TOP > HOW TO リフォーム > 東京23区のリフォーム助成金情報 > こんなにもらえる?! リフォーム耐震助成金│東京都世田谷区の木造住宅改修

リフォーム耐震助成金【東京23区】

東京都世田谷区の
リフォーム耐震助成金

首都圏直下型地震に備えて、東京23区では各区ごとに、木造住宅のリフォームを対象とした耐震助成金制度が設けられています。
都内有数の住宅密集地!学生も多い東京都世田谷区のリフォーム耐震助成金をご紹介します。

データソース:世田谷区公式サイト
(2017年4月9日現在の情報です)

東京都世田谷区

木造住宅無料耐震診断

対象となる建物

以下の要件をすべて満たす建築物

  • 昭和56年5月31日までに着工した建築物(増築前の延べ面積の2分の1を超える増築をしたものを除く)
  • 戸建て住宅、長屋、共同住宅、兼用住宅または併用住宅(住宅として使用する部分の面積が1/2以上のもの)
  • 木造在来軸組構法またはツーバイフォー工法による建築物
  • 平屋建てまたは2階建ての建築物
対象者の要件
対象建築物を所有する者(対象建築物に貸借人がいる場合には、貸借人の同意を得ること)
補助支払い限度額
全額区が負担
備考
区職員の事前調査後、区に登録している木造住宅耐震診断士を派遣する(同一建築物につき1回限り)

木造住宅耐震改修設計助成

対象となる建物

以下の要件をすべて満たす建築物

  • 耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された建築物
  • 住宅として使用する法人所有以外の建築物
  • 防火地域外にある建築物
  • 都市計画道路外の建築物
  • 建築基準法に適合した建築物(助成対象事業完了までに適合させる場合を含む)
対象者の要件
区民税を滞納していない、対象建築物を所有する個人
補助支払い限度額
30万円
備考
1階または全体の上部構造評点が1.0以上となる設計が対象

木造住宅耐震改修工事・簡易改修工事助成

対象となる建物

以下の要件をすべて満たす建築物

  • 耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された建築物
  • 住宅として使用する法人所有以外の建築物
  • 防火地域外にある建築物
  • 都市計画道路外の建築物
  • 建築基準法に適合した建築物(助成対象事業完了までに適合させる場合を含む)
対象者の要件
区民税を滞納していない、対象建築物を所有する個人
補助支払い限度額
耐震改修工事:100万円(耐震改修設計助成を受けている場合はその額を除く)
簡易改修工事:80万円(耐震改修設計助成を受けている場合はその額を除く)
備考
建築物全体の上部構造評点が1.0以上となるように改修する工事が対象

木造住宅不燃化耐震補強工事助成

対象となる建物

以下の要件をすべて満たす建築物

  • 耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された建築物
  • 住宅として使用する法人所有以外の建築物
  • 防火地域外にある建築物
  • 都市計画道路外の建築物
  • 建築基準法に適合した建築物(助成対象事業完了までに適合させる場合を含む)
  • 区の指定する地域の建築物(都市防災総合推進事業区域または不燃化推進特定整備地区の一部)
対象者の要件
区民税を滞納していない、対象建築物を所有する個人
補助支払い限度額
100万円
備考
建築物全体の上部構造評点が1.0以上となり、かつ準耐火建築物となるように改修する工事が対象

木造住宅不燃化建替え工事助成

対象となる建物

以下の要件をすべて満たす建築物

  • 耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満と判定された建築物
  • 住宅として使用する法人所有以外の建築物
  • 都市計画道路外の建築物
  • 建築基準法に適合した建築物(助成対象事業完了までに適合させる場合を含む)
  • 区の指定する地域の建築物(防災都市づくり推進計画「整備地域」)
対象者の要件
区民税を滞納していない、対象建築物を所有する個人
補助支払い限度額
100万円(耐震改修設計助成を受けている場合はその額を除く)
備考
該当建築物を除却し、新たに耐火建築物または準耐火建築物を建築する工事が対象

