TOP > リフォームお役立ち情報 > リフォーム自然素材 > 壁の素材

リフォーム自然素材 壁の素材

壁のリフォームに使う、壁紙(クロス)と塗り壁の素材をご紹介します。 自然素材の壁紙や塗り壁は、調湿性や保温性を持つものが多く、心地よい空間作りにとても役立ちます。

その他の和紙壁紙(柿渋和紙・漆和紙)

みなさんは、生活の中で和紙を使っていますか?すぐに思いつくのは、習字の半紙、襖や障子などでしょうか。

和紙は、ミツマタやコウゾ、ガンビなどの植物繊維を原料として作られている、日本古来の紙です。 建築の分野では、襖紙や障子紙、壁紙として使ったり、照明のシェードや、窓まわりのプリーツスクリーンなどに使用されます。

ここでは、和紙を使った壁紙をご紹介します。

続きはこちら

織物クロス

様々な種類の素材を使ったクロス(壁紙)がありますが、そのひとつに「織物クロス」があります。

織物クロスは、織物、編物、不織布、フェルトなどを紙で裏打ちした壁紙で、独特のボリューム感やあたたかな風合い、ソフトな感触といった魅力があります。

ホテルのロビーや結婚式場などで見かけることが多い織物クロスですが、近年では、家庭のリビングやベッドルームのリフォームでも選ばれることがあります。

続きはこちら

植物の壁紙(木質系壁紙・アイウォール・月桃紙)

植物素材から作られた壁紙をご紹介します。

木材を使った木質系壁紙、畳でお馴染みのイグサを使ったアイウォール、沖縄の植物・月桃で作った月桃紙の3つのクロスです。

紙や布のクロス、ビニールクロスとはまた違った特長を持つ植物のクロスを、木質系壁紙から順にご紹介します。

続きはこちら

漆喰の塗り壁・漆喰クロス・漆喰塗料

漆喰(しっくい)は、左官用消石灰に海藻糊や麻スサを混ぜて作られる、天然素材の建築材料です。

漆喰は施工後に、二酸化炭素を吸収して徐々に硬化します。 耐久性も高く、耐火性があることから、古くから寺社など日本の伝統建築に使われてきました。

ここでは漆喰の塗り壁と漆喰の塗料、漆喰を使ったクロスをご紹介します。 ペットとお住まいの方にも漆喰はオススメですよ。

続きはこちら

ケナフウォール・竹炭ケナフウォール

エコなリサイクル紙の原料としても知られる「ケナフ」をご存知ですか? ケナフはアフリカや東南アジアに自生する一年草です。 草でありながら、木のように立派な繊維が採れることから、木材パルプの代用品として注目を浴びるようになりました。 成長が早いことから「枯渇しない植物」と言われ、世界中で栽培されています。

このケナフを使った壁紙が、ケナフウォールです。

続きはこちら

猫ちゃんの爪とぎ対策(表面強化壁紙・腰壁)

猫と暮らしている方は、猫の爪とぎをなんとかしたい、と思っている方が多いのではないでしょうか。

猫の爪とぎで壁にキズがつき、いつも目に入る壁がキズだらけでビリビリ・・・というのは困りものです。 かといって、猫に「ダメ」と言い聞かせても限界があり、叱ってもどうにもならないケースがほとんどです。

そんな、猫の爪とぎで困っているみなさんに、表面強化壁紙と腰壁をご紹介します。

続きはこちら

火山灰の塗り壁とメンテナンス方法

現在、日本の建物のほとんどは室内の壁にクロスを使用しています。 クロスは安価で施工しやすいことがその理由です。

しかし近年では、昔ながらの塗り壁が持つ、暖かみや性能が見直されてきています。

塗り壁としては、漆喰や珪藻土などがよく知られていますが、火山灰を使った塗り壁があるのをご存知ですか? ここではそんな火山灰の塗り壁をいくつかご紹介します。

続きはこちら

珪藻土の塗り壁とメンテナンス方法

徐々に人気を増している自然素材の塗り壁「珪藻土」。 テレビや雑誌などでも珪藻土が紹介されているのを見かけるようになりました。

壁や天井の仕上材として住空間に取り入れた方も多いと思います。

ここでは珪藻土の塗り壁とメンテナンス方法をご紹介します。 マンションのリフォームにもオススメですよ。

続きはこちら

珪藻土クロス

珪藻土クロスとは、珪藻土を使った壁紙のことです。

湿度調整や消臭効果に優れた珪藻土ですが、珪藻土の塗り壁は手間がかかる分、費用が割高になります。

「それでも予算内でなんとか珪藻土の良さを取り入れたい」というご要望に応え、壁紙メーカーによって「珪藻土クロス」が開発されました。

続きはこちら

その他の塗り壁(土壁・繊維壁・他)

壁の仕上げはクロスが主流になってからだいぶ経ちますが、以前は塗り壁のお住まいの方がずっと多かったと言います。

日本では、漆喰や珪藻土、火山灰の他にも、様々な素材を使った塗り壁が使われてきました。

ここでは、土壁や繊維壁など、その他の塗り壁についてご紹介します。 思わず「懐かしい」と口にする方もいらっしゃるかもしれませんね。

続きはこちら

いろいろな漆喰(ほたて漆喰・スイス漆喰)

漆喰にもいろいろな種類があるのをご存知ですか?

