TOP > HOW TO リフォーム > 東京23区のリフォーム助成金情報 > 【2021年度版】こんなにもらえる?! リフォーム耐震助成金│東京都豊島区の木造住宅改修

リフォーム耐震助成金【東京23区】

東京都豊島区の
リフォーム耐震助成金

首都圏直下型地震に備えて、東京23区では各区ごとに、木造住宅のリフォームを対象とした耐震助成金制度が設けられています。
様々な顔と多彩な魅力を持っている東京都豊島区のリフォーム耐震助成金をご紹介します。

データソース:豊島区公式サイト(更新日:2021年6月1日)
※2021年6月3日現在の情報です。

東京都豊島区

木造住宅の耐震診断補助事業

対象となる建物
昭和56年5月31日以前に建築された、2階建て以下の木造住宅
対象者の要件
対象建築物の所有者かつ居住者
補助支払い限度額
15万円

木造住宅の耐震改修補助事業

対象となる建物
昭和56年5月31日以前に建築された、2階建て以下の木造住宅
かつ、耐震診断の結果が上部構造評点1.0未満で、工事後は上部構造評点1.0以上となるもの
かつ、建築基準法などに違反していないもの
かつ、防火構造または工事後に防火構造となるもの
対象者の要件
住民税を滞納していない、対象建築物の所有者かつ居住者
補助支払い限度額
一般:100万円(工事費用の2/3)
区内事業者が施工する場合:上記に加算して50万円(工事費用の1/6)

まとめ

補助支払い限度額は、耐震診断が最大15万円、耐震改修が最大150万円となっています。

なお、区指定の緊急輸送道路などの沿道にある建築物に対しては、別途耐震診断・改修の助成制度が設けられています。

所管行政 お問い合わせ先

都市整備部 建築課 許可・耐震グループ
電話::03-3981-0590


豊島区ってこんなところ

豊島区といえば池袋の高層ビルや繁華街がイメージされますが、高級住宅街の目白、庶民的な巣鴨も豊島区です。

雑司が谷などには霊園の緑も多く、立教大学、学習院大学などの教育機関も多く存在しています。
様々な顔と多彩な魅力を持っているエリアです。

東京都豊島区

池袋周辺は再開発により大規模マンションなどが増えていることもあり、人口密度が高くなっています。

北池袋や巣鴨、駒込、南長崎などには古い木造住宅も多く、道幅も狭いため、不燃化および耐震化が進められています。
経年した木造住宅にお住まいの方は、いざという時にあわてないで済むよう、耐震助成金のご利用をご検討ください。

豊島区のリフォーム事例


豊島区の地名一覧

あ行

豊島区 池袋/豊島区 池袋本町

か行

豊島区 要町/豊島区 上池袋/豊島区 北大塚/豊島区 駒込

さ行

豊島区 巣鴨/豊島区 千川/豊島区 雑司が谷

た行

豊島区 高田/豊島区 高松/豊島区 千早

な行

豊島区 長崎/豊島区 西池袋/豊島区 西巣鴨

は行

豊島区 東池袋

ま行

豊島区 南池袋/豊島区 南大塚/豊島区 南長崎/豊島区 目白


耐震リフォームとは...?

耐震リフォームの具体的な工事、耐震リフォームの費用など、耐震リフォームについての情報は、目的別リフォームプランのコーナーへ。
耐震診断から、屋根・基礎・壁など補強箇所ごとの耐震方法、実際に使用される補強材や耐震金物まで、耐震のすべてがわかります。

詳しくはこちら

無料耐震セミナーのご案内

エコリフォームの一級建築士・塩谷敏雄が、リフォーム事例を通し、最新の耐震技術について解説するセミナーです。
自分の家が地震で壊れてしまうのでは? どのように地震の対策をすればいいの? 耐震補強の費用はどのくらいかかる?などの不安や疑問を解消してください。参加は無料となっております。

詳しくはこちら



足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区
江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区世田谷区
台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区
文京区港区目黒区
(50音順)

東京23区のリフォーム助成金情報
トップへ


このエントリーをはてなブックマークに追加