TOP > HOW TO リフォーム > リフォームの流れ > コーディネーターのサポートで安心のリフォームを

コーディネーターがサポートしますお客様と二人三脚!

インテリアコーディネーターが最初から最後までしっかりサポートします

長くお住まいになる家ですから、家の強度だけではなく、使い勝手やインテリアも、自分の暮らしに合わせたいものです。
そのために大きな役割を果たすのが、私たち「インテリアコーディネーター」です。

エコリフォームが行うリフォーム工事では、必ず担当の女性インテリアコーディネーターがつきます。
担当コーディネーターは、プランニングから工事の準備、工事中、完成までの間、お客様と二人三脚で、理想のお住まいを作り上げるお手伝いをさせていただきます。

では、コーディネーターは、具体的にどういったことをしているのでしょう?
そんなインテリアコーディネーターの役割について、こちらで詳しくご紹介いたします。


ご相談をいただいてから、プランニングまで

リフォームプランを作るまでに、何度もお打ち合わせを行います。
そして、お住まいのお悩みやご家族構成、お暮らしのスタイル、ご予算、などなど、詳しくお話を伺い、現在のお住まいも拝見させていただきます。

お暮らしの状況をかなり詳しく拝見させていただくことになりますが、そうすることで、お客様のご希望を反映できるようになります。 さらに、お客様の思った以上に快適に暮らせるよう、様々なご提案を盛り込んだリフォームプランを練ります。

お客様のご都合に合わせて、お打ち合わせを行います。

主婦の方、お仕事をなさっている方、育ち盛りのお子さんがいらっしゃる方など、どなたも、それぞれ異なったライフスタイルがあります。
リフォームをするにはお打ち合わせが必要ですが、業者との予定が合わずに、あまり打ち合わせができないまま着工してしまっては、失敗の元です。

お打ち合わせの際は、お客様のご都合をご遠慮なくおっしゃってください。朝早い時間をご希望だとか、夕方が良い、夜の都合が良い、休みの日でないと・・・等々。 お客様のご都合に合わせ、お打ち合わせをセッティングします。

お仕事をされている場合は、お勤め先の近くでお話をさせていただくことも珍しくありません。
ご家族そろってお話されたいという方は、お休みの日にお打ち合わせいただくケースが多いです。

暮らしをイメージしやすいリフォームプランを。

お住まいのリフォームを計画しているうちは、まだ形がありません。 形の無いものですから、話をしていてもなかなか想像しにくく、お客様もご不安だと思います。

その点、エコリフォームのリフォームプランは、お客様がイメージをつかみやすいような心遣いがいっぱいです!
詳細なヒアリングを行い、実際に拝見させていただいたお住まいを元に、リフォームが完成した姿をつかみやすいよう、イメージをたくさん盛り込んだ資料を作成します。

実際に完成してから、「プランのイメージ通りですね!」とおっしゃってくださるお客様も、よくいらっしゃるんですよ。

「その方にとって」使いやすい収納をご提案。

快適に暮らすために必要なものの一つが、「使いやすい収納」です。

ただ収納スペースがただあっただけでは、使いやすいものにはなりません。
そのお部屋に何を収納したいのか、実際にどんなものをお持ちなのか、非常に詳しくお話を伺います。 さらに、身長はどのくらいで、どういった形であれば負担なく使いやすい形になるのかを考慮し、お持ちのものや家電などの採寸も行った上で、ベストな収納計画を立てます。

収納計画では、女性コーディネーターの細やかな気遣いが役に立った、と言われることもしばしばです。 特にキッチン周りでは、計画的に造った収納が力を発揮して、出来上がってからの使いやすさが一味違います!

出来上がったプランを、さらに改善・改良!

