐えられないので、 この壁をバランスよく配置することが、必要になります。

耐力壁は、軸組み(柱や土台、梁)に、筋交いを金物を併用して 取り付けたり、構造用合板という厚みのあるベニヤを取り付けて 作ることが出来ます。
窓などの開口部があると、耐力壁にはなりません。

昔の木造住宅では、大きな窓が建物の南面にいくつもあったり、 部屋の間仕切りが襖や障子だったりする場合が多いので、 耐力壁の量が足りない場合が多いです。

木造住宅においては、梁や柱よりも、耐力壁の配置を的確に行うことが建物の強度に大きく関わってきますので、足りない場合は、そこを大きく見直すことになります。

耐震診断などに基づき、バランスよく配置し設計していきます。
>耐震診断のご案内
しかし、耐力壁をただ増やすだけでは、正しい耐震補強工事にはなりません。
木造住宅の耐震補強で大切な事は、「バランスと粘り」です。バランスよく耐力壁を配置する事で、地震力に対して、正しい抵抗力が働きます。

また、地震力を正しく基礎へ伝えることも大切な事です。
阪神大震災でも、新耐震基準以降の木造の建物が大破している例がありました。
これは、ガチガチに固めた建物に粘りがなかったためです。

地震に強い建物にするには、「強さより粘り」が大切なポイントになるわけです。
建物をスケルトンにしたときに、基礎を片側、 または両側から補強していきます。

エコリフォームでは炭素繊維を使った方法を採用して います。
強度の出る炭素繊維を、専用の樹脂で基礎に貼って コンクリートの強度を高めるやり方です。

築年数の建った建物で、基礎自体が現在の基準のものではない場合には、状況によっては基礎を新たに部分的に 造っていく、という補強工事を行う場合もあります。
基礎 耐震
弊社で行ってきた木造住宅の耐震補強でも、解体してみると、柱が腐ってブランブランになっていた という、恐ろしい事例が何度かありました。

劣化の激しい木造住宅の場合には、ほとんどの柱を交換する、もしくは補強工事を施します。

間取りの変更によって柱を抜いたりすることもありますが、その事で建物の耐震性が落ちないように、強度の足りない部分 には、木や鉄骨の梁を掛けることで、強度を確保します。
木造住宅の耐震補強に必要になる、耐震補強金物です。
>耐震補強金物について

土台と柱、梁と柱などの接合部分に、地震による 引っ張りの力に耐える為に設置します。

新しい構造材に交換した箇所はもちろん、古い材をそのまま使える 箇所も、経年した木造の住宅の場合、金物は付いていないことがほとんどですので、 筋交いプレート、ホールダウン金物などを取り付けし、補強をします。

筋交いの代わりとなる金物「コボット」等を使用することもあります。
>コボットについて

近年は、オープンな空間にしたいというご希望をよく頂きますが、かと言って、仕切りの壁を無くしてしまうと強度が落ちてしまう、などといった場合、コボットのような金物が有効です。
東京都内で木造住宅の耐震補強を行っております
弊社では、事務所のある江東区をはじめ、東京都23区で、木造住宅の耐震補強を承っております。

東京も、路地を一つ入れば、木造住宅が立ち並ぶ住宅地が多く存在します。
そして東京都内の住宅地は、隙間なく密集しているケースが多く、地震の際の被害拡大が懸念されております。
万が一の際、命を守るためにも、木造住宅にお住まいで、経年している、新しいけれど心配がある、 というお住まいに関しては耐震診断と耐震補強は必須と言えるでしょう。

東京は、密集しているからこそ、工事をするのが難しいという地域もあるかと思いますが、 そういった土地での耐震工事、リフォーム工事も多数行っておりますので、お気軽にご相談ください。
(東京のお住まいの場合、隣の家と近接しすぎていたり、長屋といって、隣の家と外壁を共有しているといった建物も少なくありません。その場合、外壁側からの耐震補強が難しいため、建物の内側から出来る限りの補強を行うことになります。)

首都圏直下型地震への警戒が呼びかけられていますので、東京の各自治体でも、耐震に関しては助成制度を設けていますので、 よろしければご確認くださいね。
耐震補強をさせていただくと共に、お客様が助成金の申請をされる場合の細かいサポートも行っております。(自治体によっては他の区の業者では助成金が出ない所もありますので、ご確認ください。)
耐震補強の事例はこちら
耐震リフォーム・耐震補強に関するQ&A