TOP > HOW TO リフォーム > 東京23区のリフォーム助成金情報 > こんなにもらえる?! リフォーム耐震助成金│東京都中野区の木造住宅改修

リフォーム耐震助成金【東京23区】

東京都中野区の
リフォーム耐震助成金

首都圏直下型地震に備えて、東京23区では各区ごとに、木造住宅のリフォームを対象とした耐震助成金制度が設けられています。
たいへん交通の便がいいところ、東京都中野区のリフォーム耐震助成金をご紹介します。

データソース:中野区公式サイト
(2017年4月9日現在の情報です)

東京都中野区

簡易耐震診断(無料)

対象となる建物
昭和56年5月31日以前に建築された、在来工法の木造住宅(2階建て以下)
対象者の要件
特別区民税および固定資産税を滞納していない、対象建築物の所有者
補助支払い限度額
全額区が負担
備考
区の認定を受けた耐震診断士を派遣して診断を行う

耐震診断(無料)

対象となる建物
区の簡易耐震診断の総合評点が1.0未満のもの
対象者の要件
特別区民税および固定資産税を滞納していない、対象建築物の所有者
補助支払い限度額
全額区が負担
備考
区の認定を受けた耐震診断士を派遣して、さらに詳しい診断を行う

木造住宅建て替え助成

対象となる建物

助成対象地域にある、以下の要件をすべて満たす建築物

  • 昭和56年5月31日以前に建築された木造在来工法2階建て以下の住宅(昭和56年6月1日以降に増築をした住宅は除く)
  • 区の簡易耐震診断の総合評点が1.0未満で、区の耐震診断の結果が上部構造評点1.0未満
  • 建替え後の住宅が耐火建築物または準耐火建築物
  • 建替え後の住宅の外壁面が道路境界より有効50センチメートル以上
  • 生垣または塀を設置する場合、高さが40センチメートル以上の部分がフェンスである
  • 家具の転倒防止器具の取付けを行う
  • 規定の面積以上を緑化する
対象者の要件
特別区民税および固定資産税を滞納していない、対象建築物の所有者で、建替え後も引き続き所有する者
補助支払い限度額
40万円

耐震改修助成事業(共同住宅)

対象となる建物
区の耐震診断の総合評点が1.0未満で、区に登録されている耐震改修施工者が1.0以上となるように耐震改修した木造共同住宅
対象者の要件
対象建築物の所有者
補助支払い限度額
600万円
※「全損した建築物の延べ面積×12万円×0.1+耐震改修工事費」によって算出
備考
耐震改修工事完了後、10年以内に震度6強以下の地震で全損した場合に助成

所管行政 お問い合わせ先

建築分野耐震化促進担当:03-3228-5576


中野区ってこんなところ

中野区にはJR中央線・西武新宿線・東京メトロ丸ノ内線と東西線・都営大江戸線と、多くの鉄道路線があり、たいへん交通の便がいいところです。

渋谷・新宿・池袋などの繁華街にも隣接していることから、中野区に住んで、仕事や遊びは繁華街へ、という方も多いですね。

そんな中野区ですが、公園や緑地が少ないため、人口密度も高くなっています。

東京都中野区

戸建住宅や低層の集合住宅が多く、都内有数の住宅密集地となっている中野区。
住宅のほとんどは木造であり、車が通れない細い路地も多いため、大地震の際は火災の危険度も高いと言われています。

敷地が道路に面している場合、新築にするとセットバックが必要となり、敷地が狭くなってしまうこともあります。
中野区に戸建の木造住宅をお持ちの方は、リフォームでの耐震をご検討された方がいいかもしれません。

中野区のリフォーム事例


中野区の地名一覧

あ行

中野区 新井/中野区 江古田/中野区 江原町

か行

中野区 上鷺宮/中野区 上高田

さ行

中野区 鷺宮/中野区 白鷺

た行

中野区 中央

な行

中野区 中野/中野区 沼袋/中野区 野方

は行

中野区 東中野/中野区 本町

ま行

中野区 松が丘/中野区 丸山/中野区 南台

や行

中野区 大和町/中野区 弥生町

わ行

中野区 若宮


耐震リフォームとは

耐震リフォームって具体的にはどんな工事をするの? 耐震リフォームにはどのくらい費用がかかるの? など、耐震リフォームについて詳しくはこちらをご覧ください。

耐震リフォーム



足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区
江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区世田谷区
台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区
文京区港区目黒区
(50音順)

東京23区のリフォーム助成金情報
トップへ


このエントリーをはてなブックマークに追加