TOP > HOW TO リフォーム > リフォームの流れ > コーディネーターのサポートで安心のリフォームを

コーディネーターがサポートいたします

長くお住まいになる家なのですから、家の強度だけではなく、使い勝手、インテリアも 自分の暮らしに合わせたいものです。
その為に大きな役割を果たすのが、私たち「インテリアコーディネーター」です。

エコリフォームおこなう工事では、必ず担当のインテリアコーディネータが付き、 プランニングから工事の準備~工事中、完成まで、お客様と二人三脚で 理想のお住まいを作り上げるお手伝いをさせていただいております。

では、具体的にどういった事をしているのか?
こちらは、そんなインテリアコーディネーターの役割について詳しくご紹介いたします!

ご相談をいただいて~プランニングまで
プランニングするまでに、何度もお打ち合わせを行います。
10回近くお会いすることもあります。

そして、現在のお悩み、ご家族構成、お暮らしのスタイル、ご予算、などなど 詳しくお話を伺い、現在のお住まいも拝見させていただきます。

ご生活の状況をかなり詳細に拝見させていただくことになりますが、 そうすることで、お客様のご希望を反映するのはもちろん、 今までの経験をベースに、お客様がご希望以上に快適に暮らすための様々な ご提案を盛り込んだリフォームプランを練ります。

お客様のご都合に合わせ、打ち合わせを行いますから安心です
どなたも、それぞれ異なったライフスタイルがあります。
主婦の方、お仕事をなさっている方、育ち盛りのお子さんがいらっしゃる方、等々・・・

リフォームには打ち合わせが必ず必要ですが、業者との予定が合わず あまり打ち合わせができないまま着工してしまっては、失敗の元です。

お客様のご都合を、何でも遠慮なくおっしゃってください。
朝を希望であるとか、夕方が良い、夜が都合が良い、休みの日が良い・・等々、 お客様の都合に合わせ、打ち合わせのセッティングをいたします。

お勤めのお客様の場合は、お勤め先の近くでお話をさせていただくことも珍しくありません。

ご家族そろっての打ち合わせでしたら、お休みの日にお打ち合わせいただくケースが多いです。
暮らしをイメージしやすいプランニング
お住まいのリフォームは、計画のうちはまだ形がありません。
形の無いものですから、なかなか想像しづらく、お客様もご不安があるかと思います。

エコリフォームのリフォームプランはお客様がイメージをつかみやすいような心遣いがいっぱい!

詳細なヒアリング、そして実際に拝見させていただいたお住まいをもとに お客様が完成図をつかみやすいのイメージ沢山盛り込んだ資料を作成しますよ。

実際に完成してから「プランのイメージの通りですね!」とおっしゃるお客様、 沢山いらっしゃるんですよ。
「その方にとって使いやすい収納」のご提案
快適に暮らすために必要なものの一つが「使いやすい収納」。
収納スペースがただあっただけでは、使いやすいものにはなりません。

お客様が、そのお部屋に何を収納したいのか、そして実際にどんなものをお持ちなのか?身長はどのくらいで、どういった形であれば負担なく使いやすい形になるのか??

などなど、非常に詳しくお話を伺うと同時に、お持ちのもの、家電等の詳細な採寸も行い、 ベストな収納計画を立てます。

こういった計画は、女性のインテリアコーディネーターならではの細やかさを必要とします。
特にキッチン周りでは、計画的に造った収納が力を発揮します!
出来上がったプランを基に、更に改善・改良!
出来上がったプランはそこで終わりではありません。

実際にプランを見ていただくと、お客様の中でも、更なる理想が広がります。 そして更にお話をうかがいながら、よりご希望に沿ったものへどんどん改善してゆくのです。
ご希望であっても、出来ない事がある場合は・・・
そういった点も全て詳しくお伝えし、代替案を一緒に考えます。

特に一戸建てのお住まいの場合、お住まいの構造を考えると お客様のご希望に添えないこともあります。

コーディネーター自身も、建築の知識はもちろん持っていますが、 それだけで進めてしまうのではなく、必ず一級建築士の意見を取り込みながら プランを練っています。

ご希望を通してしまうと、建物にとってダメージとなると判断した場合は かならず、本当のことをお伝えし、ではどうすれがご要望に近づけることはできるのか?ということをお客様と共に考え、安全を保ちながら、ご要望を盛り込んだ住まいに 近づけてゆくのです。
より「暮らす人に優しい」素材のご提案
エコリフォームのインテリアコーディネーターが重点を置いているのは 「暮らす人に優しい住まい」。