リフォームプランが出来上がったら、そこで終わり、ではありません。

実際にプランを見ていただくと、お客様の中でも、さらにイメージが広がり、もっとこうしたいというご希望が出てくるものです。

また詳しくお話をうかがいながら、よりご希望に沿ったリフォームプランへ、どんどん改善・改良してゆくのです。

時にはご希望が叶えられないことも・・・。

ご希望されたことが、実現不可能なこともあります。 特に一戸建てのお住まいの場合、お住まいの構造が理由となって、お客様のご希望に添えないことも多いのです。

そんな時には、すべて包み隠さずお伝えし、代替案を一緒に考えます。
インテリアコーディネーターだけではなく、一級建築士の意見も取り入れながら、何とかご希望に近づけられるようにリフォームプランを練ります。

お客様のご希望を優先することで、建物がダメージを受けたり、耐震性が下がってしまうということのないよう、最新の注意を払っています。 常に安全を保ちながら、ご要望を盛り込んだ住まいに近づけていくのです。

「暮らす人にやさしい素材」を大切にしています。

エコリフォームのインテリアコーディネーターが大切にしているのは、「暮らす人にやさしい住まい」を造ることです。

家を造るために使う素材は星の数ほどありますが、その中でも、体にやさしい素材を厳選してご提案しています。
あまりにもコストを抑えたリフォームや、機能より見た目にこだわるリフォームを求める方には、ご希望に添えないこともあります。 お客様が長く安心して暮らせる住まいのために、妥協をしないプランニングを心がけています。

ピックアップしておすすめするのも大事な仕事です。

リフォームは選ぶことの連続です。
例えば、キッチンやお風呂などの設備、壁紙や床材などの内装材、家の顔になる外壁に、照明その他のインテリアなどなど。 それぞれ本当にたくさんの種類があり、お客様ご自身でお選びになるのは、大変な時間と手間がかかります。
「全部自分でこだわって選ぼうと思ったけれど、結局あまり時間が取れずに、満足できなかった」などというケースもあります。

私たちはお客様に何度もお会いして、詳しくご希望やご要望をお伺いしています。 そのうちに、お客様のお好みに合うもの、使いやすい、暮らしやすいと感じるものが、だんだんわかるようになってくるのです。

そんな風に、お客様のお好みや暮らしに合うものを、いくつかピックアップしてご提案させていただきます。これもコーディネーターの大事な仕事の一つです。

とことん、付き合います!

特に水まわりの設備は、実際に見て試してみないと、見た目の印象や使い心地はわからないものです。
また、建具なども、カタログで見るのと、実際に見るのとでは、違って見えることがよくあります。

設備や材料を選んでいただく際には、お客様と一緒にショールームへ出向き、なるべく実際に見ていただいた上で決めていきます。

お客様が悩まれた場合も、これまでの経験を活かして、的確にアドバイスさせていただきます。
お客様が納得して、本当にいいと思うものを選ばれるまで、とことん付き合います!


ご契約から、リフォームが始まるまで

業者や設備、駐車場の手配を行います。

コーディネーターの仕事は、プランを作るだけではありません。実際にリフォームの日取りが決まったら、業者さんや設備の発注を行います。

この手配が遅れたり、間違ってしまったりすると、リフォーム工事の遅延を招き、お客様にご迷惑をかけてしまいますから、とても大切な業務です。

各方面への手配は、リフォームの工程を把握していなければできないことです。インテリアコーディネーターには、建築などハード面の知識も必要なのです。

ご近隣へ挨拶に出向きます。

リフォーム工事は、どうしても音が出ます。また、たくさんの職人さんが出入りして慌しくなるものです。 大規模な戸建てリフォームの工事では、工事期間もかなり長くなります。

工事の間、ご近隣の皆様にもご迷惑をかけてしまうため、リフォーム着工前に、ご近隣の方へのご挨拶を行います。 どのくらいの規模の工事になるのか、どのくらい時間がかかるのか、詳しくご説明しています。

ご挨拶の際には、ご迷惑にならない時間にお伺いします。お会いできなかった場合には、再度お伺いするか、お手紙を入れる対応をしています。
また、お客様ご自身でご挨拶を希望される場合も、可能な限り同行させていただきます。

リフォーム工事は、数日で終わるものから、2、3ヶ月ほどかかるものまでありますが、お客様はリフォームが終わった後も、その場所で長くお住まいになるのです。 ご近隣の皆様とトラブルになったりすることのないよう、最大限の配慮をしています。

また、マンションリフォームの場合は、管理組合の届出と管理人さんへのご挨拶も行います。

ご近隣へお願いが必要なことも・・・。

戸建て住宅のスケルトンリフォームや屋根の工事を行う際に、工事に必要な足場をかけるため、両隣のお宅のご協力を仰がなければならない場合があります。 都内に多い住宅が密集した土地ではなおさらです。

こうした場合は、インテリアコーディネーターも施工責任者と共にお願いに伺います。 ご協力をいただくご近隣の方に、詳しい工事の内容や、工事期間などをご説明しています。