耐震シェルター、耐震ベッドの設置費用助成

対象となる建物
木造住宅耐震改修工事助成を受けていない、昭和56年5月31日以前に着工した平屋または2階建ての木造住宅
対象者の要件

以下の要件をすべて満たす者(建築物の所有者以外が申請する場合は、所有者の承諾が必要)

  • 対象建築物に現に住んでいる
  • 65才以上または身体障害者手帳1~2級の交付を受けている
  • 年間所得額の合計が200万円以下
  • 区民税を滞納していない
補助支払い限度額
30万円
備考
区が指定した耐震シェルターおよび耐震ベッドを対象建築物の1階に設置する工事が対象

所管行政 お問い合わせ先

防災街づくり担当部防災街づくり課耐震促進担当:03-5432-2468


世田谷区ってこんなところ

世田谷区は90年代まで23区で一番大きな区でした(現在は大田区に次いで2位)。

世田谷区は5つの地域に分かれていて、三軒茶屋や駒沢などの世田谷地域は商業地、下北沢や豪徳寺などの北沢地域は住宅地、用賀や駒沢などの玉川地域もまた閑静な住宅地となっています。

また、千歳船橋や成城などの砧地域は緑と農地が多く、祖師谷や上北沢などの烏山地域は緑地と住宅地が混在しています。

東京都世田谷区

元々は農村地帯だった世田谷区ですが、今では都内有数の住宅密集地となっています。
日本大学、日本体育大学、駒沢大学、東京農業大学、国士舘大学など学校も多いため、学生も多く住んでいます。

都心部に比べて、世田谷区は冬寒く、夏涼しい傾向にあるそうです。
リフォームをするときは、冬の寒さに耐えられるよう、特に断熱をしっかりしたいものですね。

世田谷区のリフォーム事例


世田谷区の地名一覧

あ行

世田谷区 赤堤/世田谷区 池尻/世田谷区 宇奈根/世田谷区 梅丘/世田谷区 大蔵/世田谷区 大原/世田谷区 岡本/世田谷区 奥沢/世田谷区 尾山台

か行

世田谷区 粕谷/世田谷区 鎌田/世田谷区 上馬/世田谷区 上北沢/世田谷区 上祖師谷/世田谷区 上野毛/世田谷区 上用賀/世田谷区 北烏山/世田谷区 北沢/世田谷区 喜多見/世田谷区 砧/世田谷区 砧公園/世田谷区 給田/世田谷区 経堂/世田谷区 駒沢/世田谷区 駒沢公園/世田谷区 豪徳寺

さ行

世田谷区 桜/世田谷区 桜丘/世田谷区 桜上水/世田谷区 三軒茶屋/世田谷区 下馬/世田谷区 新町/世田谷区 成城/世田谷区 瀬田/世田谷区 世田谷/世田谷区 祖師谷

た行

世田谷区 太子堂/世田谷区 玉川/世田谷区 玉川台/世田谷区 玉川田園調布/世田谷区 玉堤/世田谷区 代沢/世田谷区 代田/世田谷区 千歳台/世田谷区 弦巻/世田谷区 等々力

な行

世田谷区 中町/世田谷区 野毛/世田谷区 野沢

は行

世田谷区 八幡山/世田谷区 羽根木/世田谷区 東玉川/世田谷区 深沢/世田谷区 船橋

ま行

世田谷区 松原/世田谷区 三宿/世田谷区 南烏山/世田谷区 宮坂

や行

世田谷区 用賀

わ行

世田谷区 若林


耐震リフォームとは

耐震リフォームって具体的にはどんな工事をするの? 耐震リフォームにはどのくらい費用がかかるの? など、耐震リフォームについて詳しくはこちらをご覧ください。

耐震リフォーム



足立区荒川区板橋区江戸川区大田区葛飾区北区
江東区品川区渋谷区新宿区杉並区墨田区世田谷区
台東区千代田区中央区豊島区中野区練馬区
文京区港区目黒区
(50音順)

東京23区のリフォーム助成金情報
トップへ


このエントリーをはてなブックマークに追加