家を造るために使う素材は星の数ほど沢山ありますが、その中でも 特に、体に優しいものを選んでご提案しています。

その為、あまりにもコストを抑えたリフォームをご希望であったり、 おしゃれであることにこだわったリフォームをご希望のお客様であった場合 ご希望に添えないこともございます。

長く安心して住むために、妥協をしないプランニングを心がけています。
お客様の暮らし、お好みに合うものをある程度、ピックアップしておすすめ
例えば、キッチンといった設備、照明、壁紙(クロス)や床材といった内装材、 家の顔になる外壁、などなど・・・

それぞれ、本当に沢山の種類があり、お客様ご自身でお選びになるとなりますと 大変な時間と手間がかかり、結局はあまり時間が取れず満足できなかった・・・ などというケースもあります。

インテリアコーディネーターがお客様のご希望を何度もお伺いしているうち、 ある程度「こういったものをおすすめすればお客様のお好みに合う」ということが伝わってきます。

そこで把握したお好み、暮らし向きを考えて、最良と思えるものを コーディネーターの方からいくつかピックアップしてご提案させていただきます。
とことん、付き合います!
特に水周りの設備は、実際にその周りに身を置いてみないと、実際の印象、 使い心地はどうか?ということは、なかなかわからないものです。

建具も実際に見てみた印象と、カタログの印象では違うことが多くあります。

選んでいただく際にはなるべくお客様とご一緒にショールームへ出向き、 実際にの見ていただきながら決めてゆきます。

悩んでしまった場合には的確にアドバイスをさせていただきながら、とことん付き合います!!

ご契約~リフォームが始まるまで
業者や設備、駐車場の手配
コーディネーターの仕事は、プランを作るだけではありません。
実際にリフォームの日取りが決まったら、業者さんや設備の発注を行います。

この手配が遅れたり、間違ってしまうと、結局は工事の遅延を招き、 お客様にご迷惑をかけてしまいますのでから、とても大切な業務です。

各方面への手配は、リフォームの工程を把握していなければできないことなので、 インテリアコーディネーターには、ハード面の知識も必要なんです。
ご近隣への挨拶
リフォーム工事は、どうしても音が出たり、 沢山の職人さんが出入りして慌しくなるものです。
戸建ての大規模な工事の場合は期間もかなり長くなります。

その間、ご近隣の皆様にもご迷惑をかけてしまいますので、 着工前のご近隣の方へのご挨拶はかならず行い、どのくらいの規模の工事になるのか 詳しくご説明させていただいております。

その際には、ご迷惑にならない時間に伺い、お会いできなかった場合には 再度お伺いする、もしくは説明のお手紙を入れさせていただき 対応をいたします。

また、お客様ご自身でご挨拶を回られる際には、可能な限り同行させていただきます。

リフォーム工事は数日~2ヶ月ほどの期間ですが、お客様はその場所で長くお住まいになるのですから、ご近隣の皆様とトラブルになったりすることのないよう 最大限の配慮をいたします。

マンションの場合は、管理組合の届出、並びに管理人さんへのご挨拶も行います。
場合によっては、ご近隣への「お願い」をさせていただくことも・・・
戸建て住宅の大規模な工事や屋根の工事を行う際に、特に都内のような住宅が密集した土地柄の場合は、 工事に必要な「足場」をかけるために両隣のお宅のご協力を仰がなければならない場合があります。

その際は、施工責任者と共にコーディネーターもお願いに伺い 詳しい工事のご説明と、ご協力いただく期間のご説明を行います。
助成金の申請手続き
特に耐震改修や省エネ改修を行う際、自治体による助成制度を ご希望のお客様が多くいらっしゃいます。

公的機関からの助成金を利用するには、複雑な手続きが必要になりますが、 担当のインテリアコーディネーターが、お客様に代わり、助成金の申請に必要な書類を揃え、 自治体の担当者の方へ報告を行います。