忘れてはいけないのが、助成金の申請手続きです。

耐震リフォームや省エネリフォームなどを行う際、国や自治体による助成制度を利用できることがあります。

公的機関からの助成金を利用するには、複雑な手続きが必要になりますが、担当のインテリアコーディネーターが、お客様に代わって助成金の申請に必要な書類を揃え、担当者への連絡、手続きを行います。

特に耐震助成金を申請する場合、耐震診断の書類や工事途中の写真など、膨大な資料が必要になる場合が多いですが、もれが無い様にしっかりと管理しています。 これまでに、墨田区や中央区、大田区など、多くの区で助成制度を利用した実績がありますので、ご安心いただけます。

使われるものと廃棄するもの。

リフォームを機に、今までお使いだった家具をまた利用される場合もあれば、新しくされる場合もあります。

新しく造作するものや、もう使わなくなるものは廃棄することになりますが、今後も使うはずだったものを捨ててしまっては大変です。
かならずお客様ご同席様のもと、使うものと廃棄するものをチェックし、一つ一つ目印を付けます。

多くの職人さんが出入りする現場なので、この作業はとても大切。 これからも使うものは、工事中に傷がついたりしないように配慮してください、と施工担当に伝えます。

現場用の資料を作成します。

現場責任者や大工さん、業者さんなど、実際に工事に関わってくださる業者さんが使う資料を作成します。

平面図・立面図・電気配線図など、必要な書類をまとめて、現場でいつでも見ることができるように製本し、着工前に渡しています。

リフォーム工事を進めやすい環境を整え、いい仕事ができるように、ささやかながらお手伝いします。

搬入される資材をチェックします。

リフォームが始まる前から、様々な種類の資材が搬入されてきます。もし資材が発注内容と違っていたら、交換に手間がかかり、工程に狂いが生じてしまいます。

搬入された資材に間違いがないか慎重にチェックを行い、スムーズに着工できるようにします。


リフォーム工事中

現場の決まりごとを貼り出します。

工事が始まるとたくさんの職人さんや業者さんが出入りするようになります。 ご近隣にご迷惑をおかけすることがなく、みんなが気持ちよく作業できるように、下記のような決まりごとを貼り出します。

  • 工事を行う時間帯
  • 現場を綺麗に
  • タバコを吸わない
  • 挨拶をする

この決まりごとは、リフォームを行う現場の、誰でも目にも付くような場所に貼り出します。 毎日、決まりごとが目に付くことで、気持ちの良い現場を保つことができるのです。

工事の進行状況をチェック。

実際の工事が始まると、お住まいはリフォームの工事現場に早変わりです。
大工さんをはじめ、水道屋さん、電気屋さん、お風呂やキッチンの業者さんなど、何人もの人たちが入れ替わり立ち替わりやってきます。

職人さんや業者さんと連携を取り、それぞれが円滑に作業を進めることができるように管理するのも、担当のインテリアコーディネーターの大切なお仕事です。

工事中も資材のチェックは欠かせません。

長い期間に及ぶリフォーム工事の場合、リフォーム工事の前だけでなく、工事中にも資材がどんどん搬入されます。

搬入された資材に間違いがあると、工事が滞るのは工事中も同じことです。担当のコーディネーターが、必ずチェックしています。

お客様へ進捗をご連絡します。

お客様と現場での打ち合わせを行い、工事の進捗をご報告し、実際に現場を見ていただきながらご説明します。
必要に応じて資料を作成し、お客様にとってわからないところがないよう、丁寧にご説明するのも私たちの役割です。

現場でのお打ち合わせが無い日でも、お客様専用のブログやメールで、工事の進捗を写真とともに報告します。

追加の工事が必要な場合は・・・。

特に、築年数の長い戸建て住宅をリフォームする場合は、解体してはじめてわかる事柄があります。 予想されたよりも基礎が傷んでいたり、あるはずの部材がなかったりするのです。
こうした場合、追加の補強工事などが必要になってきます。

追加工事には費用もかかってくるので、勝手に工事を進めることはできません。 工事中の現場で、施工責任者と担当コーディネーターが、何が原因でどういった工事が必要なのかをご説明します。
お客様にとっては不安なことだと思いますが、リフォーム後に安心してお住まいいただけるよう、細心の注意を払っています。

