フリーダイヤル 0120-292-575

防音もしっかり・本物に囲まれた住まい

エコリフォームのマンション > マンションリフォーム事例 > 【間取りと内装】防音もしっかり・本物に囲まれた住まい

このエントリーをはてなブックマークに追加
防音リフォームと大人シックなこだわり空間

インテリアも内装も、こだわりの「大人シック」な空間

ご夫婦でお住まいのマンションのリフォームをされたK様ご夫妻です。

こだわって厳選された、上品で素敵なインテリアを沢山お持ちのお二人は、内装もインテリアに合わせた「本物」の素材を使ったものにされたいとお考えでした。

そして、マンションならではの悩み、床の音を解消するため、防音のリフォームをされたいということも、大きなご希望でした。

【新宿区 K様 築40年】

お客様よりうれしいご感想をいただきました!

テレビのリフォーム番組で、完成のときに奥さんが涙ぐんでいたり、というのがあるじゃないですか?
リフォームする前は、「うそぉ?」って思っていたけど、今は「わかるわかる」っていう感じです!
でも、うちの方が素敵だぞ、って思っちゃう(笑)

ほんと、「初めてのリフォームで大当たり」ですよ!
お客様インタビューにご協力いただきました
工事の様子

工事の裏側はブログでチェック!

K様邸のリフォーム工事では、日一日と進んでいく現場の様子を確認いただくため、ブログを開設!

工事中は非公開でしたが、今回、事例として掲載させていただくにあたり、一部を修正して公開することをご了承いただきました。ありがとうございます!


お客様のご要望と、決定したリフォームプラン

お客様のご要望は

【1】マンションならではの悩み、床の防音工事をしたい。遮音材で済ますのではなく、音の原因から根本的に解決を。

こちらのマンションは、築40年以上になります。

最近のマンションは、コンクリートスラブ(上階のお住まいと下階のお住まいの間にある床板のこと)の厚みがありますので、それ自体だけでも防音性能が高いです。

少し前に建てられたマンションですと、スラブがそれほど厚くないため、上下階で音の問題が持ち上がるケースが多々あります。

K様も、床の防音を特に重視。今の遮音フローリングの上から貼っていく施工は、根本的な改善にならないと思うので、下地からやり直したい、とのご希望です。


【2】こだわって集めてきた「本物」の無垢の家具や小物。それらに似合った内装にするためのリフォームをしたい。味わいのある自然素材を使うことを希望!

無垢の家具や小物、伝統的な工芸品など、上品な「本物」のインテリアが好きなお二人。 厳選された素敵なインテリアが映えるよう、味わいのある自然の素材を使った空間にしたい、とご希望でした。

ご主人様が建築に関わるお仕事をされていることから、自然素材の家の暮らしやすさ、健康面でのメリットもよくご存知で「快適な住まいになるから」という事も自然素材をご希望された大きな理由の一つです。







コーディネーターの薄井です。
お客様のご要望を踏まえ、K様邸のインテリアを引き立てるのに最適な自然素材は何か、 K様ご夫妻ともよくお話し合いをしながら、上記のようなリフォーム内容が決定しました。

防音の工事は、遮音フローリングを張るのではなく、一度床を空けた上で、 高性能の防音材「セルロースファイバー」を吹き込む、本格的な計画です。
吸音性に優れる畳敷きの和室以外、リビング、洋室、玄関の床下にに施工いたします。

K様邸リフォーム・ここがポイント!

音の原因は太鼓現象でした。

こちらのお住まいは、K様ご夫妻のご入居時にもリフォームをされており、その際、防音性能を持つフローリングが使われていました。
K様ご夫妻も、静かにお暮らしなのですが、 それでも階下に音が響いてしまい、お悩みでいらっしゃったそうです。

K様ご自身も、建設にかかわるお仕事をされていらっしゃるため、 「遮音フローリング」だけでは問題の解決にならないのではないかと お考えでした。

そこで、防音の計画をするに当たっては、床の状態を正確に把握するため、事前に、床の一部に穴をあけさせていただき内部調査をいたしました。

K様邸の下地は木で組まれていて、床下が20cm位ありました。
ここの空間に断熱材等の施工がされていおらず、空洞になっていたため、足音が反響して大きくなり、太鼓現象が起きているということがわかりました。

床下に効果の高い防音材を敷き詰め、音が響かないようにします

床の「太鼓現象」を緩和するために、木下地の間の空間に振動を遮る素材を入れ込むこととしました。
なるべく密度の高いもの、そして隙間なく施工できるものを入れ込む方が高い効果が期待できます。

そこで、リビング・ダイニング、玄関(土間は除きます)、洋室の床の 防音対策として、『セルローズファイバー』を採用いたします。

セルロースファイバーとは?