特に耐震助成金の場合、耐震診断の書類や工事途中の写真など かなり膨大な資料が必要になる場合が多いですが、取りこぼしが無い様に しっかりと管理しますので、ご安心ください。

今まで、墨田区や中央区、大田区での助成金申請の実績がございます。
リフォーム後もお使いになる物、リフォームを機に廃棄される物の仕分け
リフォームを機に、今までお使いだった家具を新しくされる場合もあれば 今までお使いだったものをまた利用される場合もあります。

リフォームの際には、沢山の廃棄物が出ますが、それにまぎれて 今後も使うはずだったものを捨ててしまっては大変です。

かならずお客様ご同席様のもと、今後も使うもの、使わないものをチェックし、 一つ一つ目印を付けます。
多くの職人さんが出入りする現場なので、この作業がとても大切。

また、これからも使うものは工事中に傷がついたりしないように配慮してもらえるように施工の担当に伝えます。
お引越しのお手伝いなど
お住まい全体の改修といった大掛かりな工事の場合は、 お客様が住まいながらの工事が不可能な場合もあります。
その際は、一時的な仮住まいをしていただく必要が出てきます。

仮住まいとはいえ、家の中の荷物をまとめて別のお住まいに移るのは大変な作業です。
お客様の負担が少しでも軽減されるよう、インテリアコーディネーターもお手伝いさせていただきます。
現場責任者や大工さん、業者さんが使う為の「現場資料」の作成
実際に工事に関わってくださる業者さんへの資料を作成します。

・平面図
・立面図
・電気配線図


など必要なものをまとめて、現場でいつでも見ることができるように製本し、 着工前にお渡ししています。
搬入される資材のチェック
リフォームが始まる前から、既に資材が搬入されてきます。
資材に間違いがあれば、工程に狂いが生じてきてしまいます。

工事の前には、弊社の事務所や倉庫に搬入されてくるので、 それらに間違いが無いかチェックを行い、 スムーズに工事が始まるように心がけます。
リフォーム工事中
「現場の決まりごと」を必ず貼り出します
工事が始まると沢山の業者さんが出入りするようになりますが、 皆が、決まりごとを守って、ご近隣にご迷惑をおかけすることがないように

・現場を綺麗に
・タバコなどは吸わない
・工事を行う時間帯の決まり
・挨拶をする


といった決まりごとを、リフォームを行う現場の、どの業者さんでも 目にも付く場所に貼り出します。

毎日、目に付くことで、皆で気持ちの良い現場を保つことができるんです。
職人さん業者さんとの連携をとりながら、リフォームが予定通り進んでいるかのチェック
いよいよ実際の工事が始まりますと、お住まいは現場に早変わり。

大工さんをはじめ、水道屋さん、電気屋さん、お風呂やキッチンの業者さんなどなど 沢山の業者さんが出入りするようになります。

それぞれの業者さんが円滑に作業を進めることができるように、 管理するのも、担当のインテリアコーディネーターの大切なお仕事です。
工事中も搬入される資材のチェックは欠かせません
長い期間に及ぶリフォーム工事の場合、工事中にも資材がどんどん搬入されます。

ここでも間違いがあると、工事が滞りますので、担当のコーディネーターが 必ずチェックいたします。
お客様への工事進捗のご連絡
定期的に必ずお客様と現場での打ち合わせを行い、 工事の進捗をご報告・ご説明いたします。

必要に応じて、資料なども作成し、お客様にとって不透明なところが無い様に 丁寧に進めます。

お打ち合わせが無い日でも、 毎日、工事の進捗を、ブログやメールで写真とともに報告します。
もし追加工事が出てしまった場合には・・・
住宅の工事の場合、解体してはじめてわかる事柄もあります。

そこでもし、追加で工事をしなければならない箇所が生じた場合には、勝手に工事を進めることはありません。

必ず、工事中の現場で、建築士、担当のインテリアコーディネーターも同席させていただき、 何が原因でどういった工事が必要になるのかご説明させていただきます。

お客様にとって追加の工事というのは、やはり不安があるものです。 手元でも確認していただけるように、資料を作成することも多くあります。
まだまだ、お客様と打ち合わせしなければならないことが沢山あります!
1ヶ月、2ヶ月といった期間が必要な大型リフォームの場合、 リフォーム工事が始まっても、お客様にお決めいただかなくてはならないことが沢山!