ここでは、ほたての貝殻で作られたほたて漆喰や、スイス生まれのスイス漆喰(スイスローム)をご紹介します。

それぞれ特長を持っているので、お住まいにぴったりの漆喰を見つけてくださいね。

続きはこちら

マグネットクロス

小さなお子様のいる家では、幼稚園や学校からのお知らせや時間割など、常に見えるところに貼っておきたい書類がたくさんあります。

忙しいご家族のいる家では、忘れてはいけない連絡事項のメモを、壁に貼っているのではないでしょうか。

こうした書類を画鋲で貼るのは、床に落ちた時に危ないし、張り替えるたびに画鋲の穴がいくつも開くのが気になりますね。 そんな時に便利なのが、このマグネットクロスです。

続きはこちら

和紙壁紙・玉紙

和紙の風合いは、なんとも言えない美しさがあります。

薄くて柔らかく、かつ強靭な和紙は、世界中の文化財の修復や、紙幣の素材などに用いられています。 そして近年、和紙は壁紙としても使用されるようになってきました。

エコリフォームおすすめの和紙壁紙「玉紙」についてご紹介します。

続きはこちら

ペットとの暮らしにオススメの壁材(ペット住まいる壁紙・さらりあ~と)

東京ではペットと暮らしている方が増えているそうです。

ペットとの暮らしは楽しいものですが、ペット仕様になっていないお住まいも多く、壁紙をビリビリにされたり、ペットの臭いが気になったりと、お悩みの方も多いのではないでしょうか。 ペットを飼っているみなさんも、大切な家族の一員であるワンちゃん猫ちゃんも、どちらも快適に過ごせる環境を整えたいものですね。

ここでは、ペットと暮らしている方にオススメの壁材をご紹介します。

続きはこちら

エコカラット

壁はクロスを貼って仕上げることが最も多く、塗り壁を選ばれる方もいらっしゃいます。 ここでご紹介するのは、タイル仕上げの壁です。

エコカラットは壁用のデザインタイルで、見た目はつやのない素焼きタイルのような形状です。 タイルと言ってもただのタイルではなく、呼吸をするタイルです。

湿度をコントロールし、臭いや有害化学物質を吸い取って、快適な室内環境を保ってくれますよ。

続きはこちら

ウッドチップ壁紙(オガファーザー・ルナファーザー)

布やビニールの壁紙(クロス)はよくありますが、紙のクロスもあるのをご存知ですか?

その中でも注目されているのが「ウッドチップ壁紙」です。 ウッドチップ壁紙は、紙とウッドチップ(木のかけら)の2つの自然素材から作られる壁紙で、主にヨーロッパで広く使用されています。

日本でも人気が急上昇しているウッドチップ壁紙をご紹介します。

続きはこちら

エコクロス

「エコクロス」とは、環境に優しい壁紙のことですが、その定義はメーカーによって異なります。

主に、下記のような壁紙がエコクロスと呼ばれています。

  • 健康に配慮した壁紙=エコクロス
  • 天然素材が原料の壁紙=エコクロス
  • 環境に優しい壁紙=エコクロス

続きはこちら

いろいろな珪藻土(北のやすらぎ・MPパウダー・珪藻土塗料)

近年、塗り壁の性能やインテリア性の高さが見直されるようになってきました。 それと同時に珪藻土の認知度が増し、珪藻土の塗り壁も人気が高まっています。

リフォームでも、お部屋の壁や外壁に、珪藻土を採用される方が年々増えています。

ここでは、北海道生まれの珪藻土やMPパウダー、珪藻土塗料など、珪藻土を使った塗り壁用の製品をご紹介します。

続きはこちら

和紙壁紙・土佐和紙

高知県土佐市で作られる土佐和紙。

土佐和紙の魅力は、なんと言ってもそのやわらかい風合いです。 植物の繊維を漉き込んで作られた独特のテクスチャーは、見る人、使う人を安らいだ気持ちにさせてくれます。

土佐和紙で作られた便箋やメモ帳も、独特の素材感を持っています。 和紙の便箋で手紙を書けば、自然といつもより背筋が伸び、文字だっていっそう丁寧に書けそうですね。

続きはこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加