『セルローズファイバー』 は、新聞古紙を再利用して作られた、自然素材の断熱材で, 遮音の性能も持ち合わせています。
シックハウス対策規制対象外の素材ですから、人体に対しても害がありません。

セルロースファイバーには、自然が作った小さな空気の粒があります。
この空気胞の存在がより一層熱や音を伝えにくくします。


調湿機能ダントツのシラス壁。部屋の湿度が50%を超えたら吸湿し、下回ったら放湿します。
これは、自然素材にシラスが持っている自然の働きです。
室内を快適なコンディションに保ち、カビや結露も発生しにくくなります。

もちろん、100%自然素材であり、シックハウス原因物質を一切含みません。
さらに、他の家具や建材から放出されるVOC物質もしっかりと吸着し、再放出しせん。
アトピー・過敏症にお悩みの方も安心です。

K様ご夫妻は、普段から照明も明るくしすぎず、白熱灯のやわらかい明かりでお暮らしです。
シラス壁のテクスチャーは、白熱灯に照らされると更に美しく陰影が際立ちます。

お客様ご自身で大切に集められていた家具は、無垢の木で作られたものが多いため、 床には無垢は使わず、コルクタイルにしたいとご希望でした。

木の家具に木の床ですと、色の違いなどで違和感が出ることがあるのですが、木の家具+コルクならば相性バッチリです。

ただ、コルクタイルは経年で色が抜けてきてしまうという点がありますので、 そういった所も説明させていただき、採用を決定いたしました。

コルクは空気を多く含むということで、防音の役目もしてくれます。 また、弾力性がありますので、足触りがソフトなのもポイント。 例えば「うっかり食器を落としてしまっても割れにくくて良い」という声もあります。

ダイニングのイスによるキズも付きにくいですし、 直接コルクの床に座って寛ぐスタイルにも向いています。

K様邸のリフォームは、キッチンなどの水周り以外は、ほとんどのお部屋に大掛かりに手を入れる為、工事の間はご実家で仮住まいをしていただくことになりました。

仮住まいのお宅はご近所では無いので、ご夫妻は毎日工事の現場にいらっしゃることができません。
そこで、日一日と進んでいく様子を確認いただくため、ブログを開設!
毎日、担当コーディネータである私、薄井より工事の報告をいたします。

工事中は非公開でしたが、今回、事例として掲載させていただくにあたり、公開することをご了承いただきました。ありがとうございます!

お客様よりうれしいご感想をいただきました!

ブログ、すごく良かったです!

防音とか、塗り壁の下地とか、後から見えなくなっちゃう部分の作業なども、一番最後にこうしました、とまとめて報告してもらうんではなくて、その日その日にやった事をリアルタイムで写真付きで報告してもらえたので、安心できましたし、ワクワクしました。



それでは、完成の様子をご覧下さい!

リビング ~全て「本物」に囲まれた贅沢な空間です~

扉を開けてリビングに入ると、落ち着きのある空間が広がります。 お客様が時間をかけて集められた、味わい深いインテリアの数々。

元からある所と、リフォームした所が、自然になじむようなリフォームです。 いかにも「リフォームしました」という感じにならないように計画いたしました。

火山灰シラスの塗り壁で、空気もさわやか快適空間♪

奥様がインターネットで情報を収集され「是非に!」とのご希望で採用させていただきました、火山灰シラスが原料の塗り壁「中霧島壁」です。

ざっくりした質感のシラスならではの、風合いのある塗り壁です。

更に、調湿性、消臭性にたいへん優れていますので、空気がサラッとして、嫌な湿気を感じません。
見た目もさることながら、住まい心地も、とても良い空間となりました。

シラス壁の風合いです。

この、独特のザックリとした感じ、味わいがありますね。

施工のときに左官屋さんがコテで素敵な模様に仕上げてくれました。
塗り壁の施工というのはなかなか難しく、腕の良いプロの職人さんでなければ、このような綺麗な仕上がりにはなりません。

★工事中のヒトコマ
「どんな仕上がりにしましょうか?」と、お客様にも実際にご覧いただき、 塗り模様を決定しているところです。

お客様よりうれしいご感想をいただきました!

■ 火山灰シラスの中霧島壁について

大きな違いを感じています。

外から帰ってきたとき、これまでは窓をとりあえず開けて、空気の入れ替えをしたくなりましたが、それが全然無いです。空気が違います。台所から出てきただけでも、空気の違いを感じるときがあります。(今回、台所はリフォームをされませんでした。) それと、ホコリが舞わないですね。

声の通りも良くなったと感じます。二人で話しているとき、声が聞こえやすくなりました。
シラス壁は、家具や小物にも凄く合っていて、良かったなぁと思っています。


見えないところもしっかりと!~床下の防音効果大幅アップ~

完成してしまうと見えなくなってしまう床下。
どのようになっているかといいますと、上の写真のように「セルロースファイバー」という断熱材がいっぱいに敷き詰められています。

リフォーム前、K様が悩んでいたことのひとつが「床の音が響いてしまう」という事でした。

調べてみたところ、床下に「空洞」があることが音を響かせてしまう原因でした。
そこで、その空洞を埋める為に、防音効果のある断熱材、「セルロースファイバー」をみっしりと入れ込みました。

お客様よりうれしいご感想をいただきました!