内装に使う壁紙(クロス)や、照明器具等は、最初のプランである程度のご提案はしておりますが、 やはり、実際にある程度空間が出来上がってきてからのほうがイメージが沸きやすいので、そのタイミングで最終決定を行う事が多くあります。

サンプルを実際に壁に貼ってみたりしながら、お客様とご一緒も検討します。

照明器具もお客様かなり悩みどころですが、必要とあらばショールームや店舗に同行させていただき、ご希望の空間に合うものをお選びいたします。

また、コンセントの高さや電気スイッチの位置、手すりを取り付ける場合は、その高さなど、実際に空間になってからの方がお客様にとってもわかりやすい箇所が沢山あります。

出来る限り、実際に立っていただいた上で、詳細を決定いたします。
現場を綺麗に保ちます
担当のコーディネーターは、工事中現場に何度も出向きますが、 その際の大切なお仕事の一つが、現場を綺麗に保つよう働きかけることです。

職人さん方への声かけ、チェック、もちろんインテリアコーディネーター自身もまめにお掃除をしています。

現場を綺麗に保つことは、お客様の安心感だけでなく、ご近隣の方々の安心感にも繋がります。

リフォーム完成時には
厳しい目で最終チェック
リフォームの工程が全て終了し、いよいよお客様へのお引渡し直前です。

その前に、インテリアコーディネーターがお部屋の隅々まで厳しい目でチェック!

仕上げの状態の確認、そしてうっかり見落としてしまいがちな、ちょっとした汚れ等々、見逃さずに確認し、リペアの必要があれば、専門業者さんを手配いたします。
お引渡しの資料を作成
リフォームが完成し、お客様にとっても嬉しい「お引き渡し」。

その際には、新しく設置した設備機器や、採用した素材のメンテナンス方法、 今後の保障について、などなどの資料を、お客様にお渡しいたします。

この資料が、今後お客様にとって大切になるものなので、 資料をボンと渡して終わりではなく、必要な際にいつでも見やすように 綺麗にファイリングしてお渡ししています。
いよいよ、お引渡しです!
ついにお引き渡しの日です。
完成の様子をお客様の目でもよく見ていただく「施主検査」。

ここで、お客様が気になる点があるようでしたら、 何でもお気軽におっしゃってください。インテリアコーディネーターも一緒に確認し、 対応いたします。

各設備機器の説明もこの時に行います。
新しいキッチン、お風呂やトイレ、インターホンなど、新しい機器の機能、使い方など 実際に使っていただきながらご説明いたします。
リフォーム終了のご近隣挨拶
着工前のご挨拶と同じように、ご近隣の方々に工事が終わったお知らせをいたします。

特に近いお宅へは、1軒1軒回らせていただき、工事中のお心遣いのお礼を申し上げます。

お引渡し後は・・・
施主検査でお客様のご指摘を頂いた場合
迅速にご指摘の点に対応いたします。
その際には、コーディネーターが必ず立会いをいたします。
実際に住んでいただいて、気になる点が出て来たら・・・
お引き渡しの際は気がつかなくても、実際に住んでいただくと気になってくる箇所というものが出てくる場合があります。

また、最近の設備機器は様々な性能を兼ね備えているのは良いのですが、操作がわかりづらい、というケースもよくあります。

そんな時は、是非、担当のコーディネーターへご連絡ください。
確認させていただき、対応いたします。
各業者さんへお礼状を送ります
工事は、私たちだけで行うものではなく、様々な業者さんの協力によって出来上がるものです。
ですから、リフォーム工事に関わってくださった業者さんへお礼状を送ります。

人と人のご縁というのは大切なものです。

こういったことの積み重ねが、信頼を生み、ひいては完成度の高いリフォームに繋がるのです。
ずっと長いお付き合いを!
お住まいになって何年も経ってからであっても、 直したい箇所、追加されたい箇所、などなどございましたら、 お電話でもメールでもお気軽にご相談ください。

コーディネーターにとって、自分が担当したお客様のお住まいにお邪魔させていただいたり、再度関わらせていただくことは、仕事という枠を超えて、嬉しいものです。

いつまでも長いお付き合いをお願い致しますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加