まだまだ、たくさんのお打ち合わせが必要です。

1ヶ月、2ヶ月といった期間が必要な大型リフォームの場合、 リフォーム工事が始まってからも、お客様に決めていただかなくてはならないことがたくさん!
内装に使う壁紙(クロス)や照明器具などは、リフォームプランの段階でご提案していますが、最終決定は工事が進んできてから、ということもあります。 空間がある程度できあがってからの方が、イメージが湧きやすく、選びやすいのかもしれません。

クロスは、サンプルを実際に壁に貼ってみたりしながら、お客様とご一緒に検討します。
照明器具もかなり悩みどころですが、ショールームや店舗に同行して、ご希望の空間に合うものをお選びします。
また、コンセントや電気スイッチ、手すりの場所や高さなど、実際の空間を見ながらの方が決めやすいことは確かです。

工事に入ったらあとはおまかせ、というわけにはいかず、たくさんのお打ち合わせが必要なのはこういう理由なのです。

現場を綺麗に保ちます。

大切なお仕事のもう一つが、現場を綺麗に保つよう働きかけることです。

担当コーディネーターは、工事中の現場に何度も出向きます。そのたびに職人さん方へ声をかけたり、整理整頓がされているかチェックしたりします。 もちろんインテリアコーディネーター自身も、まめにお掃除をしています。

現場を綺麗に保つことは、リフォームをご依頼いただいたお客様に、安心して工事をまかせていただくだけでなく、ご近隣の方々の安心感にも繋がります。


リフォーム完成時には

厳しい目で最終チェック。

リフォーム工事が終了すると、いよいよお客様へのお引渡し直前です。

お引渡しの前に、インテリアコーディネーターがお部屋の隅々まで厳しい目でチェック!
仕上げが計画通りの状態になっているか、しっかり確認します。

うっかり見落としてしまいがちな、ちょっとした汚れも見逃しません。 リペアの必要があれば、専門業者さんを手配します。

お引渡しの資料を作成します。

お客様にとっても嬉しいお引渡しの前に、資料の作成が必要です。 新しく設置した設備機器や、採用した素材のメンテナンス方法、今後の保障についての資料などをまとめて、お客様にお渡しします。

今後、長く安心して住んでいただくための大切な資料です。 お客様にボンと渡して終わり、ではなく、必要な際にいつでも見やすよう綺麗にファイリングしてお渡ししています。

いよいよ、お引渡しです!

ついにお引き渡しの日。完成の様子を、お客様の目でもよく見ていただく、施主検査を行います。

ここで、気になる点があるようでしたら、何でもお気軽におっしゃってください。インテリアコーディネーターも一緒に確認し、対応します。

設備機器の説明も、お引渡しの時に行います。 キッチンやお風呂、トイレ、インターホンなど、新しい設備や機器の機能を、実際に使っていただきながらご説明します。

リフォーム終了のご近隣挨拶へ。

着工前のご挨拶と同じように、ご近隣の方々へ、リフォーム工事が終わったことをお知らせします。

両隣など、すぐ近くのお宅は一軒一軒ご訪問し、工事中のお心遣いにお礼を申し上げます。


お引渡し後

気になる点は、迅速に対応。

キズや不具合など、お引渡し時にご指摘いただいた箇所は、担当コーディネーターが立ち会って、迅速に対応します。

お引渡しの際は気がつかなくても、実際に住んでみたら気になる箇所が出てくる、ということもあります。 また、最新の設備機器の操作がわからない、というケースもよくあります。
そんな時は、お気軽に担当のコーディネーターへご連絡ください。すぐに確認して、対応いたします。

お礼状を送ります。

リフォーム工事は私たちだけではできません。様々な職人さんや業者さんたちの協力によって成り立っているのです。

担当コーディネーターが、リフォーム工事に関わってくださった方々へお礼状を送ります。

人と人とのご縁を大切にする気持ちの積み重ねが信頼を生み、ひいては完成度の高いリフォームに繋がると考えています。

ずっと長いお付き合いを!

リフォームが終わり、お住まいになって何年経っても、直したい箇所や問題が出てきた箇所がありましたら、お電話でもメールでもお気軽にご相談ください。

コーディネーターにとって、自分が担当したお客様のお住まいに再度関わることは、とっても嬉しいものです。 いつまでも長いお付き合いをお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加