■ 床の音の変化について

以前は、ちょっとのことでも「ドン」という音がしていましたが、 今は「トン」という感じ。音が軽くなりました。


まるで旅館みたい!風流な雰囲気が漂う和室

リビングから続きの和室のインテリアは、素材にこだわり、さらに天井のデザインに遊び心をもたせました。

以前は、マンションの標準的な和室で、経年により少し傷みが目立ってしまっていましたが、リフォーム後は旅館のような風流な雰囲気の和室にガラリとイメージが変わりました。

天井は、代萩とシナ合板の組み合わせで、個性的に。
代萩の深い色合いが、こちらのお部屋の良いアクセントになりました!

もともとある、K様お気に入りの和風の照明との愛称もピッタリです。

最近は、中国産の質の悪い畳が増え、敏感な方はシックハウスの症状が出てしまうなどの問題が増えてきております。

やはり畳は、安全な国産のものを使いたいもの。 K様邸では「国産い草」を使ったエコ畳を採用しています。

和室の壁も、火山灰の「シラス壁」です。
奥様のアイディアで、リビングとは色合いを少し変えました。ワントーン落ち着いた渋めの色で、和室の雰囲気とぴったりです。

テクスチャ(模様)もリビングとは変えて、直線的な「クシビキ」という仕上げにしています。

床や壁に合わせて、リビングと和室を仕切る「引き戸」も新しくなりました! この建具は奥様のこだわり。
表面に「なぐり」と呼ばれる模様が入った無垢材のものなんです。
ご夫妻でショールームへ行かれ、お選びくださった、こだわりの引き戸です♪

「これ、すごく気に入っています!」とお話してくださっているK様ご夫妻です。」

お客様よりうれしいご感想をいただきました!

■ 和室について

【ご主人様】
特に、僕は新しい和室の天井がとても好きです。
(和室の隣の)リビングの座卓に座って、和室の天井を眺めていて、いいなぁ、と思うんです。

【奥様】
夜になると、もっと色が落ち着いた感じで、更に素敵ですよ。
和室は、当初クロスを張替え、畳と襖をきれいにするだけの計画だったのですが ご提案をいただいて、こうして出来上がって本当によかったです。


玄関にも、自然素材とおしゃれなアクセントを!

玄関の内装も、シラスの塗り壁&コルクの床に!

外から玄関に入ると、空気がサラッとしているのが感じられます。

壁面を傷つけることなく、お気に入りの絵や写真をなどをお好みの位置でディスプレイできる「ピクチャーレール」を取り付けさせていただきました。
それに伴い、既存の鏡は撤去することとなりました。

完成後に早速、「玄関に飾ろうと思い、ずっと取ってあったんです」とおっしゃる、フジコ・ヘミングさんの描いた猫の絵を素敵に飾られています。

玄関は、お客様が最初に目にする「家の顔」。
塗り壁の風合いと、スマートなピクチャーレールを使って飾られた絵の効果で、 とても素敵な玄関に変身です!

ホビールームもコルクの床です

蔵書や楽器などが置かれたホビールーム。
こちらも、床はコルクタイルに変更されました。

そして、こちらのお部屋の床下も、「セルロースファイバー」を敷き詰めており、リビングと同じく防音効果は抜群です!


お客様よりうれしいご感想をいただきました!

テレビのリフォーム番組で、完成のときに奥さんが涙ぐんでいたり、というのがあるじゃないですか?
リフォームする前は、「うそぉ?」って思っていたけど、今は「わかるわかる」っていう感じです!
でも、うちの方が素敵だぞ、って思っちゃう(笑)

ほんと、「初めてのリフォームで大当たり」ですよ!
コーディネーター薄井より:ありがとうございました!

お客様のお宅に初めてお邪魔させて頂いた時、 あれは風もだいぶ冷たくなってきた11月の半ばごろのことで、 初めてなのに、温かくてなぜかとても居心地が 良かったのを覚えています。

ご縁を頂きリフォームをお任せいただいて、 工事が終わった後も良いお付き合いをさせて頂いて、 今になってあの居心地の良さは、ご夫婦のかもし出す 雰囲気なのだとしみじみ思います。

ご自分たちの好きなもの、似合うものを、本当に良く 分かっていらして、大切にされているK様ご夫婦から、 大切なお家のリフォームをお任せいただいたこと、 お二人の「好ましいもの」の中に、 きっと私たちエコリフォームも入れて頂けたのだと、思っているのですが、 とても誇らしい気持ちでおります。

また、こうして事細かにリフォームの様子を 掲載させて頂くことも快く承諾下さり、 心より感謝申し上げます。

お会いする度に、塗り壁やリフォーム後の お家の良いところを、たくさん教えて下さるお客様。
気に入って住んで頂けているんだなぁと思うと、 私たちにとって、何よりの心の栄養になります。 本当に、有難うございます。

そして、今後とも、どうぞよろしく お願いいたします。

お客様インタビューにご協力いただきました
工事の様子


マンションリフォーム事例一覧